「覇権国家の正義」

戦いは、常に正義の御旗の元に勃発します。

 

「せいぎ? って、正義のことかい」

 

はい。
””自分が正しい! 相手は間違っている! オレが正義だ。相手は悪だ””
の、正義です。
これは、何も人間だけでなく、あらゆる動植物においても日夜行われています。
例えば、ミツバチの巣に襲い掛かるスズメバチ……

 

「そりゃ、ミツバチに正義があるでしょ。ミツバチは平和に暮らしているだけなのに、
 ミツバチの巣を全滅させに来ているんだからさ」

 

確かに、
ミツバチの正義は、分かりやすい。
しかしながら、
スズメバチにも種族の運命がかかっています。
餌を獲ってこなければ、一族の幼虫は飢えてしまいます。
豊富な餌を常に供給することこそ、スズメバチの正義!
結果、ミツバチとスズメバチの戦いの火ぶたは切って落とされ、
数匹のスズメバチのみであれば、
ミツバチの兵士は、集団でスズメバチを覆い隠し、
身体を激しく振動させ、温度を高め、スズメバチを蒸し焼きにします。
そして、スズメバチの数が多い場合は、
毎日のようにミツバチを肉団子にして巣に持ち帰るわけです。

 

「ふ~ん。まぁ、昆虫の世界でしょ。
 哺乳類の人間とは別世界ですよ」

 

では、哺乳類であるオオカミに正義はあるでしょうか?

 

「オオカミ?
 あるわけないでしょ。
 か弱い草食動物を集団で襲う害獣ですよ。
 事実、二ホンオオカミも絶滅したし、
 残ってるのはさ、ロシアのオオカミぐらいでしょ。
 童話の世界でもオオカミは敵役。
 ”赤ずきんちゃん”
  ”三匹の子豚”
  ”オオカミ少年”
 でも、悪者じゃない。
 あいつらに、正義なんてない。
 いない方がマシの代表格だよ」

 

そうとは言い切れない。
いえ、むしろ、オオカミなくして貴重な食物連鎖は、途絶えてしまうことが
徐々に理解され始めています。

 

「んなこと、聞いたことがないな」

 

アメリカのイエローストーン国立公園。
寓話の世界のオオカミはアメリカでも恐怖の対象でしたから、
猟師やスポーツハンターに地方政府に雇われた猟師は、
こぞってオオカミを撃ち続け、
20世紀初頭にはイエローストーンからオオカミは根絶されました。

 

「平和になったんだ。良かったじゃない」

 

ところが、
徐々に生息範囲を広げた大型のシカ、エルクの食害が
奥深い森を荒廃させました。
幼い幼木を食い荒らされ続けた原生林は勢いを無くし、
保水力を失った大地から表土が流れ出し、
むき出しとなった大地には、小動物も生きられず、
川は氾濫し、ビーバーも生息できなくなり、
かっての豊かな森は、姿を一変させました。

 

「で、どうなったの?」

 

アメリカ公園局と魚類野生動物局は、
様々な対策を打ち続けましたが、どれも効果を得ることができませんでした。
そこで、最後に残った秘策こそが、
恐怖の対象であったハイイロオオカミの導入。
今から25年前の1995年……
カナダ生まれのオオカミ17頭をイエローストーンに解き放ったのです。

 

「大丈夫だったの?」

 

当然対策を打ちました。
導入したハイイロオオカミにはビーコンをつけ、
その位置を確認し、
致命的な障害があれば、いつでも排除できる態勢の裏付けがありました。

 

「で……、どうなった?」

 

17頭解き放ったハイイロオオカミは10倍の170頭に、
オオカミは10頭前後のグループに分かれ、
2万頭強いたエルクは1万頭弱……。
酷い食害で勢いを無くしていた森は復活しました。
表土は徐々に溜まり、下草が増え、小動物が生息領域を拡げ、
川は氾濫を弱め、深さを増し、
ビーバーも戻って来ました。

イエローストーンの森にとって、
食物連鎖の頂点に位置するハイイロオオカミは
「救い主」だったのです。

 

「へぇ~、そういうことって、あるんだ。
 でも、実際の戦争はどうよ?
 第一次、第二次世界大戦とか、
 やっぱ、正義は戦勝国側にあるでしょ。
 テロにしても、あれは正義とは言えないでしょ」

 

