本業と大家さん、そして時間

 

夢……。
子供の頃、”なれたらいいなぁ”
って、思っていた(( 夢 ))

汗を流し、歯を食いしばり、
アホのように頑張って実現された方は、
どれほどいらっしゃるでしょうか?

情熱大陸やNHKの仕事の流儀、
そしてスポーツの特番などでは、
夢を実現された方が、
次から次へとでてくるので、
夢を掴むのは当たり前のように思いがち。

 

しかしながら、どこかで挫折し、
現実と妥協してしまいます。

 

「なんでかな……、
早朝練習も休まずに頑張ったんだけどな。
後輩にすごい奴がいてさ、
こいつには叶わないなって思ってね。
やっぱ、才能のある奴は違うなって……。

でも、後悔はしてないよ。
今は今で違う夢を追いかけてるし、
家族も子供もいるから、やりがいはあるよ」

 

そう、人は現実と向き合い
続けなければなりません。
夢だけで生きられるのは、
想像上の動物”バク”ぐらいものです。

 

では、なぜ現実に向き合うと、
多くの人が夢を追えなくなるのでしょう?

 

私が考えるに、それぞれの潜在意識、
心の奥底にいるジャッジマンが、
その夢の実現性を可能か不可能か、
判断を下すからです。

 

つまり、
努力すれば、叶う夢については、

〇時間をかけ、
〇汗を流し、
〇お金を投資してもいいだろうと、
許可を下し、
夢に向かい続け、
夢は目標に変化し、
目標は予定やノルマに形を変え、
実現してゆきます。

 

しかしながら、どう贔屓目に見ても、
不可能と判断したなら、夢は夢のままとなり、
セピア色の甘酸っぱい、思い出となる。
そして、現実的な次の課題に、
取り組むこととなるのです。

 

事実、
人は不可能な夢を長期間、
抱き続けることはできません。

 

例えば、
4年後の2020年!
東京オリンピックが待っています。
幾多の競技が開催されますが、
なんと言っても、花形は”100m走”!

  努力すれば、
  夢は叶う!
  必ず実現する!

もしもそれが本当ならば、
私もウサインボルトと競り合ってみたい。

 

ところが、そんな夢を抱いたところで、
私の潜在意識は、鼻で、せせら笑い、
一顧だにしてくれません。

そりゃそうです。
私の自己ベストは12秒37……。
10秒台にも遠く及びません。
しかも、その記録は30年以上前の話し、

さらに、
年齢は54歳、2020年には57歳。
アラフォーどころか、アラフィー、
いやいやアラシックスティでしょうか。

潜在意識にデンと居座るジャッジマンは、

「馬鹿だろ。無理に決まってるじゃん。
無駄な努力はよせ」
 
と、陸上シューズを買うことさえ、
許してはくれません。

 
 

皆さんの夢!

兼業大家さんになりたい。

5棟、10室以上の
事業規模の大家さんになって、
財務基盤を強化して、
家族の生活を安定させたい。

 

珠玉の夢を長期間抱き続けて
いらっしゃるでしょうか?

1週間や1か月という、
短い時間でないならば……。
皆さんの潜在意識に居座る
”ジャッジマン”が、

 

☆☆可能だよ、しっかりやんな☆☆

 

と、判断を下してくれている確かな証拠です。

 
 

無理と判断したなら、

~~馬鹿なことを考えるな、
   現実と向き合って堅実に生きろ~~

と、皆さんの夢をせせら笑い、
やる気を削ぎ、忘れさせようとします。

 

誰が判断したのか?
そう、誰でもない皆さんの心が、
これまでズット皆さんを見続けてきた、
潜在意識が判断したのです。

 

あわてず あせらず あきらめず
一歩一歩、歩んで行けば必ず、実現できます。

 

それから……。
私たちは自分の現状を卑下しがちです。
達成したことは、当たり前のことと受け止め、
できていないことに、嘆いてしまいます。
いつも、欲求不満……。

 

それでいいんでしょうか?

もっと、評価してみては、どうでしょう?
甘やかすのではありません。
正当に皆さんご自身を評価して頂きたいのです。

 

例えば……。
五体満足で健康であること。
病院でうんうんうなっている
患者さんから見ると、羨望の的。

事実、今年の1月に
腸捻転からの腸閉塞で
50㎝も小腸を切除した私には
痛いほど分かります。

実際、切腹をし続けるほどの
痛みでしたから(笑)。

 

そして、本業のある事、
本業を続けていること。

凄いことです。
世間の一部には、サラリマンや公務員
そして小規模自営業者の皆さんを

「だから、どうしたっていうのよ。
当たり前でしょ」

と認めもしない輩がいますが、
とんでもありません。

 

本業を継続し続けているということは、、
世の中の変化に対応し続け、
世間や会社の要望に応え続けているからに、
ほかなりません。

10年前と同じ仕事しかしていないとしたら、
正社員なんて維持できません。

 

兼業大家さんに必要なノウハウは、

  ☆☆ 浅 く て 狭 い ☆☆

まるで、灰皿ほどの情報量……。
皆さんの本業を続ける情報量の
10分の1程度です。

しかも、一度覚えると……。
自転車の乗り方と同じように、
二度と忘れることはありません。

「うそ、うそだぁ~~、
   からかってんでしょ」

 

本当の話です。

では、なぜ不動産は難しい。
素人が手を出すものじゃない
と、一般常識で信じられて
いるのでしょうか?

 

それは、
不動産業界が、そうした神話を
広めているからに他ありません。

実態を知られると、彼らにはマズイのです。

 
 

よろしいですか?
不動産は人が使用します。
人のサイズは大きく変わりませんし、
要望も一定限度の範囲内に収まっています。

ですから、
一度、基本を覚えると、それで終わり。
情報を書き換える必要はないのです。
10年前どころか、30年前の常識で
仕事は粉せてしまいます。

  

一方、
皆さんの本業はどうでしょう?

30年前のノウハウ、
新人の頃に覚えた技術で
今日や明日の仕事をできるでしょうか?

10年前どころ、去年のノウハウでさえ、
古ぼけているのが現実ではないでしょうか。

 

舐めてかかってください。
不必要に恐れないでください。

皆さんの本業から比較すると、
確実に、浅くて狭い情報量しか
必要としないのです。

 

そして、
皆さんと業者の大きな違いは、
業者は納期に追われ、返済に焦り、
時間を敵としているのに対し、
皆さんは「時間の流れ」を友人にできます。
 

  〇じっくりと、優良物件を探し、
  〇時間をかけてリフォームをこなし、
  〇問題のない店子を募集する
  ことが可能です。

 
皆さんには、本業がある。
だからこそ、日々の生活は
本業で賄うことができるので、
焦る必要はないのです。

 

ここが大きな違いです。

 

あわてない あせらない あきらめない
 

この三つの「あ」を基本となさってください。

  ””兼業大家さん””
  を日本の文化にしたい。

私の心の奥底から、
願っている””夢””です。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 パーマリンク