浪費限界と引継無限

 

お金……

 
経済的な用語ですと、
「貨幣、キャッシュ、マネー」

文学的に申しますと、
「銭、おあし、先立つ物」

反社会的界隈では
「実弾、現ナマ、玉」でしょうか。

 
いずれにしても、

お金、
あらゆる業界で通じる
”現金”
は、注目の的……

 
だからこそ、様々な表現の仕方が存在するのだと存じます。

 

「現金って、
 いいよね。
 使っても、使ってもさ、
 ぜんぜん減らない魔法の財布なんて
 あったら、いいなぁ~」

 
なるほど、

では、仮に
朝、目覚めたら、
カラの財布に千円札が100枚、ギッシリ詰まっていて

 
眠る寸前までにスッカラカンにしなければ、
再び千円札は補充されない

魔法の長財布があったとしたら、
欲しいとお感じになりますか?

 

「なんで、千円札……
 ま、いいか。
 千円札が百枚なら、
 幾らだ?

 えっと、
 10万円!
 楽勝でしょ。
 一カ月で300万円だぁああ」
 
 
ただし、
ギャンブルや再販売できる
クルマや高級時計や金などは

スッカラカンの定義にあてはまりませんから
長財布に千円札が補充されることはありません。
 

クルマに乗りたいなら
レンタルであればオーケーです。
 

「ぜんぜん、
 いいでしょ。
 フレンチ料理とかさ、
 久兵衛のお寿司だっていいし、
 キャバクラにも通い放題でしょ。

 もうね、
 仕事なんてバカらしくて
 やってられない。

 遊んで
 遊んで
 遊びまくりますよ。
 
 なんなら、
 千円札じゃなくて
 諭吉が百枚の
 長財布でも大丈夫ですよ」

 
お、恐ろしいことを
 仰いますね。
  1日100万円ですよ。

いったいどうやって
 使い切るのでしょうか。

 
1日24時間の内、
8時間寝るとして、16時間です。

 
100万円を16時間で割ると

 な、なんとぉおお!

  6万2500円です。

 
久兵衛のお寿司が高いと言っても、
5万円前後、

48分で食べ終わらなければ、

ノルマである
1時間6万2500円は使い切れません。

 

さらに申し上げれば、
それを、起きている間、
ずっとやり続けないと
なりません。

おそらく、一カ月と持たないことでしょう。
 

「う~ん、
 そっかぁ……
 だったら、
 千円札でいいや」

 
では、10万円を
いかにして使い切るか……
 

一日5万円の超高級ホテルに宿泊
残った5万円で、ゴルフやクルマを乗り回す。

恒常的に使用するとしたら、
こんな生活になるのではないでしょうか。
 

「いいじゃない。
 5万円の高級ホテルだったら、
 飯もうまいだろうし、
 寝心地も最高!

 掃除も洗濯も
 しないでいい
 ラクラク、
 極楽、
 夢の人生でしょ。

 ね、
 その、
 魔法の長財布は
 どこにあるの?
 どうやったら手に入るの?」

 

魔法の長財布は
お金に不自由しない象徴ですから

手に入れる手段は

 〇企業
 〇投資
 〇発明

などなど、様々です。

 
「なんだ、
 象徴かぁ……
 腹の足しにもならないな。
 真剣に聞いて損した」

 

申し上げたいのは
浪費にも限界があるという 
紛れもない事実です。
 

人には身体は1つしかありません。

 
ですから、
人の2倍食べ、
人の2倍飲む
生活を続けると

間違いなく
内臓を壊し、

人と同じ食事を摂ることはできなくなります。

 

そして、
 
人には家庭は1つしかありません。

 

ですから、
愛人宅など
人の2倍の家庭を擁すると、

本宅は壊れ、
子供と引き離され、
孤独な最期を迎えることになります。

 

「な、なんか
 気が滅入ってきたなぁ。
 儲けても、
 ワクワクするような未来はないんだね」
 

浪費には
確実に限界が存在します。

 
ただ……

 
「ただ、何?
 限界がないことでもあるの?」

 
ございます。
 

限界のない無限の
空間は

 〇考え方
 〇視点
 〇時間軸

を変えると
恐ろしいほどの広がりを見せてくれます。 

 

