非日常について……

未曾有の大豪雨。
一級河川である千曲川も決壊させた台風19号……

今も、
浸水や家屋の破壊、

そして、
日々、笑顔を交わしていた大切な方々が
突如として消えてしまう悲劇。

さらには、安否も分からず
心を痛めていられる多くの皆様。
どれほどの心労。
ご心中、
お察しいたします。
  
昨日から
 今日、
  そして明日。

変わらぬ日常が続くと
何も疑わない。

疑うことなど不吉と想いながら、
過ごしている。
これが日常です

春、夏、秋と巡り大晦日。
翌日には、新年を迎えます。

炬燵にうつ伏せになりながら、
ミカンの白い皮を一つ残らず
綺麗に剥き、
輝くばかりのお日様色の房を
口に頬張り、

新年の「お笑い番組」を
横目で見つつ、

 

(くっだらねぇ、ははは、
 こいつは面白いな。
 いやいや、伸びるかもな。
 要チェックのコンビだ)

 

などと、勝手に
審査委員風な感想。

日本は
戦乱から遠ざかり
平和の日々が続いていますから、
淡々と過ぎゆく日々が
日常です。

ところが、
時として、
地震や洪水そして台風などにより
非日常に遭遇してしまいます。

今が特別ではありません。

南北に長く、
急峻な山麓が
列島の背骨となり、
太平洋に面した日本は、

過去も
今と同様に
地震や洪水に台風
に見舞われてきました。

その上、
輸入が自由でなかった戦前は、
飢饉や、はやり病も
庶民の暮らしを
脅かしていました。

 

「ふ~ん、
 まぁ、そうだろうね。
 で、
 台風19号で何かしたの?」

 

私の自宅は
東京都江東区にある、
マンションの1階。

道路に面したベランダ部分には
透明の波板プラスチックの庇を
かけているのですが、
その庇。

施工して16年経過しているからでしょうか、
ネジが各所で緩み、
中には軽量鉄骨のコラムと連結する
ストッパーがビスから外れ
脱落している箇所が
70か所中、10か所もあります。

暴風の度、
波板は風に煽られ、
バタバタと音を立てる始末。

台風19号の事前の予想では
風速60m!
時速に直せば216キロです。

例えれば、
新幹線の窓から手を出した程の
スピードですから、
何も対策をしなければ、

縦2.5m横8mのベランダを
覆う波板は
哀れ、吹き飛ばされてしまうかもしれません。

とは言え、
外れたストッパーは特注品でして
ホームセンターでは売っていません。

考えに考えた私は
ホームセンターで購入した10本の
ネジを手にして
町の工場に飛び込み、

 

『すいません
 私、藤山と申します。
 実はベランダの屋根が飛びそうでして
 このストッパーのネジを90度に曲げて
 もらえませんか。施工料はお支払いします。
 そこの万力で挟んで曲げてもらいたいのです』

 

最初は、
 〇ネジは、そんなに簡単に曲がらない
 〇折れるかもしれない
 〇施工賃は決まっていないので、できない
などと、
容易に応じてくれそうにありませんでした。

そこへ、
 その工場の社長らしき白髪の男性が登場!

私は一から
同じ説明を繰り返し、
さらに、

 

『いやね、 
 もしも庇が飛んだりなんかしたら、
 オヤジのメンツ丸つぶれなんですよ。

 子供が3人いるんですけど、
 立つ瀬ないじゃないですか。
 
 仮にですよ、
 全部やることやって、
 屋根が飛んだとしても
 あれだけやったんだから、
 そりゃしょうがない。
 と、受け流せますけど、
 わかってるのに、
 知らぬ存ぜぬの半兵衛を決め込んだら
 失敗の原因は
 全部、被らなくちゃならない。

 同じ、オヤジとして
 この気持ち、
 分かっていただけませんか。

 頼みます。
 このネジを90度、
 この万力で曲げて頂きたいんです。』

 

必死さが
伝わったからでしょうか。

その工場の社長は
笑顔で快諾!

従業員に
あーだ、こーだと指示を飛ばし、
15分もしない内に
長さ6cmのネジを綺麗に90度に曲げていただきました。
本気になった町工場のスキルには改めて脱帽です。

しかも、
その社長。

 

(困った時はお互い様。お代はいいよ。
 頑張って、屋根直して)

 

と、男前のコメントで
送り出してくれました。

帰宅してからは、
屋根の上に幅45cm
長さ180cmの合板2枚を
波板の屋根に乗せ、

体重を分散させながら、 
脱落したストッパーは90度曲げたネジで代用し、
残りのストッパーのナットを一つ残らず締め直し、
左右の波板は接着剤を流し込み連結!

施行時間は4時間弱かかりましたが、
なんとか完成!

台風19号の風にもビクともしませんでした。

 

「へぇ~、良かったね。
 で、何が言いたいの?」

 

日常の中にいても
予想可能な非日常には
対応策を講じる必要性です。

例えば、

10月13日の
日本 VS スコットランド
引き分け以上であれば、
1位通過でベスト8。

負けたとしても、
4トライを上げ、7点差であれば、
なんとか、2位通過でベスト8!

日本代表にとって、
令和元年10月13日は
日常ではなく
非日常でした。

そして、 
この非日常であるワールドカップは
4年前から予測できたものです。

彼らはどうしたか……
前回のワールドカップ。
4戦中、3勝しながら、
スコットランドに敗れ、
ベスト8への道を絶たれてしましました。

だからこそ、
日本代表は
4年の日常を
非日常であるワールドカップに向けて
弛まぬ努力と練習を重ねてきたのです。

事実、
 インタビューでは

 

(いやぁ~、4年の間、
 全てを犠牲にして頑張ってきました。
 この日に全てを出せてよかったです)

 

”たまたま”
 とか、
”ラッキーでした”
などと、
運を口にする選手は誰1人として
いませんでした。
あっぱれです。

つまり、 
日常の中にこそ、
非日常の準備をすべき……。

このことは、
兼業大家さんを目指す
私達にも言えることでしょう。

私達の目には、
いずれ、
訪れるであろう、
非日常、

例えば、
勤務先の倒産(私の勤務した大倉商事は1998年8月21日に自己破産)
リストラ
家族の病気
自分の病気や老い
子供たちの教育費
親の介護
などなど、

これまでの日常と比較して
収入が減り、
支出が増え、
収支が合わなくなる非日常を予感している。

だからこそ、
日常が
淡々と
過ぎる 
今、
出来る手段として
兼業大家さんを
目指す!

決して、
贅沢をしようというのじゃない。

自分の大切な家族や身内の
日常を守るために、
もしかしたら遭遇するかもしれない、
非日常に対応されようとしている。

その心構え、
 心から尊敬いたします。

誰にも
出来ることではありません。

〇能力が高く
〇時間とお金の余裕を作るよう努力し
〇ギャンブルや宝くじなどの浮利に走らず、着実性

を重んじる方しか、
兼業大家さんを目指せはしません。

私は、
日本代表ラグビー選手のように、
日常の中にありながら、
非日常に向けて
懸命の努力を
続けられる
兼業大家さんを
心の底から応援しています。

ラグビーワールドカップ
 スコットランド勝利を喜びながら

    藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年10月19日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式Youtubeチャンネルを開設しました!

毎日更新!『藤山勇司の不動産投資一発回答』
http://bit.ly/2nCO2ll

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 パーマリンク