伝える

 

毎年恒例の墓参りに
行ってまいりました。

今年で26年連続……。

 

私の先祖は、維新の母体である
山口県萩市。

 

「じゃ、武士の家系なんですか?」

 

よく耳にする質問ですけれど、
まったく縁はありません。

父方は、漁民と密貿易の
護衛を兼ねた海賊もどき。

母方は、商人の家系。

父母双方の家系も
武士の血は
一滴も入っていません。

 

ただ、萩の菊ケ浜に立ち、
夏の日本海を
じっと眺めていると、

150年前の景色が
脳裏をよぎります。

 

(ここから、
日本が変わっていったのか、
たいしたもんだな)

 

偉人にくらべるべくもない。

それは分かっています。

 

未だ、悟りきれていませんし、
思う通りの結果を残せていません。

 

墓に手を合わせ、黙とうします。

 

○ありがとうございます。

○安らかにお眠りください。
そして、矛盾しておりますが、

○見ていてください。

 

一生を全うされた先祖の方々に
お願いをするわけではなく、
この世に、私や子供たちを
繋いでいただいた事実に感謝し、
今後の活動を見ていてほしい。

 

ただ、それだけ。

 

しかしながら、どうした訳か、
1年に一度の墓参りを終えると、
晴れやかな気持ちになるのです。

 

墓参りは私一人だけでなく、
家族全員です。

 

乳飲み子の頃から
墓参りをしているからでしょうか、

 

誰しも、萩の町並みに親しみを持ち、
墓前を掃除し手を合わせる姿も
さまになってきました。

 

「伝える」

 

言葉だけでは弱い。

 

何度も何度も習慣のように、
継続してゆくからこそ、心に届く。

 

26年続けた今、
そう思えるようになってきました。

 

いずれ、私もこの世を
卒業するときがやってくる。

 

その時が訪れるまで、

<兼業大家さんの王道>を
私なりの言葉を
「伝え」、
「啓蒙行動」を、
「継続」 して行きたい。

 

改めて、心に誓った墓参りでした。

 

以上、略儀ながら感謝とともに。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 生き方 パーマリンク