その秘訣は、

「個人、私心、小欲」

から、
 なるべく
  距離を取ることです。

 

「どういうこと?」

 

回りを見渡してみてください。

 
☆生活インフラとしての
  電気、水道、下水、ガス

☆交通手段としての
  自転車、自動車、バイク、鉄道、飛行機

☆通信手段としての
  電話、携帯、パソコン、
 
 
その他にも
医療技術、衣服、食事関係
などなど

 
忘れてはならないのは、
こうして意思を伝達する言語も

私達が
独自に発展させたものは
砂浜の中の一粒程度しかありません。

 
99.99999……%の
その他は、

先人や第三者の努力により
成り立っています。

 
お金は、
そうした卓越した技術を
利用するための
記号でしかありません。

 
「ふ~ん、
 ま、
 そう見えなくもないよね。
 で、何が言いたいの?」

 

私達も
1人1人が
引き継ぎ、

発展させてゆく
文化の担い手であることを
意識する。

 
その視点を
持てば、

限りある命に囚われることなく
小欲にまみれた欲望に足を引っ張られることなく、
無限の領域に足を踏み出すことができる。

そう考えています。

 
私が文化として
 昇華できるかもしれない領域は
  たった一つ。

そう、

「貸家業」

です。

 
徒手空拳である
サラリーマンを

経済的に独立した
事業規模の大家さんに
成長させる手段は
確立しました。

 

「ん、なこと言ってさ、
 どうせ、

 ・いい物件があるから買いませんか、仲介しますよ。
 ・特別な物件をお売りしますよ。
 ・管理を引き受けますから、安心ですよ。

 とか、
 なんとか言って、
 お金を巻き上げるんでしょ」

 
わかります。

 
そうした
不動産業者と同じアクションをしがちなのは、
よくよく理解できます。

 

しかしながら、
私はこれまでに

〇不動産を仲介してお金をいただいたことはありません。

〇物件を転売して利益を得たことはありません。

〇第三者の物件を管理して利益を得たことはありません。

 

しかも、
法人も設立していませんから、
宅建業者登録もしていません。

 
「なんで?」

 
それらの行為に手を染めれば、
それは、
タダの不動産業者です。

数多くの不動産業者に
1つの業者が増えただけのこと。

文化の担い手になることは
未来永劫、不可能となります。

 

徒手空拳のサラリーマンが
経済的に独立した
大家さんになるには、

不動産の良し悪しを
不動産業者に聞かなくても
自ら判断でるようにならなくてはなりません。

 

にもかかわらず、
自分が不動産業者だったなら、

お客を
お利巧に
するわけには
いきませんから、

不動産の良し悪しのツボなど
教えられなくなるのです。

 

文化にまで昇華するには、

自分だけでなく
数多くの人が

知識や知恵や技術を共有し、

高めあってゆく環境が
なければなりません。

 
工業製品のように
型枠で同じ姿かたちをした
大量の製品を製造しても
それは文化にならない。

 
そう思うのです。

 

私が提唱するのは
「貸家主義」です。

 
 〇貸家の意義を認め

 〇貸家の価値を高め

 〇貸家とともに生きてゆく覚悟を
 

もつことこそ、
貸家主義の本分!

 
さすれば、
皆さんの所有する貸家群は、
鶴の恩返しならぬ、

貸家の恩返しとして、
魔法の長財布を
与えてくれることでしょう。
 

共に学び
 共に発展させ、

可能であれば、
 皆さんが
  新たな貸家業の講師として

多くの兼業大家さん希望者の
 灯台に
  なっていただきたい。

 
心から、願っています。

 

以上、略儀ながら

暑中お見舞いとして。

 

      藤 山 勇 司
 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2018年 8月18日(土)13:30~16:30

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |

移民庁と賃貸需要

 

国(くに)、
もしくは、国家とは、

国民に選ばれた政府が領土・領海・領空を管理し、
完全なる自治権を行使している組織体です。

 

「なに、
 小難しいこと
 言ってんの。

 国は、国でいいじゃない。
 違うの?」

 

国という概念。

日本は四方を海に囲まれ、

日頃、
外国からの脅威を肌で感じていない為、

国家があるのは当たり前、
庶民はお上(おかみ)に
文句を言っていれば、
それでいい。

そうした能天気な民族性です。

国という組織体は、
不断の努力なくして
維持することなど
できません。

 

