反省と後悔

 

人は、
過去を躊躇することなく、
断罪しがちです。

「ったく、もっと勉強してればなぁ……。
 文系に進学したのが間違いだったんだ。
 
 それに、テニス、テニスだよ。
 いいとこだったのに、断念したのは惜しかったな。
 あのままやってれば、錦織こえたんじゃね?

 コーチから「君、才能あるぞ」って言われてたしなぁ
 ああぁ、バカだったな」

 

 果たして、そうでしょうか。

 本当に、過去のご自身は、
 バカで間抜けだったのでしょうか?

 

 私には、そうは思えません。

 むしろ、よくぞ「生き抜いてくれた」
 
 「五体満足なまま、この身を永らえてくれた」と、

 感謝しこそすれ、断罪することなど考えもしません。

 

「でもさ、文系だとさ、
 手に職がないって言うか、
 潰しが効かないし、
 今の会社が倒産なんかしたら、
 どうしようもないでしょ。

 せめて、理系だったらなって、
 思うのはいけないの?」
 
  

 では、高校の数1や数2B、
 そして物理や化学は得意だったでしょうか?

 

「いやいや、生理的に嫌いっていうか、
 数学って、答えが一つでしょ。

 なんか、型に嵌められるようでね、
 あんまり意欲は湧かなかったな」

 

 その状態で、理系に進んだとして、どうなったでしょう。

 人には得手不得手があるのは当たり前のことです。

 全てがオールマイティな人はいない。

 そして、すべてに力を発揮できる能力を
 兼ね備えた人がいたとしても、
 どこかで、専門職を選択しなければなりません。

  

 なぜなら、
 1日は24時間しかなく、
 身体は一つだからです。

 

 極端な話、

 ○上場企業のCEOであり、

 ○ウィンブルドンのシード選手であり、

 ○その上日本国総理大臣であり、

 ○囲碁と将棋とチェスのチャンピオンであり、

 ○ノーベル賞を受賞し、

 ○オスカーの主演男優賞を獲得し、

 ○直木賞から芥川賞など文学賞を総なめし、

 ○紅白歌合戦のおおとりを務める……。

 以上の偉業を同時にできる人など、存在しません。

 そもそも、物理的に不可能です。

 

 確かに、才能溢れる人物は
 上記に上げた輝かしい栄光のどれかを、
 手にすることもできるでしょう。

 

 しかしながら、
 いつの日かいずれかに集中しなければ、なりません。

 

 なぜなら、

 そうした栄光に向けて努力する方々は数多く、
 抜きんでるには、

 卓越した才能もさることながら、
 多くの修練が必要だからです。

 

「なるほどね、言うことは分かるよ。

 でもね、後になって、
 あの時、歯を食いしばってやってれば、
 今、どうなってだろうって、
 考えるのはいけないことかな。

 だって、中学で県大会まで行って、
 高校でもいいとこ行ってたんだ。

 もし、高校2年で辞めずに、
 あのまま続けてれば、プロ?

 って、考えてしまう。だめかな……」

 

 決断したのです。

 高校2年の
 あなたご自身が、悩み、苦しみ、決断したのです。

 その上で、今のあなたがいる。

 そこを否定する行為は、
 あなたの未来をも否定することになりかねない。

 

 なぜなら、現時点で下す決断も

 ”未来のあなたに否定される可能性”

 を内包しているからです。
 

 

「高校2年の悩みか……。

 彼女ができたけど、クラブがきつくて、
 勉強についていけなくて、
 塾に行っても眠気が襲ってきた。

 安易だった。

 もっと、
やれたはずだったのに、やらなかった」

 

 確かに、
 現在のあなたであれば、十二分に対処できる。

 ただ、それは、
 高校2年の経験も踏まえた上でのこと。

 すべての経験を糧にして、
 成長したからこそ、言えるのです。

 高校2年生のあなたも、
 迷い・悩み・もがき・苦しみ抜いて、
 一つの方向性を選択した。

 そうは、思えないでしょうか?

 

 「と、言うことはさ、
  過去は全部肯定しろってこと?