ミツバチとスズメバチと同様です。
それぞれの生息域争いであり、
どちらの人々にもそれぞれの正義がある……
だからこそ、妥協ができず、
片方が白旗を掲げるまで、
戦いは続いてしまいます。

 

「じゃ、米中のこれからはどうなるの?
 2年前に始まった、貿易戦争はさ、
 領事館廃止合戦になったじゃない。
 ついこないだのさ、
 ポンペオ国務長官なんて、
 ニクソン記念図書館で演説したでしょ。
 あれには驚いたね……
 だって、
 習近平をケチョンケチョンに否定したでしょ。
 「既に否定された全体主義の信奉者である」
 とか、
 「圧政に苦しむ中国民は体制変換に踏み出すべきだ」
 って、
 完全に習近平体制の中国共産党をさ、
 ””自由世界全体の共通の敵!””
 扱いだもの。
 一体全体、日本はどうすりゃいいの?
 どっちにも正義があるならさ、
 中立の立場を模索するべきなのかな」

 

もちろん、
ポンペオ国務長官を筆頭に否定された
習近平総書記にも正義があります。
彼の正義を一言で言い表すと
『中国の夢の復興』
です。

中国は、
もともと、世界の中心だった。
それを、
アヘン戦争でイギリスに国力を削がれ、
日本には国土を蹂躙され
第2次世界大戦以後は
世界経済から、隔離され。
鎖でつながれ続けた。

ニクソンにより
米中国交正常化されたと
アメリカが恩付けがましく言うが、
当然だった。むしろ遅いくらいだ。
中国の発展は、
日本からのODAや技術援助?
当たり前だ。むしろ少ないくらいだ。
なぜ、中国に跪かない?
いつも偉そうに。
アメリカの後ろ盾がなければ、
ケチョンケチョンにやっつけてやるのに……

おそらく、
上記が習近平総書記の胸の内。

そして、
2年以上前には、
世界の工場と化した中国は自信を深め、
オバマ大統領に世界2分論を提案するまでになったのです。

中国古来の戦略の中心は

 

「調略」

 

です。

これぞと狙いを定めた人物に対し、
金と女と地位で
陥落させ、手駒にしてしまう。

手駒が反旗の色を示すと……

 

「いいんですか?
 ワイロを受け取ったことバレたらどうなるでしょう?
 手籠めにした女性の数々、奥様やお子様の知ることになったとしたら……
 いえいえ、
 決して、当方が何かをするなんてありません。
 ただ……
 こちらと何も関係がなくなるとしたら、
 かばいだて出来なくなってしまいます。
 それよりも、こちら、前回、お手伝い頂いた報酬の追加です。
 これからも、持ちつ持たれつでやってゆきましょうよ」

 

こうした、
作戦を
  〇政治家
  〇ジャーナリスト
  〇高級官僚
  〇警察幹部
  〇科学者
  〇テレビ局
  〇新聞社
  〇ネット企業
  〇映画会社
などなどに、
ピンポイントで狙いを定めているわけです。

そこで活躍するのが

 

 「スポッター」

 

です。

誰に狙いを定めるべきか、
詳細な資料を作成し、
中国に渡します。
彼らは資料作りだけですから、
左程、良心が痛むことはない。
ワイロやハニートラップを仕掛ける部隊は又、別に存在します。
こうした、
ホットウォーの戦争ではない、

 

『 超 限 戦 』

 

に長けているのが、中国伝統のふるまいです。

結果、
アメリカが威信を傾けている
新型ウィルスのワクチン開発情報に手を伸ばした、
中国に対し、
72時間以内のヒューストン領事館廃止を打ち出したのが事の真相です。

 

「だったら、中国が悪か……
 でも、中国はなんで、そんなことばっかりするの?」

 

正面切って、戦えば、敵わないことを痛いほど知っているからです。
戦って勝つのは、
損害を覚悟しないといけない。
戦わずに勝つことこそ、最上の勝利!
これが歴代の中国政権に流れるベースと言えるでしょう。

結論から申し上げれば、
すでに、
第三次世界大戦の導火線に火はつけられたと言って良いでしょう。
こうした大戦が
ずっと続くかと言えば、数年で終ります。
10年続くことはありません。

ところが、
その大戦の後の50年前後は、
戦勝国有利の政策が施行されることになる。
どっちつかずの戦略は許されない。
コウモリのような中立の立場を取ると、
どちらからも、
「敵」扱いされるのが世の習いです。

 

