建物の築年数・・・・

01CLP20887

建物の築年数、

 

法改正によって
使われている建物の素材が
大きく変化している年があります。

 

物件を購入する際には
チェックする必要があります!

 

必ずチェックしなければならないのは2つ、

 

一つ目は新耐震基準、

新耐震基準とは、1981年(昭和56年)に
改正された耐震基準です。

旧基準では
震度5程度の地震に耐えることができる
住宅とされていましたが、

新耐震基準では
「震度6強以上の地震に耐えうる住宅」
と改定されています。

 

改正の後、その効果はものすごいものがありました。

たとえば、
阪神・淡路大地震においては、

旧耐震基準で建設された建物は
30%強が大破しましたものの、

新耐震基準以降の建物は2%弱です。

 

 

2つ目は水道管の素材です。

 

硬質塩ビ管の普及以前、
水道管は鉄管、もしくはライニング鋼管です。

通常、鉄管は20年毎に交換する必要があります。

 

そのまま放置すると、
継ぎ目や曲り角がさび、赤水が発生します。

 

サビが進むと水道水を飲むことが出来なくなり、
店子への健康被害を発生しかねません。

昭和60年代以降の水道管であれば、
硬質塩ビ管の可能性が高いものの、
完全に硬質塩ビ管に置き換わったのは平成以後です。

水道メーターを開き、
導入管の材質を確かめる必要があります。

 

法改正前に建てられた物件を購入するときは、

リフォーム費に

設備の更新費用を必ず入れておいて下さい!

 

藤山勇司

カテゴリー: アパート, マンション, リフォーム, 一般売買, 全記事, 戸建て, 競売 パーマリンク