  ダメなことも、
  いやいや、犯罪を犯したとしても、
  それも否定しちゃいけないってこと?」

 

 過去のご自身は、
 今もあなたの心の中で共生しています。

 にも関わらず、
 一切合切反論を許さず、断罪してはならない。

 そう申し上げているのです。

 

 過去の行為を断罪もしくは否定、
 これは「後悔」です。

 辞書には、

 後悔(こうかい)

 「してしまった事について、後から悔やむこと」

と、あります。

 一言で申し上げると、

 「バカだな、やらなきゃよかった」

 上記の文章には、主語がありません。

 むろん、
 やらなきゃよかった主人公は、過去のご自分です。

 反論を許さず、断罪するのは、現在のご自身です。

 

 つまり、

 現在のご自分が原告として
 被告の過去のご自身を

 欠席裁判の法廷で
 侮辱し、否定し、足蹴にするわけです。

 

 この行為の先に、
 過去のご自身との和解はあり得ません。
 
 

 では、どうするか。

 後悔ではなく、「反省」することです。

 

 辞書には、

 反省(はんせい)

 「普通のとらえ方や
  自分の普段の行動・あり方を振り返り、
  それでよいか考えること」

 とあります。

 一言で申し上げると、

「ははは、失敗したな。
 今度は、そこを注意してやろう」

 主語は、もちろん過去の自分です。

 ただ、完全に否定しておらず、

 過去を踏まえて
 次の策を考えようとする前向きな姿勢です。

 

 後悔と反省、
 類似語ではありますが、心の構え方、
 特に過去のご自分と向き合う姿勢は完全に違います。

 

 後悔は、過去のご自身を敵にし、

 反省は、過去のご自身を仲間とする。
 

 

 人は一人では生きていません。

 こう申し上げると、
 両親・友人・彼女や
 彼氏・伴侶・子供、取引先などなど
 様々な方々を思い浮かべます。

 

 しかしながら、
 とても大切な、

 忘れてはならない存在を
 ないがしろにしている。

 

 それは、過去のご自身です。

 

 ずっと、一緒に生きている。

 幼い頃、小学生、中学生、高校生、そして社会人。

 全ての過去のご自身は、
 今の皆さんの心の中に息づいている。
 

 それをどうか、ご理解いただきたい。

 そして、
 過去のご自身と和解してもらいたい。

 確かに、
 今の境遇に心の底から満足している方は、
 ほんの一握りでしょう。

 過去の、
 あの時に、
 違う決断をしていたら、
 もっと頑張っていたら、

 ・
 ・
 そう思う心を止めることは困難です。
 

 

 しかしながら、

 そこで、

「でも、あの時はあの時で、頑張ってたもんな。

 それに、無茶しなかったから、
 今も五体満足でいられるかもしれんし。

 大事なのは、これからだ。

 うん、これからだ!」

 

 そう、思って頂きたい。

 

 過去は、
 否定しても否定しても変えることなど、できません。

 

 ただ、行く末は違う。

 未来は、今のご自身の踏ん張りで
 いかようにも変化できる。

 その為に、
 必要なのは過去のご自身と仲良くすること。

 決して、否定し、貶めてはなりません。
 

 なぜなら、

 過去のご自身の集団母体は、
 表層意識ではなく潜在意識だから。
 
 

 私から見ると、
 表層意識は”理性”であり、潜在意識は”感情”です。

 

 未来への進路を決めるのは
 現在のご自身である表層意識ですが、

 そのエンジンとなる感情は、潜在意識です。

 

 エンジンである感情をつかさどる
 潜在意識を否定するという行為は、
 動力のない船のようなもの。

   ○風が吹けば、進むけれど、

   ○逆風になれば、後退し、

   ○嵐に遭遇すると、
    木の葉のように振り回されるだけ。

 決して、自ら進路を決定する航海にはなりません。

 

 人生と言う、長い永い航海を乗り切るには、
 後悔ではなく、反省こそ必要な心構え。

 

 どうか、過去と敵対するのはなく、
 協調していただければ幸いです。

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 生き方 |

キャッチコピー

 

「あなたの、
  いいとこ、
   言ってみて」

こう言われると、困ってしまうのが正直なところ。

 

ただ、
こんなシチュエーションは
人生の分岐点でいや応なしにやってきます。

 

幼稚園や小学校の”お受験”

 

中学入試

高校入試(推薦では特に必須)

大学入試(推薦では特に必須)

 
 

それからそれから、
学級委員や生徒会に
各種クラブの部長選挙などなど……。

 
 

そして、入社試験!

 

自己アピールをそれまでにしなかった方々には、超難題となります。

なにせ、
自分の悪いところを親や先生に言われ続け、
仕方なく、宿題や参考書に取り組み、クラブで反復練習をする。

 

そんなリアクションを
取り続けてきたのですから、

そんなことを
急に言われても困ってしまうのが本音です。

 

皆さんが所有されている
”貸家”はどうでしょう?

 
なんとなく、
不動産業者に指摘された個所を、
リフォームして、
相場と聞かされた家賃で
貸しに出されてはいないでしょうか?

 

本当は、
貸家にとって”入社試験”と同様の
<自己アピール>
タイムであるにも関わらず、

 

なんとく、
流されるように、
言われるがままに、

入居募集の様々な決断を
下してはいないでしょうか?

 

もし、そうであるのなら……。
””MOTTAINAI””

 

貸家の真正価値を
生かし切っていない。

 
生かし切る努力をされていない。
 

結果、家賃は下がり、
入居者は早々に退去し、

返済に汲々とし、
奥様やお子様から蔑まれ、

本業に身が入らなくなり、
左遷され、

大切なご家族と離れ離れに、
なりかねません。

 

「おいおい、
酷い言い方だね。
ずいぶんと、脅かすね」

 

伊達や酔狂で
お話ししているのではありません。

貸家業は列記とした、ビジネスです。

 

ビジネスであるからには、
品質・価格・そして時期の
3つを疎かにしてはならないのです。

 
 

所有されている
貸家の本質を見極めることなく、

不動産業者の言われるがままに、
なんとなく、
流されるように、言われるがままに、

様々な判断を下しているとしたら、

貸家は、
その実力を発揮できるはずはありません。

 

皆さんは、
どのようにして、
貸家を所有されたのでしょう?

 

新築でなければ、中古です。

 

旧所有者は、
所有し続ける気力をなくし、
手放されたのではないですか?

 
 

なんとなく、
流されるよう、言われるがままに、
決断するとしたら、

旧所有者と、どこが違うのでしょう?

 

そう、同じ。

だとしたら、
早晩、手放すことになったとしても、
なんの不思議もありません。

 

「なるほど、言ってることは分かるよ。
 でもさ、どうすりゃいいのよ。
 こちとら、プロじゃないんだよ。

素人だよ。

不動産業者に意見を求めるのは、当たり前でしょうよ」

 

原点に戻ることです。

この場合の原点とは、
対象となる”貸家”そのものです。

貸家のいいところを上げてみてください。

 

「いいとこ? って、何よ。
 こちとら、謙虚なのよ。

 いいとこ上げろって、
言われて、はいそうですかって、
 10も、
20も
上げられるわけないでしょうよ」

 

10も20もいりません。

多くて5つ
3つもあれば、十分です。
 

一口で言える時間に凝縮すべきです。
 

「いったい何の話をしてんの?
 一口で言えるって、
 おれの貸家を
一口で説明できるわけないでしょうよ」

 

入居希望者の皆さんは、
はっきり言って、
皆さんの貸家に、
左程関心はありません。

 

有象無象、
沢山ある候補の一つとしか、見ていません。

 
正直な話し、
5秒程度しか、
アピールタイムは用意されていないのです。

 

「だめだ、
そんな時間じゃ、何もできないわ。
家賃下げるしかないでしょうよ。

 それがダメなら、
フリーレントを付けるかどうか。

 紹介してくれた担当者に
ボーナスを約束するか……。

他に何があるの?」

 

5秒で言い切れる内容、

 
 

それは、
””キャッチコピー””です。

 

皆さんの貸家を
一言でアピールする言葉こそ、

 
キャッチコピー!
 

それを考え、
キャッチコピーに合うように、
リフォーム計画を練ってゆく。

 

キャッチコピーに
ネガティブなコメントを
付ける人なんていません。

 

ポジティブな点に着目するはず。
皆さんの思考を
コントロールしてゆくのです。

 
「なるほどね。
でもさ、
具体例をあげてくれないと、
わからないな」

 

例えば、陽当たりが悪いけど、
駅に近いワンルームがあるとします。

 

「気味悪いね。
 それって、
 おいらの持ってる物件そのものじゃない。

 入っても、すぐに出て行ってさ、
 リフォーム貧乏なのよ。
 ああ、もう売ろうかなぁ……」
 
 

キャッチコピーを上げるとしたら、
”陽当たりの悪いワンルーム”

こんなキャッチコピーを
上げる人なんていません。
 

「そりゃそうでしょうよ。
 ”駅近”でしょ。
 それは今までも言ってきたのよ」
 
 
貸家は入居者1人で終わり。

繁盛するラーメン店のように、
並ぶ必要はありません。

だからこそ、
想定される最高の入居者
(家賃を満額払い長期間入居)
を予想するのです。

 

”駅近の陽当たりの悪いワンルーム”
予想される入居者は

 ○”独身”

 ○左程お金に余裕はない。

 ○家には寝に帰るだけ。

 ○自炊は基本的にしない。

 ○住み替えに躊躇しない。

と、予測します。

 

そして、彼らの基本的な
暮らしの”急所”を探す。

 

上記の中でポイントとなるのは、
 
 ””寝に帰るだけ””

ここが急所となります。

 

「急所って、当たり前のことでしょうよ」

 

”寝る”
人の三大欲求は、
食欲・性欲・睡眠欲・です。

 

この三大欲求の一つ、
睡眠欲に力点があるのですから、
このポイントを伸ばさないのは
努力をしていないことと、同じです。

 

例えば、
安心して眠れるには、

 1、洗濯に困らない

 2、昼間でも真っ暗にできる

 3、花粉症に悩まされない

 

こうした3つの特徴を打ち出せば、
寝に帰るだけの入居希望者にとって、
是非とも住みたい、
住み続けたい貸家となるのです。

 

「な、なるほど。
 で、3つをどうすりゃいいのさ」

 

ようやく、
聞く耳を持ってくださったようですね(笑)。

 

いいでしょ、
ここで、この先は有料です。

って、なったら嫌ですよね。

 

今回は、最後までお話ししましょうか。
それとも、ここで終わりとしますか?

 

「いじわるしないで、頼むよ」

 

わかりました。
具体的な解決策は、

 1、洗濯に煩わせない  
   ---→ 洗濯自動乾燥機の導入

 2、昼間でも真っ暗にできる
   ---→ 遮光カーテンの据え付け

 3、花粉症に悩まされない
   ---→ 高機能エアコンと
       ダイソンの空気清浄機の導入

 

間取りを変更するわけでも、
リフォームに大金をかけるわけでも、
家賃を値下げしたり、
フリーレントや
担当者ボーナスを約束するわけでもありません。

 
 

今回の、
駅近・陽当たり不良・ワンルームの
キャッチコピーは、

 

””24時間快適な睡眠をお約束””

 

もちろん、
貸家はワンルームばかりではありません。
 

ただ、
それぞれの貸家には、
それぞれの長所がある。

 

その長所を
当然のことのように捉えず、
認識し、伸ばし、
そしてキャッチコピーにまで高めてゆく。

 

その努力こそ、
兼業大家さんの大きな役割なのです。

 

太陽が燦々と降り注ぐ、7月となりました。

 

皆さまのご多幸を心から、
お祈り申し上げております。

藤 山 勇 司

カテゴリー: アパート, マンション, 全記事, 大家業 |

本業と家族

 

大家さんを拡大したその先には
一体何が待っているのでしょう。
01MIL81029

 

「えっ!?そりゃハッピーリタイアでしょ。
毎日、仕事しないで好きなことをしてさ、
悠々自適を絵に描いたような生活ですよ」

 

本当にそうでしょうか?

と、懸念を申し上げるのも、
私自身14年前に実体験したからです。

 

 

当時は、
北海道と木更津で貸家を増やし

東京のマンションも数件入手して、
生活に困らない状況を手にしていました。

そして、
新たに購入したマンションを
一人でリフォームし「悦」に入っていたのです。

 

 

(もう、大丈夫だ。ちょっとだけ、休むか……)

 

 

勤務していた大倉商事は
4年前に自己破産し、

清算会社のお手伝いも終了し、
誰からも何も言われない状態。
その上、
経済状況も独立できていましたから、

少しの間、
身体を休めても
バチは当たらないと思っていました。

 

 

朝から、
テレビの前に陣取り、
NHKやワイドショーにかじりつき、
日が暮れると、焼酎を飲んでいました。

 

 

 

しばらくして、
たまらなくなったのは
幼稚園就学前の長男です。
ある日、
彼はヨダレを、たらたらと垂らしながら、

「ねぇ、パパはなんでいつも、おうちにいるの?よそのパパはさ、は、はたらいてるよ」

彼はいつも見ていられた、
おかあさんといっしょ や がんこちゃん
そして アニメが見れなくなって、
たまらなくなったのです。

その夜、女房からは、

「あのさ、
昼の間は、外に行ってもらえないかな?」

ただでさえデカい男が、
家にいるのは迷惑そのものなのでしょう。
おまけに、
その頃の自宅は2DKであり、家族は5人。

どう考えても、お邪魔虫は私でした。

 

 

翌日から、

「行ってくるよ」

と家を出たものの、
行く当てはありません。

 

 

カツカツと靴音を鳴らす、
スーツ姿のお父さん方に、

〜(一緒に連れてってぇ)〜

口に出したいほどの疎外感でした。

よくよく考えてみると、
社会と繋がっていない。
貸家に空きはなく、
不動産仲介会社に顔を出す理由もない。
喫茶店で時間を潰しても、
やってくる人はいない。





「来ないんだったら、行くか!」
考えを180度変えて、
昔の同僚を訪ね歩きました。
最初は、

「よく来たな、今なにやってる?」

と満面の笑みで迎えられ、
酒を飲み交わしていました。
幸いなことに、
友人は多く

一か月ほど時間はつぶれましたが、
そこで打ち止め。
2巡目になると、

「おお、どうした?」

と、なり。
3巡目になると、

「俺さ、仕事してんの。
忙しんだよ。わりぃな」

と、体よく追い返される始末です。

 

 

その後、
映画館に通い、

芝居を見に行ったのですが、
飽きは来ます。

毎日なんて、見てられません。

そして、
図書館に逃げ込み、本を読み漁ったのです。

 

ずっと、
情報を詰め込みすぎたのでしょう。

何か出したいと、思い悩んだ結果、
自ら文章を書くことに。
近未来小説を書き上げ、
出版社の友人に見せると散々な評価に
心が折れてしまったのですが、
とんでもないどんでん返しが待っていました。

「藤山さん、大家さんの本を書いてよ」

と、
それが、最初に上梓した

「サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣」

です。

 

あれから13年の月日が経過しました。
その経験から申し上げると、
やはり、「「 孤 独 」」は最悪です。

社会とつながり、社会貢献に努力、
認められる何かがあってこそ、
日常を過ごせるように思います。
私の場合は、
兼業大家さんへの啓もう活動です。

大家さんを目指す方々に
スキルを伝え、
背中をそっと押し、
質問に答えることに
存在意義を見出しています。

皆さんにとって、
社会との接点は
いったい何でしょうか?
本格的に
不動産業に進出したいのであれば、
それも一つの選択肢です。

ただし
本業を不動産業に据えると、
事務所を維持する費用に、
従業員の給与や福利厚生費など、
一定の固定費を稼ぎ続けなければなりません。

そうした業務に向いているのか、
向いていないのか。
本当のところは、
やってみないと分からないのが現実です。

 

そして、
毎日何もしない日常を選択したとしたら、

稼いでいながら、
家族からは、冷たい視線を受け、
社会からは無視されてしまう。

 

 

冗談ではなく、本当にそうなってしまうのです。
経済的独立を果たしながら、
会社の一員として、本業に従事し
昇進ではなく、真摯に仕事に向き合う
頑固な仕事人として日々を過ごす。

それが、
私の兼業大家さんの理想の姿です。

きっと、
その姿勢は子供たちにも通じることでしょう。

なぜなら、
働かなくても暮らせてゆけるのに
毎日、仕事に打ち込む親父の背中は
誇らしいからです。

 

 

もしも、
テレビの前に陣取り、
酒をかっくらってばかりいると、

私の長男のように、

「パパ、なんで家にばかりいるの?」

と聞かれ、

「大家さんで暮らせているからさ」

と答えようものなら

「そうか、
だったら僕は大人になっても
働かなくなくていいんだね」

と、ニート確定の息子を
誕生させてしまうかもしれません。

 

 

10台後半ならともかく、
20、30と年代を重ねて、
社会に出ないとなると、

もうコミュニケーション能力が
戻ることはありません。
社会のやっかいものを
残してしまうことになるのです。

 

そんな危険性を排除するためにも

親父は何か、
社会と繋がり続ける必要が
あるのではないでしょうか。

 

藤山勇司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |