歩みをとめないことに価値がある

01BK05001026

八月になりました。

子供の頃の夏休みは、
いつ終わるかわからないほどながく、
うだるほどの暑さでめまいがしそうでした。

私が生まれ育ったのは、広島県の呉市。

瀬戸内海が南に横たわる夕刻、
風はピタリとやみ、

潮風が運ぶ高い湿気のなか、
汗が止まらぬ魔の時間です。

 

日々の日課として、
犬の散歩をしていたのですが、

彼も散歩の途中で根をあげて、
座り込む始末。

(どうすんだよ。抱えて帰れないぞ)

「こら、捨てちまうぞ! 歩け」

彼は恨めしそうな顔で私の顔を見上げ、
しぶしぶ歩き始めました。

 

 

昨夜の夢の一場面……。
私の潜在意識は何を伝えたいのでしょうか?

 

よくよく考えてみると、
愛犬は今の私かもしれません。

現状に満足し、
歩みを止めようとしている私に
叱咤激励のむちをくれたのかもしれません。

めまいがしそうなほど、
暑苦しく蒸し暑い日常が続きますが、
舌を出し、首と尾を振りながらでも、
歩き続けようと思います。

 

きっと、
その先には過ごしやすい秋、
実りの季節がやってくる。

 

例えそれが幻だっとしても、それでいい。

歩みをとめないことに価値があるのだと感じています。

 

藤山勇司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 パーマリンク