「よ、予想言ってみてよ。
 いったいどうなるの?」

 

確率の一番高いケースを一つだけ申し上げますと……
 1.双方追加の領事館封鎖が行われる
 2.中国共産党のテロ支援や政界工作が次々と暴露される
 3.ウイグル収容所の実態映像が世界中に拡散され、アメリカ議会や国連で報告される
 4.香港のドルペッグ制が3年の期限付きとアメリカ政府から発表される
 5.南シナ海でベトナム漁船、もしくは石油掘削船が妨害を受け、死傷者が出る
 6.南シナ海の違法占有がG7で決議される
 7.アメリカが台湾を国家承認し、同盟が締結される
 8.中国の反発がある
 9.南シナ海の中国が領有を主張する岩礁の一つが空爆される
10.習近平氏が謎の急死を遂げ、新生中国共産党と有士連合の間で戦後処理が話し合われる。
  結果 :
   〇チベット・ウイグルの独立
   〇香港の永久二国制度の確約
   〇台湾の国家承認
   〇南シナ海の放棄
11.和解案に反発した各地の軍閥により内乱が起こり、3~5か国に分裂……。中国国内で核爆弾が幾つか爆発
12.国連が仲裁を申し出るが、それぞれが拒否する。

 

「う、嘘だぁ~、
 めちゃくちゃ言ってるよ」

 

その通りになるとは申し上げていません。
これまでの経緯。
そして、中国とアメリカ双方の正義
をぶつけ合うと、
上記に記したシナリオの確率が高い。

アメリカを筆頭とする
金融財閥は、
暗号通貨をベースにした
デジタル人民元の普及を
絶対に阻止したい。

南シナ海の石油利権を
中国に渡すと、
エクソンモービルを筆頭とした
サウジアラビアを含めた
石油財閥は、中国を破滅に追い込みたい

アメリカ軍及び、
軍事産業は、
地域紛争はウェルカムだが、
南シナ海に中国の潜水艦基地が
作られると、
深度が深い海底があるため、
探知されずに太平洋に
中国の原子力潜水艦が出入りできるようになる。
そうなると、ニューヨークやサンフランシスコ沖に
ひょっこり浮上……
いつ、核ミサイルを撃ち込まれるか
わからない恐怖におののきたくない。
ここで、中国の軍事力を無力化したい。

アメリカ、
いつもはロックやポップにラップと
陽気ですが、
主敵を合意すると、
まぁ、モノスゴイ!!

そこまでやるかと、味方陣営が鼻白むほど、
徹底的に、残酷になれる国民性です。

日本、
中立の立場は許されません。
覚悟が求められています。

ニューヨーク記念図書館における演説を聞き終えて

    藤 山 勇 司  

 

=========================
藤山勇司の不動産投資ノウハウを学べる
生中継のWEBセミナー開催中です!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門WEBセミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
2020年8月15日(土)13:30~17:30

【場所】
オンライン(WEB)だからどこでも試聴可能!
※社会情勢により、オンラインで開催いたします。

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

==============================

藤山勇司公式Youtubeチャンネルを開設しました!

毎日更新!『藤山勇司の不動産投資一発回答』
http://bit.ly/2nCO2ll

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |

「Withコロナと時の流れ」

新型コロナ感染者増により
ワイドショーは、水を得た魚のように、
元気です。
昨夜のニュース番組では、
一週間の累積感染者数が倍になっているので、
8月末の東京都新規感染者数は32倍……
1日4000人を超え、医療崩壊を起こし、
東京都を含む首都圏は阿鼻叫喚になると、口角泡を飛ばし、
不安を煽り続けていました。

独断と独善で申し上げれば、そんな事態が起こるはずはありません。

 

「なんで?
 ホストクラブとか、歌舞伎町のキャバクラ―じゃ、
 クラスター大発生じゃない。
 それに、ライブ会場も新たな発生源でしょ。
 東京発の地方の発症者が各地で起こってるし、
 小池都知事も、緊急事態宣言だっけ?
 神妙な面持ちで、GO TOキャンペーンの延期を
 訴えていたでしょ」

 

確かに、
ホスト・キャバクラ・ライブにおいて、
新規感染者の発生は生じています。
ただ……

 

「ただ、何よ」

 

重傷者は、1日当たり0人~5人前後。
死者数は、1日当たり0人~3人前後です。
3月や4月初旬の状況と激変しています。

 

「感染者が増えているでしょ。
 これから、重傷者や死者数も増えるのは当たり前でしょ」

 

まず、
ご認識していただきたいのは、
通年のインフルエンザなど
感染病検知において
①感染者 
感染者の数は、特定されません。
PCR検査の正確性は60%~70%であり、
30%~40%は疑似陽性です。
②発症者
発症者は熱が出たり、咳が出たり、倦怠感がでた人数ですが、
この発症者数も特定されません。
③患者
発症者が病院に行って初めて患者となります。
この発症者数も特定されません。
④確定患者
患者が病院でインフルエンザと特定された人々が確定患者です。
この人数のみ、インフルエンザの患者として報道されています。
☆ちなみに、確定患者数は例年1000万人~1400万人です☆

おわかりでしょうか?

 

「何を分かれっていうのさ」

 

新型インフルエンザの検知数は確定患者であり、
確定患者は発症し、日常生活に支障のある発症者が
病院に行き、インフルエンザ検査を受けて初めて、
確定患者として検知されます。
 
となると……
 
今回の
新型コロナも
従来の確定患者数検知方法であったなら、
終息しています。
なぜなら、
発症者の症状は、
第1波から比較し
かなり軽く、
重傷者も数えるほどしかいないからです。
結果として、
病院で検知される確定患者数は数人~20人前後。
誤差の範囲として、終息宣言が出されます。

そもそも、
1億2600万人の日本において
1日あたり約4000人の死者数が発生しています。
新型コロナの日本の累積死者数は
令和2年7月15日現在、
982人です。
そして、
78億人の世界では、
1日あたり33万人の死者数が発生しています。
新型コロナの世界の累積死者数は58万人です。

全世界が
上や下への
大騒ぎするほどの感染病ではありません。

 

「でも、新型でさ
 毎年のインフルエンザよりも
 ち、致死率も高いでしょ」

 

発生当初の新型コロナの致死率は、
おおよそ、1%~2%前後だと推測します。
結果、毎年のインフルエンザよりも
10倍~20倍の致死率でした。
ただ……

 

「ただ、何?」

 

ウィルスは5日~10日で変質します。
感染し、細胞から飛び出すごとに
どこか変わってゆくものです。
その変化は、弱毒にも強毒にも変化します。
では、弱毒と強毒の感染力はどうか?
強毒は、感染すると、すぐに発症し、
発症した人物は熱がでて、咳がでて、倦怠感に襲われますから、
どうしても動かなくなる。
ウィルスは人と人、もしくは人→物→人による感染経路。
結果、感染力は弱くなります。
一方、
弱毒は、感染してもすぐに発症しない。
これは、新型コロナだけでなく、毎年のインフルエンザも同様です。
感染しても発症しない感染者の中にもウィルスを撒き散らす
スーパースプレッダーが出る。
この弱毒性に感染した感染者は、
発症していませんから、
いつものように行動する。
結果として、数多く人と接し、感染させてゆくわけです。

 

「弱毒か強毒かが問題じゃないだよ。
 感染者が増えると、病気が増えるんだから、
 抑え込まないと……。
 違うの?」

 

弱毒性の新型コロナに罹患した人物は、
強毒性の新型コロナに免疫があります。
強毒性の新型コロナが感染しようとしても、
弱毒性の新型コロナに邪魔されて、感染できず、
強毒性の新型コロナが駆逐され、終息する。
これが、疫病の通常推移です。
だからこそ、
疫病は、第一波、第二波、第三波と
感染の山毎に
疫病は弱毒化し、終息してゆきます。
何十年も何百年も
感染し続ける疫病が存在しないことを考えれば、
上記の仮説は、裏付けられています。

 

「でもさ、
 ホストやキャバクラやライブはどうなの?
 ここが、
 クラスターの発生源になっているじゃない」

 

確かに、
新たな感染源となっているようです。
ただ……

 

「ただ、何?」

 

彼らは、
昼夜逆転の生活をしています。
ですから、
昼間、太陽の光を浴びておらず、
紫外線による消毒を
定期的に
受けていない。
結果として、
新型コロナが生き残り続け、
感染力を維持している。
そう、考えることが可能です。

 

「じゃ、どうしたらいいの?」

 

弱毒性である新型コロナ第2波の終息は8月半ばでしょう。
その間、
昼夜逆転している人々と
可能な限り会わない。接触しない。
それだけで、問題はないと考えます。
例え罹患したとしても、
弱毒性ですから、
第1波の患者と比較し、
脅威は低いと考えます。

