初期クレームからのユニットバス交換

 

””浜の真砂は尽きるとも
  世に盗人の種は尽きまじ””

これは、釜茹でにされた希代の大泥棒である
石川五右衛門の辞世の歌とされています。

「どんな意味?」

 

海辺に無数にある砂が
なくなることがあったとしても、
世の中から泥棒がいなくなることは
ないであろう
という、開き直りですね。

 

「ふ~ん、何の関係があるの」

 

まぁ~、
なんと言うか、かんと言うか、
とんでもない話しは尽きない物で、
不動産屋から、
泥棒のようなクレームをつけられたのです。

 

「へぇ~おもしろそう」

 

ことは、マンションを貸したのですが、
その店子さんを紹介した業者が
管理を引き受けさせてくれと、
それは熱心にいうもので、

管理の責任者である女房が
首をたてにふったところが
そもそものスタートでした。

 

入居してから1週間ですか、
管理を引き受けた不動産業者から

「初期クレームで~す」

と嬉しそうな声で
電話がかかってきたのです。

 

クレームの内容は
トイレとお風呂が一緒になっている、
古いユニットバスのフラッシュバルブの
調子が悪いという内容でした。

 

だったら、
付き合いのある業者を向かわせようと
提案したところ、

「うちの業者におねがいできませんか。
 腕がいいですから」

と、これまた熱心に女房を説得。

 

ただ、
修理できない。

型が古すぎて部品がない。

もう、これはユニットバスの交換しかない
と、馬力をかけて説得!

 

ここで女房から相談がきて、
ことの次第を知ったのですが、
当然のことながら、
ユニットバスの交換など拒否!

「うちの業者をむかわせろと
 言ってくれないか」

と話したのですが、

「別の業者に、
 腕のいい業者が……」

結果は、
そう、やはり、部品がない。
だからユニットバスの交換しかない。

 

こういう繰り返しを3度4度
繰り返していました。

どうも、
同じ電話をしているなと気づき、
電話を替わってくれないかと女房に話し、
 

「てめぇ、ふざけてんのか。
 なんでフラッシュバルブの故障で
 ユニットバスを交換しなけりゃ
 ならないんだ。

 それに、
 店子さんのことを考えているのか!
 不便な時期をどれだけ、掛け続けている。
 すぐに、うちの業者を向かわせるから、
 先方に連絡しろ!
 今、すぐにだぁああ」
 

と、怒鳴りあげました。

大慌てで業者は対応したのですが、
なんと、
店子さんがヘソを曲げたみたいで、
電話にでてくれない。
うちの業者は待ち合わせの時間に行ったのに
空振りに終わったのです。

そこで、
またまた大噴火!!

店子さんの家の前で
いつまでも待っていろ。
2日以内に解決しろ。
と、厳命したのです。

業者は保証人さんにも連絡し、
手紙も持参し
なんとか店子さんと話しができたのですが、
意外な展開です。
 

「あのぉ~」
「どうした?」
「店子さんは、もう直ったから、
 修理はいりませんって、
 何だったんですかね」
「修理は必要ないんだな」
「はい、入居と同じ状態のようです」
「……、わかった」

これで終了です。

 
これは、事前にうちの業者と
女房にも話していたんですが、

「あいつら、
 ユニットバスの交換で
 一儲けを狙っているんだ。
 でも、
 おいらがチャチャを入れたもんだから、
 無かったことにすると思うぞ」

「どういうこと?」

「修理は必要ないから、くる必要はない
 と言ってくる。
 おそらくな。
 そのわけは、実際にうちの業者さん
 が行ったら、どんな状況か分かるだろ
 バツが悪いからさ、
 もともと、なかったことにするんだ」

予想通りの結末でした。

 

ただ、そこで女房にも話したのは、

「あいつらは、
 あいつらなりに正義なんだ。
 施主が首を縦にふりゃさ、
 ユニットバス交換工事が取れて、
 工事の紹介料もがっぽり入って、
 会社も家族も喜ぶわけだ。
 だから、あいつらは
 悪いことをやったと言う意識はゼロだ。
 見つかっちゃったな、程度だろ」

「でも、大家さんには悪いことしてるでしょ」

「だから、大家は大家なりに、
 気を付ければいいんだ」

お分かりでしょうか?

立場を変えれば、
私たちに不利な仕事も、
彼らにとっては正義になるのです。

だからと言って、
彼らの無法のままにするわけじゃない。
私たちは私たちの立場から
主張し、提案すればいい。

今回のケースで
女房から少しカラカワレました。

「どんなこと?」

それは、

 「怒鳴って、ストレス発散できたでしょ。
  楽しそうだったよ」

と……。

 

残念ながら、
否定はできません(笑)。

  

藤 山 勇 司

 

================================

藤山勇司公式サイト
ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

●Facebookページ いいね!はこちらから

●LINE友達登録はこちらから

●Twitterフォローはこちらから

================================

カテゴリー: リフォーム, 仲介会社, 全記事, 大家業 |

約束とクレーム

 

約束……
それが、
〇実印を捺印し、
 印鑑証明書を添付した正式な契約書
〇出勤時間などの社内規則
〇口約束

どれであろうが、
複数の人の合意事項であることに
変わりありません。

 

ですから、
一方的に約束に違反すると、
クレームが発生し、

〇収束させるために右往左往するか
〇新たな約束をするか
〇無視をして信用を失うか

いずれかの事態に追い込まれてしまいます。

「それで? 大家さんと何か関係あるの」

大家さんと店子さんとの約束、
それは、言うまでもなく
建物賃貸借契約です。
大家さんと店子さんの権利と義務を
簡単に記載すると、以下の通りです。

☆店子さんは、
 決められた家賃を決められた期日に
 入居している限り、払い続ける。

☆大家さんは、
 建物賃貸借契約に記載された設備の稼働を
 店子さんが入居している限り保守管理し、
 維持に努める。

ただ、双方ともに、
約束を守り続けるには努力必要です。

店子さんも、入居当初は、
家賃の不払いなんて予想していません。
ただ、事情は様々で、
支払いが遅れることもあり得ますし、
滞納が続くこともあるでしょう。

「大家さんはないでしょ。
 なんたって、貸家を貸すだけなんだからさ
 もう、貸してるしね」

ところが、
貸家も経年劣化により、

〇防水機能が落ちたり、
〇設備が正常に機能しなくなったり、
〇建具に軋みが生じたり、

大家さんの意思に関係なく、
貸家に不具合が生じてしまい、
店子さんからクレームを受けることは、
まま、あります。

そんな時、無視はいけません。
先延ばしは避けてください。
そして、最もダメなのは、
店子さんの責任に転嫁することです。

仮に、
店子さんの使用方法に問題があり、
設備が悪くなったり、
配水管が詰まったり、
水漏れが生じたり
したのかもしれません。

ただ、
推定無罪です。

原因がはっきりするまでは、
店子さんは、云われなきクレームに
遭遇した被害者ですから、
建物賃貸借契約時の生活環境を
享受できていないのです。

クレームの解決にはスピードです。
特に着手までの時間が肝要です。

約束は、守り続けるからこそ力を発揮します。

特に、立場の強い人間、
大家さんは店子さんと比較すると、
断然強いのですから、
約束を守るべき立場です。

だからこそ、
滞納家賃には厳しく臨めるのだと
ご認識ください。

それから……。

「まだあるの? もう、お腹いっぱいだよ」

今少し、お付き合い願えれば幸いです。
約束を一般概念で申し上げると、
時間が大きなポーションを占めます。

〇出勤時間
〇納期
〇面会期日

どれも、時間が主役です。

こんな時、
時間ピッタリに人は目標を定めがちですが、
これは、もったいない。

「なんで? 約束でしょ。
 時間ピッタリって美しいでしょうよ」

いえ、
そもそも、時間ピッタリ、
言い換えるとギリギリの時間を
目標にされる方の多くは、
多少、遅れたとしても大丈夫。
きっと、許してくれるとの甘えが
見え隠れします。

事実、
そうした方々は、
そんな概念で口約束をし続け、
遅れたりしても、乗り切ってこられた……。
それで、
ルーズな癖が身についてしまったのです。

例えば、朝9時の出勤だとして、
それが最終時間ですから、
その前は、自由です。
8時50分に来ようが、
8時30分に来ようが、
はたまた
7時ジャストに来たとしても、
何の咎めもない。

9時周辺に的を絞るからこそ、
慌ただしい、忙しない、余裕のない、
早朝となる。

時間厳守!

その言葉を、
別方向から見ると、
時間前なら自由!となる。

これは納期にしても
面会時間にしても同じこと。

人は、目標時間を定めると、
結果は、
遅れたり、
遅れなかったり、
当たるも八卦、当たらぬも八卦と
なりがちなのです。

 ((時間厳守以前はフリータイム!))

ご活用くださると、幸いです。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |

手術から半年 ~健康~

 

あと、一週間ほどで
50㎝の小腸切除から
半年になります。

 

 2時間、
 わずか、120分、
 手術が遅れていたら……。
 壊死した小腸は腹の中で破裂。

 紙一重でした。

 あの日、
 平成29年1月15日は、
 長男のセンター試験2日目でした。
 一緒に朝食を食べ、
 弁当を持たせ、
「頑張れぇえ~」
 と、
 応援団の真似事をし、
 オチャラケテいたのに。

 その夕刻には、
 手術台に乗っていたのです。

 忘れようとしても、 
 忘れられるものではありません。

 腹を見れば、
 「く」の字に曲がった、
 17針の手術跡が
 くっきりと残っています。

 退院したのは、
 1月18日。
 その翌日から、
 ウォーキングを開始し、
 もうすぐ半年が経過しようとしています。

 こうして文章を作成できるのも、
 買い物にスーパーに行けるのも、
 お弁当、朝食、昼食、そして夕食に
 鍋やフライパンを振れるのも、

 そう、
 健康だからこそ。

 しかも、
 その多くが
 内臓機能にあることを、
 思い知らされました。

 小腸を切除するまで、
 私は溜まりに溜まった、
 内臓脂肪を減少させるため、
 腹筋運動を
 600回~800回やっていました。
 毎日です。

 時間は30分から40分
 かかっていましたが、
 苦になりませんでした。

((きっと、少なくなる。
 これだけやっているんだから))

 人によっては、
「先生、腹筋運動のやりすぎですよ。
 それがいけなかったんじゃないですか?」

 とお尋ねになる方もいらっしゃいます。

実際、医師にそうお聞きしたところ、
 柴田恭兵ばりに
 『関係ないね』
 と、返されるのですが、
 私自身も懸念し、
 復帰後は、
 長時間の腹筋運動は、
 していません。

 その代わりと言ってはなんですけど、
 毎日7キロ強、歩き、
 懸垂をし、
 プッシュアップを続けています。

 薬の代わりのつもり。

 何かをしていないと
 不安なのが本音です。

 今、
 この世を卒業するのは
 心残りすぎます。

 子供達は、
 社会人になるには
 まだ早すぎる。

 私がいた方が、
 少しは助けになることでしょう。

 そして、
 貸家主義の会は
 生まれたばかりです

 テキストを充実させ、
 私以外の講師を
 数多く誕生させ、
 私抜きでも
 自立できるように
 するのが、
 貸家主義の会を
 発足した
 私の責任であろうと
 考えています。

 命の残高、
 貯金通帳のように
 確認できるものでは
 ありません。

 ただ、子供貯金でしかないのかもしれませんが。
 1日500円玉貯金に過ぎないのかもしれませんが、

 毎日7キロ強のウォーキングと
 少しばかりのトレーニングは続けようと思っています。

 来月の
 引き落としで
 残高ゼロに
 ならぬように。

 とにもかくにも、
 あわてず 
 あせらず 
 あきらめず

 一歩
 一歩
 歩んでまいりますので、
 
 今後とも、
 宜しくお願い申し上げます。

 復帰後半年を迎えるに、あたり。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 生き方 |