「そんな、脅すようなこと言っちゃいけませんよ。
 誰がどうするっていうのよ」

 

視点を西に目を転じると、
厳然たる事実が横たわっています。

 

その昔、
国家として完全に成立していた 
チベットやウイグル、

こうした国々は、
中華人民共和国の毛沢東の

『 人 民 解 放 』

という名のもとに、中国の支配下に置かれ、
大量の漢民族による移植により、
今では、国そのものが有名無実……。

両国の国名は、
その昔、あったかなレベルの
物語になり果てています。

 

「そりゃ、50年くらい前のことでしょうよ。

 今は……
 そうじゃないの?」

 

・ロシアのクリミア併合
・99年間リース契約されたスリランカのハンバントタ港
・香港の自治権縮小(中国からの影響力極大化)

 

驚いたことに、
国家の危機的状況は、
今も起こっています。

 

「いやいや、
 言葉は悪いけど、
 発展途上国のことでしょうよ」

 

いいえ、
難民問題に揺れるEU。

北アフリカや中東からの
難民受け入れは、
国民の組成を
土台から揺るがす一大事です。

EUの盟主と
自他ともに認めるドイツでさえ、
この問題から逃れることはできませんでした。

 

現在のドイツの人口は8284万人です。
そこに年間100万人から120万人の難民を
受け入れているのです。

 

「ふ~ん。
 そうなんだ。
 ……、でどうなった?」

 

移民を背景にした人々の総数は
2000万人を超えてしまいました。

早晩、総人口の30%以上を占めることになるでしょう。

 

「仲良くしてるんじゃないの?」

 

であれば、いいのでしょうが……

 

「どうなってんの?」

 

ドイツ語を話せない子供ばかりの小学校や
イスラム教的生活を重んじる 
ゲットーのような閉鎖された区域が生まれ、
地域住民との対立が生じています。

 

また、
こうした不満を背景にした
国家至上主義を
旗印にした政党も誕生し、
政治的混乱も招いているのです。

 

しかも、
移民の流入により、
都市部の賃貸物件は
異常な値上がりを続け、

2010年を100とすると
150を超えてしまい、
賃貸派住民の不満を招いています。

 

「たいへんだね~。
 日本は島国で良かったよ。
 難民船も来ないし」

 

そう見えるのでしょうね……

 

「ち、違うの?」

 

日本政府は
とうとう、
移民政策を
経済成長の柱とすることを
決めたようです。

 

「いやいや、
 移民政策は
 取らないって言ってるじゃない」

 
言葉はそうであっても、
実際の政策は、
真逆です。

 

事実、

「有効なビザを保有し、
 90日以上在留予定の外国人」

☆世界標準では、上記の定義を移民としています☆

人数は2015年の現時点で

1.ドイツ    201万6000人
2.アメリカ   105万1000人
3.イギリス    47万9000人 
4.日本      39万1000人 
5.韓国      37万3000人
6.スペイン    29万1000人
7.カナダ     27万2000人
8.フランス    25万3000人
9.イタリア    25万人
10.オーストラリア 22万4000人

 
です。

すでに、
日本は
世界標準から判断すると
移民政策に積極的な国なのです。

さらに、
菅官房長官は
7月23日のフジテレビの番組の中で
経済財政運営の指針である
「骨太方針」
に盛り込んだ
外国人労働者の受け入れ拡大に向けた
在留資格の創設に関し、

対象業種に
従来の農業、建設、宿泊、介護、造船に加え、
「外食・サービス・製造業」
も追加すると明言しました。

 

「え、そうなの?
 それってさ、
 全部じゃん。

 他の業種って、
 医者とか弁護士とか、
 資格業種くらいしかないでしょ」

 

お気づきになりましたか。

そう、
資格に基づく業種以外の
仕事は
全て、
外国人労働者に
解放する政策を決定しています。

しかも、
移民政策の大幅展開により、

移民管理局を
『 移 民 庁 』
に格上げしようとしているのです。

 

「た、たいへんだぁ……
 どうなるの?」

 

どうなるもなにも、
対処するしかありません。

すでに、
十年以上前から
進められていた政策ですから、
どんなに反対しても
押しとどめることは不可能でしょう。

例えるなら、
運動会の前日に
大型台風が迫っている状態と同じです。

 

「どういうこと?」

 

NHKや民間の天気予報で
超大型台風の進路予想が流され、
居住地を直撃することが濃厚であるのに、

 

☆(おまえら、明日は頑張れよ。父ちゃんが
  腕によりをふるって、弁当つくるからな!)☆
 
 
こんなオヤジだったとしたら、
奥さんもお子さんも呆れはててしまうことでしょう。

誰しも、 
大型台風の直撃など受けたくはありません。

しかし、
その可能性が濃厚ならば、

それに備えて、
戸締りや乾電池に緊急食糧などの
購入を進めるべき。

 

にもかかわらず、
大型台風の直撃はいやだ。
   ↓
きっと来ない
   ↓
こないなら、運動会は開かれる
   ↓
運動会にはお弁当!
   ↓
お弁当を作れば、皆喜ぶぞぉおお!!

 

能天気を超えて、
狂気すら感じてしまいます。

 

「どうすりゃいいの?」

 

賃貸物件を着実に増やすことです。

なぜなら、
移民の大幅な流入は
ドイツの例を見るまでもなく、
賃貸物件の家賃上昇が確実だから。

私たちが
今できることに、
全力で取り組むことこそ、

未来の
皆さんや
未来の皆さんの大切なご家族を
守る術となることでしょう。

 

兼業大家さんに幸あれ!

 

      藤 山 勇 司
 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2018年 8月4日(土)13:30~16:30

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |

天井川と平野

 

平成30年7月豪雨……

人的被害は死者209名、心肺停止1名、行方不明者20名
想像を絶する被害でした。

心よりのご冥福と
早急なる復興を願っております。

 

テレビ報道を見ていますと、

・気象庁の警報の出し方
・国土交通省のダム放水の是非
・政府の対応の迅速性

マスメディアに野党、
そして、各界の専門家が
るる述べていらっしゃいます。

それぞれの意見には
根拠があるのでしょうが、
私には、

「泥縄」
(事が起こってから、あわててその対策に手を付ける様を嘲ること)

の様に思えます。

 

土地は、
長い時間をかけて動き続けています。
 
短く解説いたしますと、

〇マントルの動きにより、造山運動から地面が隆起し、峻嶺(しゅんれい)な山ができる。

〇寒暖差や雨水、そして植物の根により岩石は風化を続け崩壊

〇土砂が下流を埋め扇状地(平野)をつくる。

〇人が定着し、河川の管理をする

〇自然の猛威に抗しきれず、

〇河川は決壊……
〇土砂崩れの発生……
〇幹線道路の寸断……
〇水道の断水……
〇排水路の崩壊……

以上が
主な変化です。
 

「でもさ、
 ここ最近さ、
 凄くない?

 以前もあったけど、
 これほどじゃなかったような気がする。

 確か広島で、前もあったでしょ。
 八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくちあしだに)とか
 の地名が八木町だかになっていた場所とかさ」 

 
平成26年(2014年)に発せ下広島土砂災害ですね。
犠牲者は77人でした。
 

なぜ、こうした土砂災害が頻発するのかというと
岩石の風化が一つの原因です。

中国地方の山は
約1億年前の佐川造山運動により出来上がったものであり、

表面の花崗岩は風化し、ボロボロと崩れる真砂土になっているのです。

 
「かこうがん……
 あの硬い石がボロボロになるんだ。
 でも、なんで最近多いの?」
 

それは、偏西風により中国から来るPM2.5が
空気中の湿気と結びつき凝結し
雨粒となります。

雨粒の核が次々と風に乗ってやってくるので、
西日本全体の雨量が上がっているのです。

お隣の国のことであり、
直ぐに排気対策が取られることはないでしょうから
今後も激甚な雨による災害は避けられないものと考えます。

 
「どうすりゃいいの?」
 

〇変化した
 現状を
 ありのまま
 受け入れ、

〇無駄と思っても
 対応策にお金をかけ、

〇災害が起これば、
 復旧に国を挙げて
 取り組む。

 
記述していて、
歯がゆいのですが、
これしか対応策はないものと考えます。

<変化した現状>
 西日本には、
 中華人民共和国からのPM2.5の流入により
 激甚な大雨は起き続ける。

<対応策>
 河川流量は通常の1000倍から
 3000倍の流量になることを想定した
 対応策を考え、予算付けをして、
 国民的合意を取り付ける。

<復旧策>
 激甚災害は、
 個々人もしくは罹災した市区町村単独で
 対応は不可能であることを前提に
 国の全面支援を基本とし、
 毎年の予算を計上してゆく。
 

掛け声だけでは、
土砂一つ動かすことはできません、

ボランティアの皆さんに期待はしても
充てにするべきではありません。

彼らにも日常の生活があり、
守るべき家族がいるのです。

 

予算計上……

四角四面で
お役所的言葉のように思われるでしょうが、

この
<予算>
がなければ、何も動かない。
 
このことを
どうか
ご理解願いたい。

そして、
災害も
誰かの責任や対応に避難を浴びせるのではなく

〇現状をありのままに受けとめ
〇対応策を考え
〇発生後の措置を十分に練り上げる

ことこそ、
通常生活の中で行うべきことだと考えます。

とかく、
喉元を過ぎれば、熱さを忘れてしまいます。

予算を削りすぎると、
対応策など
何もできないのです。
 

「なるほどね。
 て、ことは
 関東は
 あんまり関係ないんだ」
 

いえ、
そうとも言い切れません。

 
「なんで?
 バケツをぶちまけたような
 雨は降らないんでしょ」
 

と、申しますのも

〇江戸川
〇隅田川
〇中川 
〇荒川

など、
関東平野を流れる河川は
いずれも天井川だからです。

「て、てんじょうがわ?
 どういうこと?」

天井の高さを超える高さで流れる川と書いて、
天井川です。

そもそも、
風化した山の岩石が洪水で土石流となり、
海に流れ込んで形成された大地が
扇状地です。

扇状地は関東平野をつくり
濃尾平野と作り、
海に面した各地方都市は
洪水の果てに生み出された
大地です。

 
「でも、
 今は洪水なんてないじゃない」
 

そう、
それゆえ、

川床には
本来平野をつくる土砂が溜まり、
川床を高くする。
 ↓
堤防が低くなると堤防を嵩上げする。
 ↓
気づくと堤防が天井を超えている。

このような経緯を辿り
天井川は年々高くなっているわけです。

いったい、
いつまで続けるのか、
仮に100mの天井川まで……

私からすると、
河川の浚渫は時間とお金がかかりすぎるので、

河川の下に巨大な暗渠(トンネル)を作り、

流量が大幅増加した場合は、
暗渠からも河川の水を流す仕組みを作り上げるべきだと考えます。
 
まぁ、
これも莫大な予算を必要としますから
国民的なコンセンサスが不可欠ですが。

 
「じゃ、どこもかしこも
 危険な場所ばかりじゃない。
 不動産なんて買ってる場合じゃないでしょ」
 

リスクがゼロの場所なんて
ありません。
 
どの場所であっても
危険はある。

しかしながら、
災害に罹災する危険性は事前に調査できます。
 

国土交通省は
阪神淡路大震災から以降、
ハザードマップを緻密に作り上げています。
 

問題は、
こうした資料を
しっかりと活用するかどうかです。

よく、
文句だけ口にする方々は、

 
「ぜんぜん知らなかった」
「聞いたこともない」
「ちゃんと知らせてくれないと、
 ダメじゃない」
 

と、
自ら調査していなかった事実を
他人の責任とし、
進歩がありません。
 

そうではなく、

「市区町村名 ハザードマップ」

で検索し、
購入対象の場所が
危険なのかどうか
を理解した上で判断なさってください。

ちなみに、
 
私は、
土砂災害が
予想される物件は一切購入していません。

なぜなら、
建物は土砂崩壊や土砂流入に
極めて脆弱であり、
対応できないからです。

そして、
仮に、段差のある物件を
検討する場合であっても
地山が堅固な
物件しかリストアップしません。

以上、
ご参考にして頂ければ、
幸いです。

 

            藤山 勇司
 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2018年 7月29日(日)13:30~16:30

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: アパート, マンション, 一般売買, 全記事, 大家業, 戸建て, 生き方, 競売 |