 

「ふ~ん。
 でも、GO TOキャンペーンはどうなの?
 延期するべきじゃないの?」

 

様々な意見は存じています。
しかしながら、
私の独断と独善で申し上げれば、
果敢に実行するべきです。

 

「なんで?
 新型コロナが東京から
 全国に広がったらどうするのさ。
 政府は、
 責任とれるの?」

 

まず、
第二波の新型コロナは
弱毒化しており、
左程、問題はありません。
毎年のインフルエンザであれば、
終息宣言が出されるレベルです。
地震に例えれば、本震のあとの余震です。
余震に怯えて、
被害地に足を踏み入れないと、
被災地の生活者は、救われません。

 

「どういうこと?」

 

今回の新型コロナの被害を
著しく受けたのは、
観光産業です。
海外からの観光客をあてにしていた
インバウンドはゼロに等しく、
国内観光客も80%~90%減……
日本全国の観光地は、
絨毯爆撃にあったような悲惨な状況です。

この被害著しい
観光地に救いの手を差し伸べるのが

 

『GO TO キャンペーン』

 

です。

 

「でも、少しだけ延期してもいいんじゃないの?」

 

いいえ、
夏休みを逃すと、
全国の観光地の30%~40%は
壊滅的な被害を受けてしまうことでしょう。

暇なときはある
しかしながら、
かき入れ時もあるので、
1年を通してみれば、
何とか採算が取れるわけです。

地方の観光地を救うためにも
国内旅行を積極的に実行すべきと考えますが、
皆さんのお考えはどうでしょう?

☆8泊9日の銀婚式九州旅行から帰京して☆  
    藤 山 勇 司

 

=========================
藤山勇司の不動産投資ノウハウを学べる
生中継のWEBセミナー開催中です!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門WEBセミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
2020年8月1日(土)13:30~17:30

【場所】
オンライン(WEB)だからどこでも試聴可能!
※社会情勢により、オンラインで開催いたします。

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

==============================

藤山勇司公式Youtubeチャンネルを開設しました!

毎日更新!『藤山勇司の不動産投資一発回答』
http://bit.ly/2nCO2ll

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |

「百万ドルの夜景の終焉」

※このブログの文章は、6月29日に作成されました。

令和2年6月30日(2020年6月30日)……

この日は、歴史的悲劇の1日として記録されることになるでしょう。

 

「なんで? 今日は6月29日でしょ。あと1日しかないじゃない。

何が変わるって言うの? 大地震でもくるの?」

 

6月30日の午前中、

中国の全人代で、

国家安全法制が可決されるからです。

 

「国家あんぜん? 中国の話でしょ。日本は関係ないじゃん。海の向こうのことでしょ」

 

中国政府は、

西側諸国から、『国家安全法制』への懸念に対し、

””内政干渉は厳に慎まなければならない

中国との関係悪化の責任は全て、

発言国にある””

と、猛々しく反発しています。

 

「そりゃ、

日本だって、アメリカだって、自国内の法律作成に

他国から干渉があったら、反発するんだから、

中国政府の言い分は、もっともだと思うけど」

 

確かに、そうした見方もあるでしょう。

しかしながら、

中国の全人代で審議され、

明日可決予定の

国家安全法制は、

人口750万人の香港を念頭に置いて、

法制化されるものです。

 

ご存じのように、

香港は1997年にイギリスから中国に返還されました。

そして、

同時に、

2047年までの50年間は、

高度な自治を保証すると

中国政府は、イギリスや国際社会に

約束していたのです。

 

それを受け、

香港は、憲法に相当する香港基本法が制定され、

この香港基本法に適合する6法(民法、刑法、商法など)が施行されています。

法律に違反すれば、罰せられるが、そうでなければ、

不当な罰則や拘束はされないという自由が保障されていたのです。

 

民主主義や資本主義の基本は、罪刑法定主義です。

 

時の為政者の気分次第で、

突然、逮捕され、投獄される環境では、

投資も商業活動も言論活動も出来るはずがありません。

 

「じゃ、香港は中国の監視下に置かれるってこと?

そりゃ、ないでしょう。

香港は金融都市じゃない。

中国の監視下に置かれるってことは、

資本の自由もなくなることじゃないの?

