• 藤山勇司とは?
  • DVDで学ぶ
  • セミナー情報
  • 業界著名人の推薦の声

    本を読んで行動を移すのに藤山先生のセミナーはとてもいい機会


    パル出版 企画制作室長
    瀧口 孝志氏
    「どうもぉ~」第一声のもと、ニコニコ顔でいつもゴキゲンな藤山先生。 お会いする度に「さすがだねぇ~」と何かしら褒めていただきます。 なので私は藤山先生のことをいつからか「おだて名人」と密かに呼ぶようになりました。 お陰さまでこれまでに4冊の本を刊行させていただきました。 「もしドラ」ファンを唖然とさせた 『もし独身OLが「脱サラ不動産投資」に本気 で取り組んだら』をはじめ、 ベストセラー『不動産投資25の落とし穴』 『マイホームは買うな!』 『大家さんとして大切なことに気づかせてくれる22の物語』と、 すべてが 小説仕立ての、いわば不動産投資小説本で、 画期的なジャンルのパイオニアです(追随を許さないほどの独断場です)。 さらにはビジネス書から本格的小説にまで幅広くジャンルを広げていることは、 ここでご紹介するまでもなく周知のことでしょう。 そんな藤山先生が行うセミナーに参加することは、 本を読んだ方が実際に行動に移るには、 とてもいい機会になります。 藤山先生の納得感の充満する不動産投資セミナーをご活用して、 みなさんハッピーでゴキゲン人生を実現してほしいと願います。

    初心者の方にもわかりやすく、噛み砕いて説明できる藤山先生のセミナー術に いつも感心させられます。


    株式会社ビジネス社
    取締役社長
    唐津 隆 氏
    玉石混同の数ある不動産投資の中から 利回りの良い不動産投資法を見つけ出していくには 正しい基礎知識の積み重ねが重要であることは言うまでもありません。 しかし、不動産投資法を分析し、こなしていけるようになるには 気の遠くなるような知識の習得と時間が必要とされます。 ですから、個人不動産投資家の方においては ある程度の分析力を持つのは大変なことでした。 まさに選ばれし人しか不動産投資はできなかったわけです。 その中で藤山勇司さんは不動産投資の基本知識だけでなく、 物件の客観的な分析という切り口から 不動産投資との『ウマい向き合い方』を提唱していると感じます。 講師の藤山勇司さんは100室所有の現役の大家さんと言うこともあり、 他のセミナーにありがちな理想論を提唱するだけでなく、 今の不動産相場ではどうなのか!といった、タイムリーな投資法のカスタマイズもウマいです。 分かりにくい不動産投資法を初心者の方にもわかりやすく、 噛み砕いて説明できるセミナー術にもいつも感心させられます。

    私にとって藤山勇司さんは業界最強のメンターでした


    投資家けーちゃん
    (寺尾恵介 氏)
    ぼくが不動産投資をスタートした11年前から、 藤山勇司さんは業界最強のメンターでした。 書籍を出したり講演をしたりといった活動をされている大家さんも、 藤山さんの本がきっかけで不動産投資をスタートしたという方が 大半なのではないでしょうか。 かくいう自分も、バイブル「46の秘訣」を読んで心が躍ったものです。 今では不動産投資を教えるような人も増えましたが、 一定以上の年収の方が手っ取り早く購入できるような テクニックを伝えるに留まっていることがほとんどです。 そのため、「自分にはムリだ」と、 始める前から不動産投資を諦める人が増えているのも事実ですね。 一方、藤山さんから学べるのは 不動産の購入や運営についてはもちろん、 「節約して自己資金を貯める」 「奥さんに理解をしてもらう」 といった投資以前のことや、 「ゴネる占有者を円満に退去させる方法」 「競売の特別売却を確実に落札するための工夫」 といった極めてマニアックな内容まで。 教えていただける分野の広さもさることながら、 それらを具体例や冗談を交えながら楽しく学べてしまう訳ですから、 これはもう強く、強く!推薦させていただこうと思った訳です。 家賃収入を得たい!と思ったみなさん。 まずは藤山さんのお話を聞いてみてください。 かつてのぼくのように心が躍るようであれば、 必ず成功できるでしょう。

    プロフィール

    不動産投資・アパート経営の人気ブログを運営する「投資家けーちゃん」

    神奈川県横浜市在住。1973年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業。1996年に住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に入社し12年間勤務。富山支店在任時代に不動産投資に目覚め、2004年8月から2008年3月までに6棟94戸の物件を取得。

    一般的には空室リスクも高く、アパート経営に不向きと言われる北陸地方(石川県、富山県)で物件を購入しているにも関わらず、入居率は常に90%以上で推移。管理会社を中心とした「チーム」での運営を得意とするスタイル。

    【運営ブログ】投資家けーちゃん勝利への道程

    【メルマガ】投資家けーちゃんの不動産投資メールマガジン(2万部)

    【月刊発行新聞】満室経営新聞(編集長)

    本物に出会うことが成功の第一歩。藤山勇司先生こそ、師と仰ぎ、教えを請う価値のある存在


    不動産投資家 沢 孝史 氏
    不動産投資に興味がある。できればやってみたい。でも、どうしたら・・・・ ネットでは不動産投資の情報はすぐ入手できますし、書店に行けば様々な本が並んでいます。 でも当たり前ですが「人気がある=良い情報」とは限りません。 自称「カリスマ不動産投資家」になることは難しいことではありませんが、彼らの言葉には重みがありません。セミナーに参加すれば「わかった気分」にしてくれる、でも「それだけ」です。 不動産投資で良いコーチを見つけるにはどうしたら良いでしょうか。 私自身が思い浮かぶポイントは3つです。 1. 長年、不動産投資の多岐に渡る経験があり今も実践している。 2. 不動産投資ブームに乗って書籍やネットで露出しているのではなく、その潮流を自ら作り出した人達。 3. 経験を伝え、志ある人達に伝えていこうという気概のある人物。 藤山勇司先生をこの3つに照らしてみると 1. 競売も含め、様々な投資経験があり、現在も良好な賃貸経営を続けている。 2. 『サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣』の上梓は2003年7月、当時、サラリーマンが不動産投資をすることは非常に珍しく、この本が現在の不動産投資ブームの発端となった。 3. この本を皮切りに現在まで十数冊の著書があり、その理念はすべて「サラリーマン大家を応援すること」にある。 そう、私は藤山勇司先生こそ、師と仰ぎ、教えを請う価値のある存在だと考えます。 不動産投資に真摯に向き合おうという人であれば藤山先生は全力で答えてくれるでしょう。 私自身が初対面の人とお会いしたときに実践していることがあります。 それは「人となりは顔に出る」と信じ、その直感に従うことです。 評論家、故大宅荘一氏は「男の顔は、苦難や苦労を乗り越えての生き様を表わす」という名言を残しています。 藤山勇司先生は一見、強面にも見えますが、 強面なのは今までの人生経験、そして不動産投資で「苦難や苦労を乗り越えてきた」証です。 藤山勇司先生によるメソッド ぜひ受講してみてはいかがでしょうか。 本物との出会いは不動産投資にとどまらず、あなたの人生に大きな影響を与えてくれます。

    プロフィール

    1959年生まれ。法政大学卒業後、損害保険会社のサラリーマンとして10年間勤務。独立を夢見てコンビニ経営に乗り出すが4か月で廃業、こつこつ貯めた1000万円をすべて失う。その後、製造業のサラリーマンとなって起死回生をはかり、1998年から副業として不動産投資を始める。少額の資金から始めた投資であるが16年で総額17億円まで拡大する。その後、利益確定、資産入替えのための売却も行い、現在は総額10億円の不動産を所有、家賃収入年間1億円の安定した賃貸事業を運営している。

    藤山勇司先生の最新刊


    ※右上の三本線をタップすると他動画も閲覧できます。



    藤山勇司の千日講話