本業と家族

 

大家さんを拡大したその先には
一体何が待っているのでしょう。
01MIL81029

 

「えっ!?そりゃハッピーリタイアでしょ。
毎日、仕事しないで好きなことをしてさ、
悠々自適を絵に描いたような生活ですよ」

 

本当にそうでしょうか?

と、懸念を申し上げるのも、
私自身14年前に実体験したからです。

 

 

当時は、
北海道と木更津で貸家を増やし

東京のマンションも数件入手して、
生活に困らない状況を手にしていました。

そして、
新たに購入したマンションを
一人でリフォームし「悦」に入っていたのです。

 

 

(もう、大丈夫だ。ちょっとだけ、休むか……)

 

 

勤務していた大倉商事は
4年前に自己破産し、

清算会社のお手伝いも終了し、
誰からも何も言われない状態。
その上、
経済状況も独立できていましたから、

少しの間、
身体を休めても
バチは当たらないと思っていました。

 

 

朝から、
テレビの前に陣取り、
NHKやワイドショーにかじりつき、
日が暮れると、焼酎を飲んでいました。

 

 

 

しばらくして、
たまらなくなったのは
幼稚園就学前の長男です。
ある日、
彼はヨダレを、たらたらと垂らしながら、

「ねぇ、パパはなんでいつも、おうちにいるの?よそのパパはさ、は、はたらいてるよ」

彼はいつも見ていられた、
おかあさんといっしょ や がんこちゃん
そして アニメが見れなくなって、
たまらなくなったのです。

その夜、女房からは、

「あのさ、
昼の間は、外に行ってもらえないかな?」

ただでさえデカい男が、
家にいるのは迷惑そのものなのでしょう。
おまけに、
その頃の自宅は2DKであり、家族は5人。

どう考えても、お邪魔虫は私でした。

 

 

翌日から、

「行ってくるよ」

と家を出たものの、
行く当てはありません。

 

 

カツカツと靴音を鳴らす、
スーツ姿のお父さん方に、

〜(一緒に連れてってぇ)〜

口に出したいほどの疎外感でした。

よくよく考えてみると、
社会と繋がっていない。
貸家に空きはなく、
不動産仲介会社に顔を出す理由もない。
喫茶店で時間を潰しても、
やってくる人はいない。





「来ないんだったら、行くか!」
考えを180度変えて、
昔の同僚を訪ね歩きました。
最初は、

「よく来たな、今なにやってる?」

と満面の笑みで迎えられ、
酒を飲み交わしていました。
幸いなことに、
友人は多く

一か月ほど時間はつぶれましたが、
そこで打ち止め。
2巡目になると、

「おお、どうした?」

と、なり。
3巡目になると、

「俺さ、仕事してんの。
忙しんだよ。わりぃな」

と、体よく追い返される始末です。

 

 

その後、
映画館に通い、

芝居を見に行ったのですが、
飽きは来ます。

毎日なんて、見てられません。

そして、
図書館に逃げ込み、本を読み漁ったのです。

 

ずっと、
情報を詰め込みすぎたのでしょう。

何か出したいと、思い悩んだ結果、
自ら文章を書くことに。
近未来小説を書き上げ、
出版社の友人に見せると散々な評価に
心が折れてしまったのですが、
とんでもないどんでん返しが待っていました。

「藤山さん、大家さんの本を書いてよ」

と、
それが、最初に上梓した

「サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣」

です。

 

あれから13年の月日が経過しました。
その経験から申し上げると、
やはり、「「 孤 独 」」は最悪です。

社会とつながり、社会貢献に努力、
認められる何かがあってこそ、
日常を過ごせるように思います。
私の場合は、
兼業大家さんへの啓もう活動です。

大家さんを目指す方々に
スキルを伝え、
背中をそっと押し、
質問に答えることに
存在意義を見出しています。

皆さんにとって、
社会との接点は
いったい何でしょうか?
本格的に
不動産業に進出したいのであれば、
それも一つの選択肢です。

ただし
本業を不動産業に据えると、
事務所を維持する費用に、
従業員の給与や福利厚生費など、
一定の固定費を稼ぎ続けなければなりません。

そうした業務に向いているのか、
向いていないのか。
本当のところは、
やってみないと分からないのが現実です。

 

そして、
毎日何もしない日常を選択したとしたら、

稼いでいながら、
家族からは、冷たい視線を受け、
社会からは無視されてしまう。

 

 

冗談ではなく、本当にそうなってしまうのです。
経済的独立を果たしながら、
会社の一員として、本業に従事し
昇進ではなく、真摯に仕事に向き合う
頑固な仕事人として日々を過ごす。

それが、
私の兼業大家さんの理想の姿です。

きっと、
その姿勢は子供たちにも通じることでしょう。

なぜなら、
働かなくても暮らせてゆけるのに
毎日、仕事に打ち込む親父の背中は
誇らしいからです。

 

 

もしも、
テレビの前に陣取り、
酒をかっくらってばかりいると、

私の長男のように、

「パパ、なんで家にばかりいるの?」

と聞かれ、

「大家さんで暮らせているからさ」

と答えようものなら

「そうか、
だったら僕は大人になっても
働かなくなくていいんだね」

と、ニート確定の息子を
誕生させてしまうかもしれません。

 

 

10台後半ならともかく、
20、30と年代を重ねて、
社会に出ないとなると、

もうコミュニケーション能力が
戻ることはありません。
社会のやっかいものを
残してしまうことになるのです。

 

そんな危険性を排除するためにも

親父は何か、
社会と繋がり続ける必要が
あるのではないでしょうか。

 

藤山勇司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |

銀座の帰り道

 

2日前の6月15日に
出版社社長の主催する
定例の飲み会に出向きました。

 

場所は新橋に近い銀座8丁目、
長く続くスナック的なお店です。

 

飲み会も終わり、
和光のある銀座の交差点まで歩きます。

 

なぜ?
少し歩いてみたかったから。

「変わったなぁ……」

いつもは、
そこから新宿のゴールデン街に繰り出していたので、
銀座の街を散策するのは久しぶりのことでした。

 
 

和光の対面にあるビルの外装は様変わり、
百貨店の松屋にもシートがかかり、
銀座の街が脱皮をしているようです。

 

(まぁ、あれから18年だからな)

 

私が12年半勤めていた
大倉商事株式会社が自己破産したのは、
1998年(平成10年)ですから、

街並みが変貌するのも、
いたしかたないのかもしれません。

 

ずっと通い続けた銀座線の改札を抜け
ホームに降り立つと、会社帰りなのか、
ほろ酔いのお父さんがたがちらほら。

 

見知った顔がいないか、
無意識に探していました。

 

(いるわけないか、もう18年だからな)

 
 

電車がやってきて、
日本橋で乗り換え、
人波に紛れ東西線に乗り換えます。

 

売店はすでに閉店しているので、
読むものを目の端で探します。

 

と、申しますのも
頑固にガラケー派を貫く私は
スマホでニュースを見る習慣がなく、

産経や日経、そしてフジを
電車の移動の最中に読んでいるのです。

 

(おっ、住宅情報か)

 

リクルートの出している
ゼロ円のマンション情報誌が
通路に置かれていたのを見つけ、
何気なく手に取りました。

 

思えば、
このリクルートの住宅情報こそ、
私を競売不動産に誘う、きっかけでした。

 

当時、
後ろの方に中古不動産情報と
競売不動産情報が掲載されていました。

 
 

同じ駅、同じ距離、
同じ専有面積の物件を比較し、

競売を落札してリフォームをかけて
一般市場で売却する

ビジネススキルは
成立すると考えたのです。

 

「元気にやってるか?」

 

昔の仲間に声をかけるように、
ペラペラとページをめくります。

 

薄いけれど、
しっかりとした紙に上等な印刷技術で、
どのページも見栄えがしています。

 
 

ただ、何か違和感がある。

 

街並みが激変したときとは違う、
何か根底が違っている。
 

(いったい、何だろう……、何が……)

 
東西線の電車に乗り、
日本橋から茅場町、
門前仲町に木場の駅を通過。

 

ホームを過ぎて、
トンネルに再び潜る瞬間、

ひらめきました。

 

(そうか、客層を変えたのか。それでか……)

 

そう、愛読していた頃の住宅情報誌、
彼らがターゲットとしていた客層は、
一般サラリーマンでした。

 

年収500万円から600万円前後。

 

どうやってマンションを購入できるのか、
親から援助をどのように受けられるのか、
自己資金の貯め方などなど……。

 

手を変え品を変え、
もう少しで手の届く

彼らの背中を押そうとする
必死さが見て取れました。

 

ところが、今の住宅情報誌の客層は、

「ダブルインカム、1000万円オーバーの世帯」

これ以下の客層には見向きもしていません。

 
 

記事も彼らに向けた内容ばかり。

 

400万円前後のサラリーマンには、

「へっ、何言ってやがんだ」

と丸めて捨てられることを
承知で作っています。

 

それで、違和感というか、
何か嫌な感じがしたのです。

 

確かに、
物件価格は半端なく上昇しています。

 

確か、マンションの平均販売価格は
5600万円だとか何とか。
 

ここ数年で異常な高止まりです。
 
 

中古不動産の価格も同様。

競売不動産の落札価格も上昇しています。

中古家屋のゼロ査定、
特に首都圏では「神話」になりつつあります。

 
 

さて、これからどうなるのか。

私は今後も、
皆さんの疑問にお応えし続けるつもりです。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 一般売買, 全記事, 競売 |

一人きりの夕食

 

ついこの間のこと、
たった一人で夕食を食べるはめに陥ってしまいました。

 

女房は千葉在住の親戚のお葬式に参列し、
長女は大学で遅く、
長男は体育祭の応援団の練習、
頼みの綱は次女……。

 

幸いなことに、
彼女は高校の中間試験を間近に控え、
所属する剣道部も活動を止め、
いつもより早く帰宅していたのです。

 

「飯食うか?」

「ごめん、アリオで勉強してきてもいいかな」

「ああ、何時に帰ってくる?」

「7時半には、じゃ行ってくる」

 

アリオというのは
近所のショッピングモールでして、
フードコートで
中学の友人と勉強会をするのだそうです。

 

(もう、そんな歳か)

 

確かに、
子供は月日を経るごとに、

家よりも友達、
彼氏や彼女、そして社会人になってゆきます。

 

ただ、高校1年の次女は、
まだまだ私の助力も必要なはず。

美味い夕食を目指し腕によりをかけます。

他の家族の夕食も、
もちろん一緒によそい、ラップをかけました。

 

「そろそろだな……」

 

7時20分、25分と時は進み、
7時半に向け、カウントダウンが迫ります。

 

次女と二人の夕食も、またよし。
彼女の学校生活を肴に花を咲かせればいい。

 

ところがどっこい、
待てど暮らせど、帰ってきません。

 

「なんだ、あいつは」

 

そう思いながら、
パソコンを開きメールチェックをすると、
彼女からメールが届いていました。

 
 

≪パパさん、ごめん
やりたいとこまで勉強するから、先に食べてて≫

 

携帯を持っているのに、メールで連絡……。

怒られるのが嫌だからに違いない。

 

(試験も近いからな、仕方ないか)

 

そう思いつつ、

「いただきます。ご苦労様でした」

と、いつもの挨拶を
一人でする羽目になってしまったのです。

 
 

そして、その夜。

 

誰一人帰らぬまま、
私はベッドに潜り込みました。

毎朝5時半に起きて
弁当を作っているので、
眠くなるのが早いのです。

夜中に目が覚め、トイレに行くと、
用意していた夕食は片づけられています。

 

私が寝ている最中に、
家族は一人、
また一人と帰宅し、
食べたのでしょう。

小便をしながら、
いやなイメージが頭を過ります。

 

((これが当たり前になるのも、すぐそこかもな))

 

社会に必要とされる人間になれ。

パパの息子や娘じゃなく、

「てめぇらの親」

だと、ちゃんとした人に
紹介してもらうことがパパの夢だ。

 

ことあるごとに、
そう子供たちに言ってきたので、
後悔はしていません。

 

ただ、なんとなく。

自分が必要とされることが、
もうすぐ終わるのだな。

 

彼らの人生の中で、

実家で暮らす
「幕」のどん帳は下がり始めている。

 

そう思えました。

 

私は、私一人で存在していません。

親がいて、
祖父祖母がいて、

その先にもずっと途切れることなく
誰かが確実にいらっしゃった。

そして、私の先にも……。

 

今現在53歳と5カ月。

あと、何年生きるのか、
生かされるのか、
それは分かりません。

ただ、いつであっても
誰かに必要とされる人でいたい。

 

2年、もしくは3年後は、
確実に家の中での必要性は
急速に薄れて行きます。

その際は、
外との関わりを
増やして行きたいと思っています。

 

なぜなら、

1人だけの夕食は、
とてもではないけれど寂しすぎる。

実は、
外見と違い、寂しがりやさん なのです。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 生き方 |