生命保険という脅迫ビジネス

 

人は何にお金を出すのか?

今もビジネスの世界では、
日夜激論が交わされています。

 

確かに、財布の中身は
去年と今年で、大きく変化
しているわけではありません。

 

ただ、支出先には
多少の変化が起きています。

 

少しばかり、過去に遡れば、
その変化は劇的と言っても
過言ではないでしょう。

 

例えば、日本の1950年代、

 

白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の
3つの電化製品は

三種の神器として
庶民の憧れの的でした。

 

そして、1960年台半ばの、
いざなぎ景気になると、
カラーテレビ・クーラー・自動車が
新三種の神器となりました。

 

変わった神器と言えば、
バブル絶頂期のクリスマスイブ。

 

彼女を喜ばせるために、
高級シティーホテルを予約し、
フランス料理でもてなし、
ブランド物のプレゼントを
用意していたのです。

 

今から思うと、
なんと必死でありながら、
滑稽で可愛く
そして、愛おしい……。

 

では、2016年現在は
どうでしょう?

 

カラーテレビ・冷蔵庫・
洗濯機・クーラーは
当たり前に日常に存在しています。

 

時々、故障したり壊れたりしても、

諭吉の1枚か2枚で
使用に問題のない中古製品は
揃ってしまいます。

 

クルマでさえ、
レンターカーやカーシェアリングで
間に合います。

 

個性が尊重される時代の
お陰でしょうか、

 

流行りの服を着ていなくても
怪訝な目で見られることは
ありません。

 

むしろ、
ブランド物で着飾っていると、

 

「どうしたの?
今日、何かあるの?
そんな気合いれちゃってさぁ」

と、揶揄われるのがおち。

 

家計の中での
衣料品と履物の支出は
右肩下がりになっているようです。

 

当然のことながら、
電化製品やクルマなど
過去の花形商品の支出割合も
減少しています。

 

ところが、支出項目の中で
突出して増加している項目が
あるのです。

 

それは、生命保険に医療保険
そして、個人保険や個人ファンドです。

 

保険関連の集計を始めた
平成18年には19.4兆円でしたが、

8年後の平成26年には25.2兆円と
30%の伸びを示しています。

 

お気づきでしょうか?

テレビCMも
ガン保険や医療保険はうなぎ登り!!

 

広告を打てば打つほど、

契約件数も保険料も
上がり続けるのですから、

 

テレビ業界も保険業界も
持ちつ持たれつなのでしょう。

 

そして、個人ファンド。

ラストサムライにも出演した
日本人のアカデミー俳優が

「大○証券……」と連呼しています。

 

こちらも、保険関連の支出と同様、
契約件数も契約残高もうなぎ登り。

 

わが世の春を謳歌しています。

 

なぜでしょう?

 

なぜ、保険や個人ファンドだけが、
好調なのでしょうか。

 

そう、人がお金を支払うには
理由があります。

 

何の理由もなく、
財布の紐を緩めるお人よしは
いません。

 

ポケモンGOやスマホゲームに
お金を支払うのは、
暇な時間を埋めるため、
楽しむため、経験的支出。

 

住居費や食費に
お金を支払うのは生存的必要性。

 

しゃれた服や流行りのクルマ
そして、豪華なレストランは
性的欲求の帰結。

 

では、保険やファンドの
根源的理由は何でしょう?

 

それは、<<恐 怖>>です。

 

健康は、失うまで
当たり前だと思っています。

 

突然死や病気
そして、勤め先の倒産や
リストラを迎える恐怖の代価こそ、

 

保険や個人ファンドなのです。

 

真正面から攻めると、拒否される。

だから、テレビCMやネットCMで
徐々に洗脳してゆく。

 

保険に入らない世帯主は、
家族に無責任だと常識化してゆく。

徐々に、拒否されない程度に、
社会人の常識だと植えこんでゆく。

 

個人消費が左程伸びていない

…にも関わらず、
8年で30%の伸びを示す理由は、
こんなところにあるのです。

 

いいんでしょうか?

そんな黒幕に踊らされて、
皆さんが汗水流して貯蓄した、
もしくは貯蓄できるお金を

 

赤の他人に手渡して、
それで構わないのでしょうか?

 

保険会社や金融機関は、
いくら大きくても
所詮、赤の他人であり、一企業です。

 

つぶれることは
いくらでもありますし、

予定が狂うことも
計算に入れるべきです。

 

そして、契約期間内に解約すると、
払い戻しは雀の涙程度しか
戻ってきません。

 

「でもさ、実際の話だよ。
ガンになったら困るでしょ。
  やっぱ入るべきでしょ」

 

保険の払い戻し、
集めたお金を加入者に戻す割合は
50%前後しかありません。

 

個人ファンドに加入するには、
手数料を支払い、
運用手数料を毎年払う必要があります。

 

そう、胴元は
絶対に損をしない仕組みを
構築している。

 

加入者は
保険会社や金融機関を
存続させるための生贄でしかない。

 

…にもかかわらず、
嬉々として加入するのは
如何なものか……。

 

私にはそう見えて仕方ありません。

 

「だったら、どうすんの?
また、大家さんになれって言うんでしょ」

 

おっしゃる通り。

 

私が自信をもてる対処法は、

「兼業大家さん」です。

 

確かに、
月々6万円程度の家賃では
不安でしょう。

 

しかしながら、
月額20万円を超える
余剰家賃があったとしたら、

 

生命保険や個人ファンドなど
必要でしょうか。

 

仮に、世帯主が死んだとしても、

厚生遺族年金が
月々10万円~15万円入りますので、
日々の暮らしに問題は起きないはず。

 

後妻業のような生命保険での
焼け太りを狙わない限り、
巨額のお金は必要ありません。

 

違いますか?

 

しかも、戸建てであれば、

日本政策金融公庫に
担保を差し出せば、

 

7年返済で
お金を借りることも可能。

 

緊急に必要な
資金手当てもできるのです。

 

兼業大家さんの世界で
大儲けはできません。

売却をしない前提ですから、
売却益は狙いません。

 

ただ、ひとつひとつ、
積み重ねた貸家の堅牢さは、
保証します。

 

藁の家や木の家でなく、

レンガで作られた
砦のような基盤をつくる。

 

それこそが、兼業大家さん。

 

10月から、
初心者セミナーを
土曜日毎に開催する予定です。

 

そこで、
病気やリストラ、
そして突然死の恐怖から逃れる術を
お伝えしようと考えています。

 

いいですか、
皆さんが、汗水流して稼いだ
大切なお金です。

 

見も知らぬ赤の他人に、

CMで見たから、

出演者が信用できそうだから、

などと、どうでもいい理由で、

預けてはなりません。

 

じっくりと考えて、
納得して行動するべきです。

 

なぜなら、皆さんの人生は、
赤の他人の物ではない。

 

生贄になってはなりません。

他でもない、
皆さんと、
皆さんを信頼する家族に

 

役立つものでなければ、
ならないのです。

 

会場でお逢いできること、
楽しみにしています。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 生き方 |

伝える

 

毎年恒例の墓参りに
行ってまいりました。

今年で26年連続……。

 

私の先祖は、維新の母体である
山口県萩市。

 

「じゃ、武士の家系なんですか?」

 

よく耳にする質問ですけれど、
まったく縁はありません。

父方は、漁民と密貿易の
護衛を兼ねた海賊もどき。

母方は、商人の家系。

父母双方の家系も
武士の血は
一滴も入っていません。

 

ただ、萩の菊ケ浜に立ち、
夏の日本海を
じっと眺めていると、

150年前の景色が
脳裏をよぎります。

 

(ここから、
日本が変わっていったのか、
たいしたもんだな)

 

偉人にくらべるべくもない。

それは分かっています。

 

未だ、悟りきれていませんし、
思う通りの結果を残せていません。

 

墓に手を合わせ、黙とうします。

 

○ありがとうございます。

○安らかにお眠りください。
そして、矛盾しておりますが、

○見ていてください。

 

一生を全うされた先祖の方々に
お願いをするわけではなく、
この世に、私や子供たちを
繋いでいただいた事実に感謝し、
今後の活動を見ていてほしい。

 

ただ、それだけ。

 

しかしながら、どうした訳か、
1年に一度の墓参りを終えると、
晴れやかな気持ちになるのです。

 

墓参りは私一人だけでなく、
家族全員です。

 

乳飲み子の頃から
墓参りをしているからでしょうか、

 

誰しも、萩の町並みに親しみを持ち、
墓前を掃除し手を合わせる姿も
さまになってきました。

 

「伝える」

 

言葉だけでは弱い。

 

何度も何度も習慣のように、
継続してゆくからこそ、心に届く。

 

26年続けた今、
そう思えるようになってきました。

 

いずれ、私もこの世を
卒業するときがやってくる。

 

その時が訪れるまで、

<兼業大家さんの王道>を
私なりの言葉を
「伝え」、
「啓蒙行動」を、
「継続」 して行きたい。

 

改めて、心に誓った墓参りでした。

 

以上、略儀ながら感謝とともに。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 生き方 |

時の流れ

 

1分は60秒、
1時間は60分、
そして1日は24時間です。

「なに? 当たり前のことでしょうよ」

 

そう、物理的な時間の量は、
世界のどこであっても同じです。

 
 

ただ……。

「ただ、どうしたの?」

 

同じ人物であっても、
幼いころの「時の流れ」と、

年老いてからでは、
まったく違います。

 

「ああ、わかるよ。
小学校の頃の夏休みはさ、
気が遠くなるほど長かったな。

ところが、今じゃ、夏どころか、
1年がさ、あっちゅう間だ。

気が付いたら、
棺桶の中だったりして……。
   笑えねぇな」

 

そう、物理的な時間は同じであっても、

「感覚的な時の流れ」は別物です。

 

他にも、
楽しい時間は短いのですが、

怒られている時や、
嫌な仕事をしていると、

5分がこれほど長いものかと
感じるものです。

 

では、物理的な時間でさえ、
工夫次第で伸ばせるとしたら、

どうします?

 

「いやいやいや、それは無理でしょ。
タイムマシーンなら
SF小説であるけどさ、

時間を物理的に伸ばすなんて、
どこからどうみても不可能でしょ」

 

では、どうしてお金持ちと
貧乏人に分かれるのでしょうか。

 

どちらも、1日24時間。

 

同じ時間を過ごしているのに、
時給に大きな差が出るのは
どうしたわけでしょう。

 

「そりゃ、運が良かったか、
才能があったからでしょ。

自分らとは違う。考えても無駄だな」

 

イメージです。
自分らとは違う、土台無理。

そう思うなら、未来は間違いなく、
暗澹(あんたん)とした未来になります。

思考は現実化してゆくものです。

 

過去は、
どんな工夫をしたとしても、
どんなに努力したとしても、

変更することはできません。

 

しかしながら、
これから先の人生は、

変化可能です。

 

どんな未来を生きていたいか、

それは、どんな未来を
イメージしてゆくかに
係っています。

 

「理想の未来ねぇ。

働かないで、遊んで暮らせて、
お金に苦労しないで、
女にモテモテで、
人さまには、尊敬される。

    って、ところかな」

 

なるほど……。

<働かないで>という項目は、
安易に肯定できませんが、

その他の項目においては
左程、難しくはありません。

 

物理的な時間を増やせば、それでいい。

 

お金に苦労することがなくなり、
人さまの為に汗を流せば尊敬され、

尊敬される貴方は、
女性にも好かれることでしょう。

 

「さっきから、
物理的な時間を延ばすって、
言ってるけど、

一体全体、何の話をしているの?

不可能な前提はさ、
  聞いていて不愉快だよ」

 

一代で巨万の富を築きあげた方々は、

全て物理的な時間を増やす術を
利用されています。

 

いったいどうやって?

①アイデアを思いつく

②ビジネスモデルを構築する

③団体を構築する

 

たった、3つのプロセスです。

 

この3つのプロセスで、
宗教団体や学校法人、
そして政治団体や会社組織は誕生し、

そのトップやトップの周辺は

自らの労働時間給を超えた
利益や影響力を
上げているのです。

 

そして、宗教団体の開祖は

その死後も宗教団体に
影響を与え続けています。

 

イエス・キリストは
死後2000年近く経っているのに、
世界標準の時間はキリスト誕生年。

その影響力は、
物理的な「時の流れ」を
超越しています。

 

「確かに、今年は2016年……。

キリスト生誕2016年
ってことだよな。
言われるまで気づかなかった。

って、言うか、そんな偉人のことは
どうでもいいの。

一般庶民の自分らがどう、
物理的に時間を延長できるか
って、ことだろ。

話しをさ、大げさにして
     誤魔化さないでよ」

 

法則は、ことの大小を選びません。

 

大きな変化も、
小さな変化であっても、

同様な効果をあげるからこそ、
法則の法則たる所以です。

 

上場企業や
コングロマリットの学校法人、

そして宗教団体や政治団体であっても、

集団であることに変わりありません。

 

どんな偉人であっても、

知の巨人であっても、

単独では何の影響力も持ちえない。

 

つまり、複数であるからこそ、
影響力がある。

 

具体的に申し上げれば、
こうした団体は

加盟者の「時間」を少しづつ
集めるからこそ、

トップやトップの周辺は、

自らの労働時間を超えた

利益や影響力を上げ得るのです。

 

「人を使うってことね。
はぁ、黙って聞いてりゃ、
無理難題だよ。

起業しても、8割9割が
つぶれてゆくものだよ。

そんな無茶に家族を
巻き込むわけにはいかねぇんだよ。

こちとら家族持ちだからな」

 

そこで、兼業大家さんです。

配下に置くのは、
人ではなく「貸家」です。

 

貸家からの家賃は、
皆さんの時間を物理的に
延長してくれます。

 

考えてもみてください。

 

家賃は収入の25%内外を、
多くの労働者の財布から
持ち出して行きます。

 

つまり、貸家を所有している方々は

店子の皆さんから
25%の労働時間を頂戴しているのと、
同様なのです。

 

無論、家賃に見合う貸家を
維持し続けなければなりませんが、

それは対した問題ではありません。

 
 

ここ最近、空き家の問題が、
ことさら強調されていますが、
 

空き家が継続しているのは、
貸家のレベルを超えていないからこそ、
入居者が申し込まないのです。

 

高い賃貸需要の貸家を、
市場価格よりも安く取得し、

維持管理に手を抜かなければ、
それでいい。

 

売買に冷や汗を流す必要はないので、
本業を続けながら貸家業は両立可能。

 

本業で一般サラリーマンと
同様の収入を得た上で、

兼業大家さんで稼いだ利益は、
次の貸家取得資金にする。

 

つまり、借金の雪だるまではなく、
「資産の雪だるま」
を実現すればいい。

 

本格始動したなら、
7年前後で本業の手取り収入を
超えることでしょう。

 

ご理解いただけたでしょうか?

 

時給収入に家賃収入を
追加することこそ、

皆さんの悩みを解決する、
一番の近道なのです。

 

私は、
いつまでも兼業大家さんに
寄り添って生きていたいと
考えています。

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |