老後2000万円問題 & 祈祷生活の果て

令和元年6月11日、
 麻生金融担当相は、眉間に深いシワを寄せ、
 会見場に臨みました。

 

「麻生さんは、いっつもシワ寄せてるでしょ。
 あの人ってさ、
 ホテルの会員制ラウンジで
 葉巻ふかして、ブランデー舐めてるイメージだよね
 で、何があったの? また、不祥事?」

 

 不祥事と言えば不祥事。
 もしかすると、
 財務省のリーク?
 もしくは計算づくかもしれません。

 

「なになに?
 なんか、一気にきな臭くなってきたね。
 モリカケは、もう古いし、
 もしかして2000万円ないとダメよって奴かな」

 

 正解です。

 麻生さんは、会見場で
 『世間にぃ、まぁ著しい誤解をあたぇており、
  これまでの…政府の政策スタンスと異なるのでぇ
  (金融庁の審議会による)正式なぁ、
  報告書としては、受け取らない』
 と、苦々しく述べられました。
  
 これは、私の独断と独善ですが、
 表向き、財務省と二人三脚で
 政務を執行されているのが麻生さんです。

 財務省の悲願は、
 消費税の上昇傾向の持続!
 今回は8%から10%ですが、
 今後もドンドン上げ続け
 税収の大半を
 景気と左程相関関係のない
 消費税で賄いたいというのが
 財務省の基本路線です。

 ですから、
 未だにくすぶり続ける
 消費税の再々延期は
 なんとしても
 阻止したい……
 このまま、延期ということになると
 消費税上昇の永遠の凍結ということもあり得る。

 そうなると、
 税金を配分することにより、
 日本を牛耳り続けてきた
 財務省の地位は
 下がる。
 最悪、
 景気を持続させるための
 政府の下部機関になり下がることも
 否定できない。

 そこで、
 ””老後を支える年金は
 本当は足らないのだから、
 消費税は、必要なのだ!””

 と、
 金融庁の審議会に
 ハッパをかけて、
 報告書という形で
 観測気球を上げた……

 報告書を作成するのは
 金融庁の審議会ですから、
 財務省が直接被害を
 受けることはない。
 
 さらにさらに、
 政府に対しても
 この突然のリークを
 匕首(あいくち)として

 ””もしも……
  消費税10%の上昇
  を凍結という
  暴挙に出たなら、
  わかっていますよね……ふふふ””

 と言う
 脅しにも使える。

 金融庁の審議会の審議員は
 全員が財務省に従順な
 学者や有識者ばかりですから
 あ~も、す~もなく、
 右に倣え。
 財務省の意向を忖度した
 意見書を取りまとめた……

 ところが、
 野党は
 新たなモリカケの
 出現と
 大騒ぎ!

 マスコミも
 ・緊迫する米中貿易戦争
 ・G20
 ・首相のイラン訪問

 など、
 日本を取り巻く重大事 
 については、
 アリバイ造りで
 ちょっと触れるだけ。

 その昔の
 消えた年金問題と
 同様の扱い。

 このままでは
 令和元年の夏の
 参議院選挙にも
 響くとして、

 閣僚及び二階さんとも
 協議を重ね、
 麻生さんは、
 報告書を受け取らない
 決定をされた。
 
 私の見立ては以上です。

 

「へぇ~
 講釈師ぃ~
 見てきたようなウソを言い……
 じゃないけどさ、
 なんか、真に迫ってるねぇ。
 でもさ、
 そもそも、
 年金って
 いつから始まったの?」

 

 官僚や政治家に軍人恩給
 などは明治の半ばから
 存在していましたが、
 一般市民に
 適用されるようになったのは
 昭和36年(1961年)。
 その頃の日本は、
 高度経済成長の真っただ中。
 人が幾らいても足らない状況でした。

 ただし、
 都市の労働者は
 すでに何らかの仕事についており、
 求人募集しても無駄骨に
 終わります。
 では、地方はと言うと、
 年老いた両親の面倒を見るのが
 子供の役割として
 定着していましたから。
 次男は長男が早く亡くなった時の保険ですから
 遠慮なく都会に送り出せるのは三男以降……

 労働者の絶対数が足りませんでした。
 そこで、
 政府は、
 年金制度をパタパタと
 取り決め、
(長男がいなくても
 ご両親の面倒は政府が
 見るから、
 安心して……)
 と、懐柔策を取った。
 事実、
 最初の年金を受け取った方々は
 1年にも満たない
 総額数百円の掛け金で
 満額の年金を受け取り続けたわけです。 

 

「って、ことは
 田舎のばぁちゃんや
 じいちゃんから
 子供を取り上げて
 都会に送るための
 方便で始めたのが
 年金ってこと?」

 

 正解。
 悲しいかな、
 それが真実です。
 その後、
 地方から都会への
 人口移動は
 止まることなく、
 進み続けてきたわけです。

 

「で、2000万円問題は
 どうなるの?
 重要なのは
 これからのことでしょ」

 

 年金が足らなくなった、
 主要3ポイントは、

 ・都市生活の定着
 ・子供の数の減少
 ・平均寿命の延長

 以上です。

 〇都市生活の定着
  その昔、
  自給自足をしていた時代、
  お金は左程必要は有りませんでした。
   水は井戸から
   米は田んぼから
   海や河で魚を釣り
   お金を払うのは衣服や
   農作業の道具くらい。

 それが、
 都市生活では
 水もお米もなにもかも
 お金がなければ、手に入りません。

 〇子供の数の減少
  団塊の世代の子供の数は280万人です。
  一方、
  2018年の子供の数は91万8000人…
  3分の1以下になっています。
  将来、老人を支える現役世代が
  減り続けるのですから、年金の破綻は明らかです。

 〇返金寿命の延長
  現在、しきりにテレビや新聞や雑誌で
  目にするキャッチコピー
  それは
  ”人生100年”
  その昔、
  55歳まで働いて、
  70歳まで死ぬまでの
  15年間
  年金で支える……

 これが、
 年金の基本的な構造です。

 ところが、
 ・医療の進歩、
 ・栄養の発展
 ・危険な社会環境から安全な社会秩序

 により、
 寿命はドンドン延びた。

 結果として、
 年金の支給年齢を延長し、
 老人であっても
 労働している老人の年金は
 所得に応じて、削減する。
 しかも、 
 企業には70歳まで雇用を
 義務付ける流れまで出ています。

 

「で、2000万円の
 不足って言うか、
 金融庁の審議会の
 報告書は
 真実なの?」

 

 当たり前のことです。
 2000万円であっても
 足りないかもしれません。

 

「なんで?」

 

 と、申しますのは、
 60歳で辞めて
 年金で100歳まで
 生きるとします。

 働き始めたのは22歳とすると、
 60歳までの38年間
 労働したわけです。
 一生の年月が100年ですから、
 労働時間は約3分の1……
 これで、
 満足な生活をしろというのが
 土台無理な幻想です。

 

「はあぁ、
 実も蓋もないね。
 やっぱ、貯めないと
 いけないってことか……」

 

 いやいや、
 現役世代で
 老後を考えながら、
 窮乏生活をし続けたとしたら、
 それこそ、
 身体を悪くして、
 70歳まで生きることも困難。
 虻蜂取らずと、なりかねません。

 

「やっぱ、
 大家さんかなぁ…
 でも、
 人口減少だし
 レオパレスみたいなこともあるし
 どうすりゃいいんだろ?」

 

 確かに
 日本の人口減少は
 一朝一夕に止まる気配はありません。

 しかしながら、
 移民はドンドン増えてくることでしょう。
 2015年の移民人口はWHOの統計で
 39万1000人。
 入国管理局は昇格して
 入国管理庁!
 特定技能1号や2号という
 戦隊モノ的な資格を創設し、
 移民の流れは留まるところを知りません。
 
 彼らは、
 日本に来て、不動産を買うのではなく、
 借ります。

 次にレオパレス問題は
 更に混迷の度を増してきました。

 全役員辞任……
 泥船から逃げ出しました。
 問題が刑事事件にまで発展した時、
 果たして
 日本にいる役員はいったい何人いることでしょう?

 泣くのは大家さん……
 
 

「そう、それが怖いんだよ。
 あいつら酷くない?」

 

 酷い?
 不動産屋は
 すべからく、
 儲かればそれで良し。
 とする生き物です。

 オオカミに
 肉を食うなと、
 命じるのは間違いだと
 分かりますが、
 不動産屋に
 消費者を騙すな
 というのは
 どうでしょう?

 一応の効果はあるのでしょうが、
 注意していないと、
 やはり、 
 本来の気性に従うのは、
 どの生き物も逃れられない性です。

 彼らの
 口上を信じたから、
 苦境に陥ってしまったのです。

 仮に、
 属性が良く、
 1億円の借金をして都内の
 新築収益不動産を購入したとすると
 利回りは5%前後
 借入金利1%に抑えたとして、
 わずかにキャッシュフローが
 でるレベルだとしたら……

 購入した直後が
 幸せのMAXであり、
 その後は、
 ”祈祷生活”
 に突入します。

 

「きとう……生活って、何?」

 

 祈祷のお題目があります。
  ☆金利があがりませんように
  ☆家賃が下がりませんように
  ☆入居者が退去しませんように
  ☆近所にライバルの新築住宅が建ちませんように
  ☆大規模修繕が発生しませんように

 なんまいだぶ、なんまいだぶ、なんまいだぶ
 ちぃいいい~~ん!

 このお題目を
 朝から晩まで唱え続けることになるのです。
 その祈祷生活の果てが
 レオパレス問題でした。

 購入したはずの新築物件が
 設計図面と違っている。
 市区町村から直接指摘を受けるのは
 レオパレスではなく、所有者。
 やってられません。

 

「どうしたらいいの?
 何も結局できないじゃん。
 人生、祈祷生活だよ。
 年金がなくなりませんように
 って、祈るしかないじゃん」

 

 不動産投資を
 含み損があるものと決めつけないことです。

 
  
「どういうこと?」

 

 通常、
 新築ワンルームにしても
 シェアハウスにしても
 通常のアパートにしても

 購入した途端、
 含み損を抱えます。
  含み損の内訳は
  ★消費税       → 二度と帰ってきません
  ★仲介手数料     → 二度と帰ってきません
  ★登録免許税など税金 → 二度と帰ってきません
  ★司法書士手数料   → 二度と帰ってきません
  ★中古としての値引き → 新築価格の10%強値引かないと買手は納得しません。

 結果として、
 購入した直後、25%前後の含み損を抱えてしまいます。

 だからこそ、
 こうした物件を避け、
 含み益のある物件を購入し
 高利回りで運用するべきなのです。

 

「そんな物があるならさ、
 誰もが買ってるよ」

 

 それが、
 競売不動産や任意売却物件や相続案件です。
 事実、
 転売業者は
 こうした物件を買い取り、
 リフォームをした上で
 転売して生計を立てています。

 未来に責任のある
 私達は
 家族のため、
 未だ見ぬ孫のため、
 かせげる
 不動産投資を実行する必要があるのです。

 ともに、
 学んでゆきたいと思っております。

 

 令和元年6月
 ~麻生さんの深いシワを見て思いついたアレコレ~

 

 藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年6月29日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイトに新コーナーが加わりました!

毎週金曜日 更新!『藤山勇司の週替わり!お役立ち動画』
http://bit.ly/2wSCkV0

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |

時の流れと故郷

TOKYO……
沢田研二さんの持ち歌ではありません。
華の都、東京、メガロポリス東京です。

思い返せば、
広島県呉市に生れ落ち、
愛媛県松山市で5年をかけて
愛媛大学を卒業し、
就職のため、
東京に活動の場を移して34年目になります。

 

「なんか、しんみりしてるね。
 どうしたの?」

 

昨夜、
東京メトロ「日本橋駅」から銀座線に乗り換える際、
延々と続く階段を登り続けながら……

 
 
「エスカレーター乗らないの?」

 

現在の体重は93キロ……
気を緩めると、0.1トンになりかねない
危険な体形ですから、
階段は苦手の部類。
エスカレーターがあれば
迷わず、そちらを選びます。

幸か不幸か、
2020年東京オリンピックを控えているからでしょうか。
銀座線と東西線が交差する日本橋駅は
全面改装中でして、エスカレーターが使えない場所も。
昨夜は、唐突にフィットネスを強制されました。

無心に上り続けたからでしょうか、
ふと、
平成10年に自己破産を申し立て、
この世から消滅した、
大倉商事株式会社に
西船橋から銀座まで通っていたころを
思い出しました。

東京には、
誰一人、
知人も親戚もいませんから、
松山から上京した私の住まいは、
西船橋の独身寮一択!
東西線には
当時から
お世話になりました。 

ただ……

 

「ただ、何?」

 

最初は、
驚いたものです。

 

「何に?」

 

地下に
延々と続く階段があり、
その階段を
隙間なく
埋めつくす人、人、人。
地下鉄車内は
ナチュラル”おしくらまんじゅう”
冬などは
霞みや、靄がかかり、
汗をかくほどでした。

通勤ラッシュの波と逆だったからでしょうか
昨夜の車内は、
殺気だつほどの混雑ぶりではなく、
新宿まで移動。

そこから歌舞伎町の
会員制スナックに向かいました。

 

「へぇ~、歌舞伎町……
歌でも歌ったの?」

 

いえ、
母校、呉宮原の先輩が
主催されている
会合に顔を出しました。
最初にお会いしてから
15年でしょうか。
当初は、毎月。
3年ほど前から隔月の会合です。

 
参加されている皆々様は
母校や呉市出身者だけでなく、
先輩の友人やお仕事の関係された方など
多士済々……
仕事を離れ、
それぞれの感じている森羅万象を
気兼ねなく話せる
貴重な機会です。

主催されている先輩は
私の16期上ですから、
年齢は72歳でありながら、
気力充実の現役です。
 

会の中盤、
三々五々、
メンバーが集まったころ、
先輩がマイクを握り、
吉田拓郎さんの
「元気ですよ」を 
歌われる直前。

思いもせぬ、事実を知らされました。

 

『5月の始め、
 〇剛が逝ってしまいました。
 昨年は、〇田が旅立ちました。
 残念ですが、私達も何れ逝く身です。
 ですが、それまでは
 ”元気です”と言って生きてゆきましょう』

 

〇剛さんは、
小林幸子さんの元マネージャー。
〇田さんは、
JTの元役員。
どちらも16期上の宮原高等学校の先輩です。

酒席で共にしていた方々が
現実に
この世を卒業してゆきます。 

34年前、
TOKYOに、
誰一人知り合いはいませんでした。
それが、
今では、
家族を筆頭に
多くの友人や業者や
そして
セミナーの受講生など
数多くの方々がいます。

にもかかわらず、
郷里の先輩の訃報に接すると、
時を遡り、
呉で過ごした頃が
まざまざと蘇ります。

呉で過ごした時間は18年。
東京ではその倍に近い34年
であるにもかかわらず……

もしかすると、
東京での時間は
長い長い旅の途中なのかもしれません。

 

「じゃ、いつか呉に帰るの?」

 

その選択肢はありません。
呉の生家は
すでに売却され、
親や兄弟もいませんし、
賃貸物件も保有していません。

このまま、
東京で過ごすことでしょう。

その東京に
ドナルド・トランプさんが
令和初の国賓として
来日されました。

ゴルフに大相撲観戦、
炉端焼きに舌鼓を打ち
令和天皇に謁見され、
宮中晩餐会に主賓として参加。
翌日は、
ヘリコプター搭載型護衛艦「かが」
を視察され、
帰国されました。

トランプさんの年齢は72歳。
あのまま、
プロレスのリングにあがれそうな
体型と足取り。
年齢を感じさせない気力と迫力は
圧巻でした。

この世を卒業してゆく先輩の
傍らには、
中国、ロシア、北朝鮮にイランと
真向から向き合い、
嬉々としてディールをする人物も
現実に存在しています。
どちらも72歳……
 

この世で過ごす時間の長短ではなく、
託された使命によるものか、
もしかすると、
それぞれの
時の流れが
違うのかもしれません。

側聞したところ、
トランプさんの祖父とお兄さんは
アルコール依存症で早逝され、
遺言として、
トランプさんに
「アルコールから遠ざかれ」と
残されたそうです。

自分達を反面教師として、
生かしてくれとの願いだった。
私にはそう思えます。

昨夜は、
会がお開きになった後、
後輩1人を連れ、
ゴールデン街に繰り出し、梯子酒。

彼は呉宮原の出身ではなく、
東京生まれの東京育ち、
年齢は42歳ながら
居酒屋チェーンの創業者です。

彼の夢は世界進出!
マズイ料理で有名なロンドン進出を
口にされていました。

彼の時の流れも特有のユニークさ。
耳を傾けながら、
杯を重ね。
楽しい時間を過ごしました。

令和に乾杯!
様々な想いを胸に
タクシーの中、
住所を告げ、
夢の中に引きずり込まれる
一夜でした。

 

飲み明かした翌日、想いのままに。

 

藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年6月15日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |

 建 前 と 本 音 

 

令和の時代が幕を開けました。
私は、昭和38年1月に生まれ、
平成に家庭を築き大家さんとなり、
令和を生きています。
都合、3代の御世を送ることに成ります。

子供たちは令和の次の世代、
そして、まだ見ぬ
次の御世にも突入してゆくことでしょう。

もちろん、皆さんも
私と同様に、昭和に生まれた方もいらっしゃるでしょうし、
令和世代の方もいらっしゃるでしょう。

大事なのは、
どんなに切羽詰まった瞬間に遭遇したとしても
明けぬ夜はない……
夜明け前が一番暗いという事実を忘れぬことです。

その為には、
変化し続ける事象を、
可能な限り
主観から離れ、
客観的に分析し、
未来を予測することです。

 

「なに、偉そうに言ってんの?
 神さんじゃないんだからさ、
 未来を予測するって、
 無理ゲーでしょ」

 

赤ん坊や子供ならばいざ知らず、
時を経た大人は
知ってか、知らずか
様々な予測を立てながら、
行動しています。

 

例えば……
〇朝が来れば夜が来る
〇季節は巡る
〇飲み過ぎると次の日は体調が悪くなる
〇お金を使いすぎると、金欠になる
〇勉強しないと試験に落ちる

 

「あったりまえ!
 バカにしてんの?」

 

いいえ、
なぜなら、
生まれたての赤ちゃんは、
☆なぜ、暗くなったり明るくなったりするのか
☆なぜ、お腹がすくのか
☆なぜ、オムツが気持ち悪くなるのか

どれも、何も分からないからこそ、
泣いて泣いて
顔を歪ませ
声が枯れるほどに泣いて
親に助けを求めるわけです。

私達は経験を重ねているからこそ、
近未来のことは
ある程度予測できる。
そして
それを当たり前と捉えている。

日常生活だけではありません。
皆さんの本業であっても、
取引先の動向から
来月の受注量を予測したり、
納入日を前倒ししてお客さんに
喜んでもらったり
様々な活用をしているのではないでしょうか?

世界情勢や国内変化も
同じことです。

最初は、
当たるも八卦当たらぬも八卦でしょう。

しかしながら、
予測 → 検証 → 修正 → 再予測
のサイクルを繰り返せば、
未来予測はかなりの確率で当たるようになるもの。
例え、外れたとしても、
大きな失敗とはならず、
修正可能な損失で済むことでしょう。

やってはならないのは、
自分の都合よく
★こうなったらいいのになぁ
★ああなれば最高なのになぁ
★きっと、こうなるはずさ
と、
自分の主観という色眼鏡で
物事をよく観察しないことです。
主観、
己を中心に考えると、
対象物の本来の色は失われ、
深い分析をしても
本質に近づくことはありません。

だからこそ、
分析をした後には、
検証し、
どこを修正する必要があったのか、
検討して、
再度の予測に活かす。

 
”下手な鉄砲、数うちゃ当たる”

私達が良く口にする
コトワザの一つですが、

このコトワザ、
面白いと思いません?

 

「どこがおもしろいの?
 バンバン、打ちゃ、
 いつか当たるってことでしょうよ。
 ”下手の横好き”
 と、似たり寄ったり、
 意味のない努力を
 戒めるコトワザじゃないの?」

 

例えば、
射撃オリンピックチャンピオン……
彼はどれほど、
弾を打ったことでしょう?
100発?
千発?
1万発?
それとも100万発でしょうか?

正確な数は
当人しか知り得ませんが、
まさか、1万発で収まるはずがありません。
 
常人では
引くはずのはい、
膨大な引き金を
腱鞘炎や
イップスの
恐怖と戦いながら
引き続けたからこそ、
ゴールドメダルを首にかけることができたのです。

狙いをつけ、
引き金を引き、
的との差を確認し
修正し、
再度、引き金を引く。
賽の河原の石積みに
似た作業の中から、
達人の域に達してゆきます。

さて、
以上を踏まえ、
令和元年だからこそ、
世界情勢や日本の情勢を
私の独善と独断で
分析し、
予測結果を述べてみたいと思います。

 

「なんで、
 世界や日本の予測が必要なのよ?
 こちとら、
 大家さんになりたいだけなんだよ」

 

大家さんは
社会状況と密接に関係しています。
社会状況が変化すると、
大家さんになりたくても、
なりようがない。
こともあるのです。

 

「うそだぁ……
 大家さんになってる奴っていっぱいいるでしょ。
 本だって、
 バンバン出てるし、
 そう言う
 あんたも、
 ”サラリーマンでも大家さんになれる
 46の秘訣#
 を出したじゃない」

 

例えば、
昭和30年台から昭和40年台前半の
高度経済成長期に
勤め人が
徒手空拳で
大家さんに成れたかと言うと、
無理でした。

なぜなら、
融資金利は12%や13%、
不動産の価格は目ん玉が飛び出るほど高く、
利回りは5%や6%ですから、
家賃で返済するなんて芸当は
世界がひっくり返っても無理……
誰も考えることなんてありませんでした。

サラリーマン大家さんが可能となったのは、
☆バブルが弾け、不動産の価格が下がった
☆金融緩和で金利が下がった
☆家賃は、以前のまま推移した

((この結果、賃貸不動産の利回りが上昇し、
  家賃で返済が可能となった))

わけです。

 

「なるほど……
 社会情勢の変化か。
 で、この先、どうなるの?」

 

日本は、
食糧を輸入し
資源を輸入し
輸出をして代金を賄い
日々過ごしていますから、
世界情勢は重要です。

では、
世界情勢のどの部分が
大きく影響するのか……

◎中国の動向
◎中東の動向
◎ブレグジッドで揺れる欧州
◎アメリカ
◎アジア

の5つです。

 

「そんなにあるの?
 米中だけでいいでしょ」

 

世界情勢は様々に絡み合っていますから
米中だけの変化を見ていても
確度の高い予測は困難です。
なぜなら、
注視していない米中以外のファクターにより
予測不能の変化が起き得るからです。

 
 
「うんざり。
 結論だけでいいよ。
 そんなに時間がないんだからさ」

 

なるほど、
では掻い摘んでお話しいたしましょう
その際、大切なのは、
表ざたになっているニュースは
    
「建前」

であり、重要なのは、建前を支える
    
「本音」

を見据えているかどうかです。

例えば、
男性が意中の女性を高級フレンチに誘ったとします。
「建前」は一緒に食事をしたい……
「本音」は勿論、それ以上の密接な関係変化を胸の内に秘めています。

 

「わっかりやすいね。
 そう、そのテイで頼むよ」

 

〇米中貿易戦争
 ☆アメリカ : (建前)
          貿易赤字と不公正貿易の是正
         (本音)
          世界覇権を譲らない

 ☆中  国 : (建前)
          保護貿易反対
         (本音)
          中国共産党の継続       

 

「えっ、
 中国の本音って、
 中国共産党の継続なの?」

 

はい。
中国共産党は、人民の幸せなど願っていません。
彼らの支配体制を継続したい。
ただ、それだけのこと。
中国共産党の独裁体制を継続する為には、
人民から尊敬され、反乱が勃発せぬよう、
右肩上がりの成長を続けるしかない。
結果として、世界覇権を目指している。
この中国の本音が
自由主義社会から疎まれている根本の原因だと考えます。

 

〇中東の動向
 ☆イラン  :  (建前)
           主権の維持
          (本音)
          イスラム国家の拡大

 ☆サウジアラビア:(建前)
           中東の盟主
          (本音)
           王政の存続

 ☆イスラエル : (建前)
           国家存続
          (本音)
           領土拡大

 

「なんか、
 全員身勝手だね。
 ていうか、
 建前と本音が似たり寄ったり」

 

そう、むき出しの欲望を
抑える必要がないからでしょう。
中東が世界の火薬庫と 
呼ばれるのも
分かる気がします。

 

〇欧州の動向
 ☆イギリス  :(建前)
          主権回復
         (本音)
          EU動乱に巻き込まれたくない

 ☆フランス   (建前)
          EUで発言強化、国力の増大
         (本音)
          ドイツの追い落とし  

 ☆ドイツ    (建前)
          EU盟主としての責任
         (本音)
          中国と一蓮托生
          ドイツバンク破綻間近

 

「混沌としてるね。
  でも、イギリスって、
 泥船のEUから逃げ出そう
 としてるって意味?」

 

まさに、
その通りです。
EU破綻の元凶は
ドイツです。
一民間企業である
ドイツ銀行は
現在7500兆円のCDSを
抱え、どうしようもない状況に
陥っています。

 

〇アメリカの動向
 トランプ系   :   (建前)
             メーク グレート アメリカ アゲイン   
             (本音)
             次世代も世界の覇権を握り続ける

 民主党など   :   (建前)
             グローバリズム・マイノリティの権利保護
             (本音)
             これまでの支配構造の維持

 

「なんか
 最近、トランプさんの調子いいみたいじゃん
 支持率も50%に迫っているんでしょ」

 

その通り。
上手い戦略だと思います。
いいも悪いも、
トランプさんは公約に忠実な政治を実行しています。
本来、
民主党よりだったイスラエル協会の喜ぶ政策である
大使館の移転やゴラン高原のイスラエル権益承認などを
断行し、2020年の大統領選挙も有利に進めています。

 

〇アジアの動向

 韓  国 : (建前)
        真の民主主義の確立、自立自尊
        (本音)
        南北統一

 台  湾 : (建前)
        民主主義の維持
        (本音)
        中国経済も取り入れた経済発展

 北朝鮮  : (建前)
        民族自決
        (本音)
        金王朝の存続

 

「ミサイルも飛び始めたし、
 朝鮮半島はどうなるのかね?」

 

遅かれ早かれ、
1国2制度の”高麗連邦国家”
が樹立されることに成ることでしょう。

以上を踏まえた
諸国に囲まれた日本は今後どうなるのか。

 

〇日本の動向

 人口政策  : (建前)
         合計出生率アップ、移民政策の反対
         (本音)
         人口維持を移民政策に転換

 防  衛  : (建前)
         平和国家維持
         (本音)
         憲法改正
         同盟強化(アメリカ・豪州・インド)
         集団自衛権の解釈変更
 経  済  : (建前)
         TPP・EUとのEPA・アメリカとのFTA
         により、自由貿易の拡大
         (本音)
         中国経済からの離脱

 

「移民と中国からの離脱って、
 ぜんぜん違うんじゃないの?」

 

平成元年には280万人だった訪日外国人が
令和元年には3550万人の予測……
特定技能実習生だけでなく、
特定技能1号や特定技能2号の資格を創設し、
海外からの労働者確保の道筋をつけてしまいました。
入国管理局は入国管理庁に昇格します。

良い悪いでなく、
変更できない変化が進んでいます。

また、中国戦略は
トランプさんと二人三脚で進めてきたと言っても
過言ではありません。

日中友好と建前を言っていますが、
その実態は180度違う戦略を着々と進めています。

 

「で、大家さんは
 どう関係するの?」

 

日本人の人口減少は
今後も続いてゆくことでしょう。
しかしながら、
外国人労働者の拡大は
毎年、毎年
目に見えて増えてゆくことは
太陽が東から上り、西に沈むように
明らかな現象として
定着してゆきます。

日本に来た外国人労働者は、
日本の不動産を買うのではなく、
借りることになる。

日本のホテルの数が
慢性的に不足したように
賃貸不動産の不足が 
明らかになることも
あり得ます。

だからこそ、
競売不動産など、
含み益のある不動産を
購入し、
職人さんに直接依頼して
リフォーム費用を発注して、
工事費を抑え、
利回りの高い賃貸不動産を
創り上げ、
財務基盤を強化していただければ、
幸いです。

 

令和元年に幸あれ
   
 

藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年6月1日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |