時の流れと故郷

TOKYO……
沢田研二さんの持ち歌ではありません。
華の都、東京、メガロポリス東京です。

思い返せば、
広島県呉市に生れ落ち、
愛媛県松山市で5年をかけて
愛媛大学を卒業し、
就職のため、
東京に活動の場を移して34年目になります。

 

「なんか、しんみりしてるね。
 どうしたの?」

 

昨夜、
東京メトロ「日本橋駅」から銀座線に乗り換える際、
延々と続く階段を登り続けながら……

 
 
「エスカレーター乗らないの?」

 

現在の体重は93キロ……
気を緩めると、0.1トンになりかねない
危険な体形ですから、
階段は苦手の部類。
エスカレーターがあれば
迷わず、そちらを選びます。

幸か不幸か、
2020年東京オリンピックを控えているからでしょうか。
銀座線と東西線が交差する日本橋駅は
全面改装中でして、エスカレーターが使えない場所も。
昨夜は、唐突にフィットネスを強制されました。

無心に上り続けたからでしょうか、
ふと、
平成10年に自己破産を申し立て、
この世から消滅した、
大倉商事株式会社に
西船橋から銀座まで通っていたころを
思い出しました。

東京には、
誰一人、
知人も親戚もいませんから、
松山から上京した私の住まいは、
西船橋の独身寮一択!
東西線には
当時から
お世話になりました。 

ただ……

 

「ただ、何?」

 

最初は、
驚いたものです。

 

「何に?」

 

地下に
延々と続く階段があり、
その階段を
隙間なく
埋めつくす人、人、人。
地下鉄車内は
ナチュラル”おしくらまんじゅう”
冬などは
霞みや、靄がかかり、
汗をかくほどでした。

通勤ラッシュの波と逆だったからでしょうか
昨夜の車内は、
殺気だつほどの混雑ぶりではなく、
新宿まで移動。

そこから歌舞伎町の
会員制スナックに向かいました。

 

「へぇ~、歌舞伎町……
歌でも歌ったの?」

 

いえ、
母校、呉宮原の先輩が
主催されている
会合に顔を出しました。
最初にお会いしてから
15年でしょうか。
当初は、毎月。
3年ほど前から隔月の会合です。

 
参加されている皆々様は
母校や呉市出身者だけでなく、
先輩の友人やお仕事の関係された方など
多士済々……
仕事を離れ、
それぞれの感じている森羅万象を
気兼ねなく話せる
貴重な機会です。

主催されている先輩は
私の16期上ですから、
年齢は72歳でありながら、
気力充実の現役です。
 

会の中盤、
三々五々、
メンバーが集まったころ、
先輩がマイクを握り、
吉田拓郎さんの
「元気ですよ」を 
歌われる直前。

思いもせぬ、事実を知らされました。

 

『5月の始め、
 〇剛が逝ってしまいました。
 昨年は、〇田が旅立ちました。
 残念ですが、私達も何れ逝く身です。
 ですが、それまでは
 ”元気です”と言って生きてゆきましょう』

 

〇剛さんは、
小林幸子さんの元マネージャー。
〇田さんは、
JTの元役員。
どちらも16期上の宮原高等学校の先輩です。

酒席で共にしていた方々が
現実に
この世を卒業してゆきます。 

34年前、
TOKYOに、
誰一人知り合いはいませんでした。
それが、
今では、
家族を筆頭に
多くの友人や業者や
そして
セミナーの受講生など
数多くの方々がいます。

にもかかわらず、
郷里の先輩の訃報に接すると、
時を遡り、
呉で過ごした頃が
まざまざと蘇ります。

呉で過ごした時間は18年。
東京ではその倍に近い34年
であるにもかかわらず……

もしかすると、
東京での時間は
長い長い旅の途中なのかもしれません。

 

「じゃ、いつか呉に帰るの?」

 

その選択肢はありません。
呉の生家は
すでに売却され、
親や兄弟もいませんし、
賃貸物件も保有していません。

このまま、
東京で過ごすことでしょう。

その東京に
ドナルド・トランプさんが
令和初の国賓として
来日されました。

ゴルフに大相撲観戦、
炉端焼きに舌鼓を打ち
令和天皇に謁見され、
宮中晩餐会に主賓として参加。
翌日は、
ヘリコプター搭載型護衛艦「かが」
を視察され、
帰国されました。

トランプさんの年齢は72歳。
あのまま、
プロレスのリングにあがれそうな
体型と足取り。
年齢を感じさせない気力と迫力は
圧巻でした。

この世を卒業してゆく先輩の
傍らには、
中国、ロシア、北朝鮮にイランと
真向から向き合い、
嬉々としてディールをする人物も
現実に存在しています。
どちらも72歳……
 

この世で過ごす時間の長短ではなく、
託された使命によるものか、
もしかすると、
それぞれの
時の流れが
違うのかもしれません。

側聞したところ、
トランプさんの祖父とお兄さんは
アルコール依存症で早逝され、
遺言として、
トランプさんに
「アルコールから遠ざかれ」と
残されたそうです。

自分達を反面教師として、
生かしてくれとの願いだった。
私にはそう思えます。

昨夜は、
会がお開きになった後、
後輩1人を連れ、
ゴールデン街に繰り出し、梯子酒。

彼は呉宮原の出身ではなく、
東京生まれの東京育ち、
年齢は42歳ながら
居酒屋チェーンの創業者です。

彼の夢は世界進出!
マズイ料理で有名なロンドン進出を
口にされていました。

彼の時の流れも特有のユニークさ。
耳を傾けながら、
杯を重ね。
楽しい時間を過ごしました。

令和に乾杯!
様々な想いを胸に
タクシーの中、
住所を告げ、
夢の中に引きずり込まれる
一夜でした。

 

飲み明かした翌日、想いのままに。

 

藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年6月15日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 パーマリンク