実際、

中国国内で儲けてもさ、

海外に送金出来ないでしょ」

 

よくご存じですね。

香港は、

西側諸国と中国の架け橋の役割を

果たしていました。

中国に投資されるお金の80%強は、

香港経由です。

なぜなら、中国に直接投資すると、

利益還元が非常に難しく、

中国共産党の機嫌を損ねると、

なんだかんだとイチャモンを付けられ、

違約金や損害賠償を吹っ掛けられ、

場合によっては、

逮捕拘束されることもあるからです。

 

事実、

今現在も

伊藤忠の社員など、日本のサラリーマンも

はっきりとした理由のないまま

逮捕拘束されています。

 

自由を保障されない環境下では、

臆病者の

マネーは

腰が落ち着きません。

いつ何時、時の為政者の気分次第で

ボッシューとされる可能性が

あるなら、安全な国に移動したい……。

ファンドマネージャーだけでなく、

一般人もそう考えることでしょう。

 

「ちょ、ちょっと待って。

テレビや新聞見ても、

そんなことやってないよ。

もし、本当なら、

ワイドショーでやってるでしょ」

 

報道しない自由をフル活用している。

そう思うのは、

私だけでしょうか……。

アメリカも香港の特別待遇の廃止や

香港の自由を棄損する

人物のビザの取り消しなどに言及していますが、

当の中国共産党は、

 

『できるはずがない』

 

『お前らも香港で稼いでいるだろ』

 

『結局、人は誰もお金が欲しいんだ』

 

『多少は儲けさせてやるから目を潰れ』

 

『時間がたてば、妥協してくる』

 

と、思っているのか、

反応は驚くほど薄い。

 

9分9厘、

明日の6月30日の午前中には、

全人代は、

国家安全法制を可決してしまうでしょう。

 

「なんで、急ぐの?」

 

香港では9月7日に

議員定数70人の

香港特別行政区立法会選挙が予定されています。

 

そして、

7月中旬から7月31日まで

立候補者の受付が始まります。

 

全人代は、

民主派や独立派の候補者の擁立を

根本から引き抜きたい。

このまま放置すると、

立法会の過半が独立派や民主派になりかねない。

 

彼らからすると、

最悪の事態です。

  

香港が民主化すると、

チベットやウィグルにも飛び火し、

広東や広州にも広がりかねない。

特に、

気功集団であり、宗教でもある法輪功は

潰しても潰しても、

ゴキブリのように沸いて出てくる。

民主化の小火は小火の内に

消す必要がある。

恐らく、

中国共産党の本音はこんなところ……。

更に申せば、

香港利権は、習近平氏ではなく、

江沢民派の利権です。

任期を撤廃し、

独裁者の道をひた走る習近平氏

にとって、

政敵の弱体化は願ったり叶ったり。

5年、10年、15年、

もしくは20年、

国際社会から制裁を受けようとも、

いずれ、日本のようなお人よしが

救いの手を差し伸べる。

企業は営利企業だから、

14億の消費者を無視することはできない。

それを念頭に置けば、

中国共産党の未来は盤石!!

どうやら、

そう踏んでいる。

昨年、

人口750万の香港で200万人以上の

デモが起こりました。

日本にいると、

空気のような存在の自由!

その自由を制限される。

為政者の顔色を伺わないと、

生活もできなくなるのは嫌だと、

逮捕や、ケガ、最悪死も覚悟したデモでした。

それが、

国家安全法制の施行により打ち砕かれます。

6月25日には、30台の特殊車両が

中国から香港に入り、

顧問団が香港行政区の一角に陣取っています。

すでに、

首根っこを押さえられた状態であり、

民主化運動の活動家だけでなく、

投資家や一般市民も

香港からの脱出を画策しています。

一度は訪れて見たかった香港、

百万ドルの夜景をこの目で見たかった。

例え、

この先、

香港の夜景を目にしたとしても、

それは偽りの夜景……。

1ドルの価値もない。

そう思うと、やり切れません。

 

~ 合  掌 ~

 

藤 山 勇 司 

=========================
藤山勇司の不動産投資ノウハウを学べる
生中継のWEBセミナー開催中です!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門WEBセミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
2020年7月18日(土)13:30~17:30

【場所】
オンライン(WEB)だからどこでも試聴可能!
※社会情勢により、オンラインで開催いたします。

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

==============================

藤山勇司公式Youtubeチャンネルを開設しました!

毎日更新!『藤山勇司の不動産投資一発回答』
http://bit.ly/2nCO2ll

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |