お年玉ジャンケンと富岡八幡宮への初詣

1年前の昨日、1月15日……。

私は、墨東病院の外科病棟手術台に
まな板の鯉よろしく
意識のないまま
腹をかっさばかれ、
小腸を50cm除去されていました。

あれから1年が経過。
今のところ、
今日明日、息を引き取る様子はございません。

さて、
戌年の平成30年が始まりました。

それぞれの家庭で
独特の習慣があるものと存じていますが、

我が家の

”お正月の恒例”は、

なんと言っても

『お年玉ジャンケン』

から始まります。

今年は1月4日に実施いたしました。

「おとしだま……じゃんけん
 聞いたことないな。
 って、待てよ。

 確か、
 広島出身だから、
 その辺りの習わしか
 なんかなの?」

確かに、
仁義なき戦いの主戦場である
広島県の呉市で生まれ育ったものの、

お年玉ジャンケン

のような

バクチとお年玉を掛け合わせたような
習慣はございません。

私の
独断と偏見で決定し、

上の子供が幼稚園就学前から
始めていますので、
かれこれ18年連続の恒例行事です。

「ふ~ん、
 それで、どんなことやるの?
 お年玉、なんちゃらは」

お年玉の基礎金額は2500円でして
5回の“赦しジャンケン”があります。

そして、
私とジャンケンをして
勝つと、お年玉は500円追加されます。

そして
負けると、スコアーカードにドクロが1個書き加えられ、

5個のドクロで一杯になると、
そこで辞めても良し。

まだまだ勝負したいなら、
基礎金額から500円で勝負権利を1回購入し、
新規の勝負に臨みます。

つまり、
全部勝負すると5回の赦しと基礎金額の5回(2500円÷500円)の
合計10回負けることができるのです。

「へぇ~、
 面白そうだね」

めちゃめちゃ、面白い!

それも、
私もそうですが、 
子供たちも一様に盛り上がります。

なにせ、
過去には連続8回負けたことがあるのです。

つまり4000円(500円×8回)が
ヒラヒラと子供たちに飛んでゆくのですから、

子供はゲラゲラ笑い転げますし
それを呆然と見ている私は、顔面蒼白……

見事に落ち込んだ私を見た
子供たちは腹を抱えて笑い転げていました。

あの時は、
何を出しても負けるような気がしたものです。

今回は、

5回のドクロを書いた時点で
子供は3人ですから

15ドクロ対10エンジェルで
父親である私の勝ち越し!

例年のようにこれで終わるのかと思っていましたら、

長女は今年、1勝もできなかったからか、
延長戦を申し出てきて

場面は変わり、 
他の子供たちも次々と延長戦を申し込んできました。

((まてまて、ヤバいな。こりゃ大負けしそうだ。
  引き締めんと、10回連続負けもあり得るぞ))

生唾ごくりと飲み込みながら、勝負を続けた
結果は、

〇長女は
 1勝2負けで長女の勝ち
〇長男は
 0勝1負けで長男の勝ち逃げ
〇次女は、
 1勝1敗でイーブン

合計で2勝4敗。

私の負け越しでしたが、
トータルでは
17勝14敗のギリギリの勝ち越しで終わりました。

そして
東京で過ごすお正月は、

お年玉ジャンケンから雪崩れ込む
富岡八幡宮への初詣です。

「えっ!?
 殺人事件のあった
 あの神社じゃないの?」

正解!

実は、
 富岡八幡宮では

  〇結婚式を挙げ
  〇披露宴をし、
  〇子供の七五三をすべて行い
  〇長女の成人式の祈祷を行い
  〇富岡八幡宮の崇敬会の会員

ですから、

初詣は、
ここ以外考えられません。

「誰か反対しなかったの?」

まぁ、当然の反応のように

(大丈夫かな……)
(縁起がさ、悪くなるんじゃないの?)

という声はチラホラと聞こえてきました。

「どう答えたの?」

私は、
普段来ている人が
来ないだろ。

神様はさ、
残念に思っているよね。

そんな時に
相も変わらず参拝してくる人の顔はさ、
きっと覚えてくれるんじゃないの?

パパだったら、
そうだな。

と、答えました。

「パパって呼ばれてんの?
 オヤジかと思った」

まぁ、小さいころからのクセですから、
そのうちに、
呼び名も変わるのでしょうが、

次女はパパさんとか、なんとか
気分によって呼び名は変えている様です。

まぁ、
そんなこんなで富岡八幡宮に行くと、

参拝客は10分の1……
ガタ減りしていました。

「どこ行ったの?」

300m先に
成田山がありまして、 
そちらに変更していたようですね。

門前仲町は
富岡八幡宮の神社と

成田山のお寺さんがありますので、

参拝客は神社もお寺も、一緒くた!

どちらでもいいのでしょう。

お札売り場やおみくじ売り場も閑散と静まり返り、
並ぶ必要もなく、お客よりも巫女さんや係の男性の方が多いほどでした。

私は

『頑張れぇええ! 応援しているぞぉお』

と、
力強く拳を突き上げました。

戸惑ったように苦笑いを浮かべていたのが印象的でした。

そこから、
迷いながらのお店選びが始まります。

なにせ、
いろいろ見ながら、お店を決めるのも楽しみの一つと考えているので
予約は取りません。

ようやく腰を落ち着けることのできる
門前仲町のお寿司屋で

5時半~11時半まで6時間
飲んで喰って、

お正月は終了!

恒例行事は無事、
終了いたしました。

皆さんのお正月はどうだったでしょうか。
 より良い年になりますよう、
  お祈り申し上げております。

     平成30年1月吉日
       藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 未分類, 生き方 |

出来立てのレクサスと大工さん

覚えていらっしゃるでしょうか、

 『いつかはクラウン……』

1970年台から1980年台まで、
トヨタを象徴するキャッチコピーでした。

トヨタの車種はアルファベット順。

Cで始まる大衆車のカローラから
コロナ、そして

”いつかはクラウン”

へと続いていました。

なにしろ、
石坂浩二さんのバリトン張りの
落ち着いた印象の声により、
強烈な説得力でした。

私は1963年の生まれですから、
誰に強制されることなく、

(クラウンが国産車の最高級車なのか)

と、どこかで納得していたものです。

「じゃ、クラウン買ったんだ」

いいえ、とんでもありません。

お高いじゃないですか。

それに、
無理して買うほどの”物”じゃありませんし、
赤の他人の敷いたレールの上を歩くことに、
寒気を覚えるほどの拒否感を覚える性質(たち)!

それに、
バイクや箱スカをこよなく愛し、
四つ輪に対抗意識を燃やしていましたが、
最後は、やはり地元企業であるマツダのペルソナを黄金色に塗装して
乗り回していたのです。

「ふ~ん、なんか暴走族みたい……
 で、今は何乗ってんの?」

クルマは所有していません。

住んでる場所が江東区南砂、
東西線の東陽町から徒歩圏。

それに、バスもタクシーもあるので、
移動に不自由しないのです。

ちなみに、あれほど愛していた
バイクも乗っていません。

「なんで?」

友人がバイクで頸椎を骨折し、
ほどなくし、亡くなった故です。

あんなに、元気だったのに。
あっという間の出来事でした……。

「まぁ、バイクだからね。
 で、何が言いたいの?」

クルマもバイクもありませんから、
お買い物をするにもタクシーならぬ、テクシー!

多少、古めでしょうか(笑)

そんなとき、
よく目にするクルマのディラーがあります。

「何? やっぱ、トヨタだろ。
 クラウンが陳列されていて、
 ””今こそクラウン””
 って、衝動買いしたんでしょ」

いいえ、

気になるのは、
クラウンではなく
レクサスです。

「ああ、レクサスね。
 そういやぁ、
 レクサス推してるよね。
 クラウン陰ってるでしょ。
 個人タクシーでもクラウン乗ってる人いるし、
 なるほど、
 ”今はレクサス”
 か、
 で、何買ったの?」

買いはしません。
必要性を1ミリも感じないからです。

買うなら、
中古不動産ですね。

今月も買い増ししました。

新年には、リフォーム工事が待っています。

「ふ~ん、
 でもさ、レクサスって高くない?
 1000万円なんて、
 平気で超えてくるでしょ」

その通り、
もし、我が家に迎え入れるとしたら、
レクサスLSハイブリッドなのですが、
新車価格は1310万円!

中古車価格は
新車価格を超える1475万円から1528万円!

まさに、中古アパートを即金で買える金額です。
クルマは、

 〇ガソリン代
 〇駐車場料金
 〇税金
 〇損害保険
 〇メンテナンス費

などなど
維持費がかかります。

もし、同じ金額でアパートを購入すれば、
お金をもたらしてくれるは、自明の理。

仮にレクサスに乗りたいなら、
アパートからの家賃で、
必要な時に
レンタルすれば、お釣りがくることでしょう。

「まぁ、そうだろうね。
 って、ことは
 高級車を買う金があったら、
 貸家を買って、
 レンタルをしなさい!
  って、ことを言いたいの?」

いえ、
 人の満足度は、 
  それぞれ違います。

ですから、
買いたい人は買えばいい。

ただ……

「ただ、何?」

ふと思ったのです。

「何を?」

レクサスハイブリッドを店頭で買うとしたら、1310万円ですが、
工場出来立て”ほやほや”。

湯気がでている状態の価格は幾らくらいだろう?

と、

「えっ!? 妙なこと言うね。
 でも、いくらくらいだろ……
 1000万円くらいかな。
 ま、考えたって、仕方ないでしょ。
 売ってくれるはずないし」

商品の流通経路は

メーカー
 ↓
卸売業者
 ↓
小売店
 ↓
一般消費者

と言う構図で構成されています。
 
私が見たレクサスのお店は、小売店ですね。

また、メーカーの中にも

 ・原材料の仕入れ、
 ・加工
 ・取引業者がから仕入れ
 ・組み立て
 ・検査

という、形で工場を出荷してゆくことになるのですが、
通常の商品形態で言うと、

工場出荷額は30%
本社がそこに利益を乗せて、
卸売業者に55%前後で出荷し

卸売業者は小売店に65%~70%で卸し、

小売店が定価から1割前後の
値引きしろを持った状態で
一般消費者に売る

という形態になります。

「ふ~ん、
 でもさ、
 工場からでてくる金額が
 なんで3倍にもなるのよ」

考えてもみてください。
製造工程とは関係のない、

〇各種コマーシャル
 → ”いつかはクラウン”などなど
〇会長室に社長室にハイヤーに秘書
〇豪華なパンフレット
〇営業マン
〇豪華な店舗!
〇巨大な本社ビル

その全てを、
一般消費者が払っているのです。

「なるほどね、
 まぁ、マイカーはぜいたく品だしね。
 オイラ達には関係ないな」

そうでしょうか?
 では、
  新築住宅の実態は?
   それに、
    住〇不動産や
     〇友林業が推し進めている
 スケルトンリフォームや新築そっくりさんは
  どうでしょう?

彼らのうたい文句は、
 新築価格の50%~70%で
  新築同様のリノベーションが
   実現できるので、
    お得だと、
     各種、コマーシャルや営業マンが走り回り

 受注に向けて日夜、走り回っています。

「ああ、知ってる。
 最近、結構人気だよね。
 問い合わせてみようかな」

おやめなさい。
 彼らの手のひらで踊るのは、
  みすみす損をするようなものです。

「なんで?」

クルマ業界で
工場出荷直後の新車を現金買いなどできません。

なぜなら、
 工場はメーカーの物ですし、
  販売店は各種契約で縛られ、
   ルート以外の販売は禁じられているからです。

ところが、
リフォーム業界の工場とは何でしょう?

「え、リフォームの工場?
 やるのは大工さんだからさ、
 あるわけないじゃない」

そう!
 大正解です。
  おわかりじゃないですか。

誰が何といっても、
 大工さんや内装業者さんは
  独立自営の方ばかりです。

 常雇いの雇用形態であっても、
  仕事が薄ければ、
   自ら仕事を取ってきて、
    手間賃仕事をするのはお手の物!

 大手不動産会社に首根っこを 
  押さえつけられているわけではありません。

「って、ことは?
 大手で働いている職人さんに
 直接頼めるのか……」

そう、
 大大正解!
  膨大な宣伝量や
   本社の維持経費や
    幹部の飲み代を支払うことなんて
     一切ないんです。

だからこそ、
 私たちは、
  どこを直すべきか、
   どこを取り換えるべきか、
    カラーリングはどうすればいいのか、

 職人さんに指示ができるだけの
  知識を得れば、
   それだけで、
    工場出し価格で依頼できるのです。

「で、できるかなぁ……」

大丈夫!

本業がありながら、
兼業大家さんを目指すほどの
マルチタスクをお持ちの皆さんであれば、
必ずや必要なスキルを身に着けられます。

共に、
 あわてず
 あせらず
 あきらめず

一歩、一歩、
 歩んでまいりましょう。

カテゴリー: アパート, マンション, リフォーム, 一般売買, 全記事, 大家業 |

意識と時間


来年の1月1日で55歳になります。

昔であれば、
完全に引退している年齢です。


だからでしょうか、
ふとした時に、
昔を振り返り、
子供たちに
問わず語りに話しています。


「ふ~ん、で何を話すの?」

ここ最近の話題ですと、

< 意識と時間 >

です。

話した場所は、錦糸町駅前の叙々苑。

「リッチだねぇ~」

長女の22歳の誕生日と
英語検定1級合格のお祝いを
兼ねての宴席ですので、
どうかご容赦のほどを。

「で、どんな話なの?」

意識、
一言で申し上げますと、
意識には

 〇表層意識
  → 普段考えている意識。
 〇潜在意識
  → 夢で出たり、感情として噴出する 
    普段は知覚できない意識。

の2つの車輪で構成されています。

そして、
大事なのは、
表層意識ではなく、
表層意識を支える大きな領域を占める潜在意識です。

私は、
氷山と一緒でして
海の下に隠れる9割を占めるほどの大きさを持つ
潜在意識を無視してはならないと伝えました。

「ふ~ん、せんざいいしきねぇ。
 で、そいつを無視するとどうなるの?」

・やる気がでなくなります。
・努力しても、努力しても成果らしきものは出て来ません。
・継続しても失敗ばかり重ねてしまいます。
 
「えっ! そうなの?」
 
はい。

本音を無視すると、
表層意識を叱咤激励しても、
隠れている潜在意識は、
大きく、頑固なので
 どうしもなく、
  動かそうとすればするほど、
   根をはったように動かなくなります。

「どうすりゃいいの?」

ぽっと湧いて出てくる
心の奥底からの声を
聞き耳をたてて
慎重に聞くことです。

「どんな風に?」

潜在意識からの表現は、
感情に近い……。

損か得かよりも
好きか嫌いかが
大きな判断基準です。
 
ですから、
スポーツが好きな人もいれば
勉強が好きな人

  そして

歌や踊りが好きな人
などに別れます。
 
 ”好きこそ、物の上手なれ”
 
好きなジャンルに
集中するべきです。

決して、
スポーツに関心が向いている方に
勉強を押し付けてはなりませんし、
逆もまたしかりです。

例えば、
今回、 
英検1級に合格した
長女は、
数学は大っ嫌い!

高校に進学した際も
数Ⅰで、挫折し
数学を嫌い嫌悪するようになりました。

それを見た私は、

 「数学はやらんで良し!
  お前さんは英語が好きそうだから、
  そこを伸ばせ!

  数学は得意な奴に任せれば、
  この社会は大丈夫だ」

と、
数学の呪縛から解放しました。

「ふ~ん、
 好きなことをやれってことか。

 でもさ、
 好きなことって
 良く変わるんだよね。
 そんな時はどうすりゃいいの?」

時間です。

6か月変わらなければ、
その好みは本物と判断していいでしょう。
コロコロ変わる指向に
振り回されてはなりません。

「他には?」

時の流れと、瞬間の関係です。

「しゅんかんって、
 ”あっという間”の
 あれかい?」

そう、
 実は、
  言われてみれば、 
   当然のことですが、

時の流れも
 「あっ」と言う
   瞬間が積み重なりです。

そして、
 私たちに自由にできるのは、
  時間の遣い方……。
 
この瞬間に何をするのか、
  今日は何をするのか、
    今、何をするのか

その積み重ねが人生となるのです。

その事実を
 焼肉を喰らい
  ビールをジョッキで流し込み
   タバコを吸いながら、

延々と話し続けました。

「なんで、
  お祝いの席でさ、
   そんなかたっ苦しいこと
    話すの?
 バンザイ三唱でいいでしょ」

 これも、
  私の選択の一つです。

   彼らと一緒に生活する時間は
    じりじりと少なくなっています。

 あれも伝えたい
  これも引き継ぎたい。
   そうは思っていても、

  彼らも私も
   日々のタスクが待っています。

だからこそ、
 ご馳走を目の前にして
  祝いながらも、
   これからのこと。

特に、
 私がこの世を卒業し、
  彼らの相談相手になれない以降のことを
   前提として話しました。

皆さんは、
 誰にどんなことを
  お伝えしたいと思っていらっしゃるでしょう?

もし、
 お考えがあるなら、
  なるべく、

 機会を捉えて、
  実行なさった方がいい。

なぜなら、
 時の流れは無常でして、
  思わぬ時に
   人生の最後を迎えることもあります。

事実、
 私は今年の1月15日に
  腸閉塞で小腸を50cm切除いたしました。

人間至る処青山有り
(じんかん いたるところにせいざんあり)

幕末の月性和尚の言葉、
胸にしみいります。

藤山 勇司

============================
藤山勇司公式サイト
ソーシャルリニューアルしました!
============================

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

■Facebookページ いいね!はこちらから

■LINE友達登録はこちらから

■Twitterフォローはこちらから

================================

カテゴリー: 全記事, 生き方 |