お花見と兼業大家さん

 

桜の開花宣言が北上を続けています。

街並みを、宴会場を、
そして深夜を、妖しくも艶めく空間に、
変貌させる春の花……。

 

古来より「ケ」と「ハレ」で
日常を分けていた日本。

 

「ケ」は日々の暮らしです。
それぞれの職分に従い、黙々と働き、
つつましやかに過ごします。

 

「ハレ」は、お正月や冠婚、
そして祭り等の特別な時間。
その日限りは無礼講です。

職分を超え、地域に住む住民が集い語らい、
酒を飲み唄います。

 

「ケ」ばかりでは息が詰まる。
「ハレ」を続けると、生活に支障が出る。
双方のバランスが大切です。

 

見たところ、
2か月〜3か月に1度程度の頻度で
「ハレ」の日を設けていたようです。

田植え、盆踊り、収穫祭、
お正月、そしてお花見……。

 

地域によっては1つか2つ
独特の祭りを加えています。

例えば、大文字焼、ねぶた祭り、
七夕、ケンカ祭り、裸祭などなど。

 

「ハレの日」は、日常の不満を吐き出し、
地域社会の結束を再確認する有効な手法
だからこそ、引き継がれてきたのでしょう。

 

そうした「ハレ」の中でも、
独特の伝統行事こそ”お花見”です。

桜並木を歩き、お重を食べ、語らい、
時には唄い、笑顔を交わします。

 

他のハレの日のように、
地域社会が一致結束して準備をする
必要はありません。

家族、職場、友人、
親戚、そして恋人同士、
もしかすると一人だけでも、
成立する「ハレの日」、
それが”お花見”です。

 

そっと歩く。
悩み事を抱えた方であっても、
周囲の変化に気づき、
顔を少し上げるだけで、

(もう、春かぁ……)
と、気づけます。

でしゃばらず、何かを強要せず、
春の到来を告げ、散ってゆき、
ザワザワとした葉桜に一変します。

 

ただ、ご理解いただきたい。
この伝統を、
裏から支える人々の努力を、

 

”サクラ”
大半を占めるソメイヨシノは、
自生できません。

花を咲かせ種ができても、
樹木にまで成長することはありません。

 

ソメイヨシノは接ぎ木と挿し木でしか、
数を増やすことはできないのです。

古くは村や町、神社、仏閣が予算を計上し、
植木屋の棟梁が親方となり、
地域住民の労働力により、
桜並木を作り上げてきました。

放置すると、樹勢を弱め、
他の樹木に負けてしまうのが桜です。
桜並木は人の手を借りなければ、
生存を許されません。

 

幼いころは、
「きれい、夢みたい……」
  と、だけ思ってきた。
 

小学校、中学校と進むと、
お花見のあとで、花びらをかき集める大人、
晩秋に、落ち葉を積み上げ、
枝打ちをする植木職人、
何気ない彼らの姿に気づきます。

 

どこか、
兼業大家さんと似ていないでしょうか?

 

貸家は、一人では何もできません。
大家さんである、
皆さんの、お力添えがなければ、
再リフォームも、設備の入れ替えも、
大規模修繕も、何一つできはしません。

 

ただ、
貸家が望むであろう、
貸家があるべき姿を、
淡々と、実現に向け、努力を継続すれば、

貸家は、彼らの魅力を存分に
発揮してくれます。

 

さすれば!

貸家は、
皆さんの「ケ」である日々の日常を支え、
皆さんの「ハレの日」を豪華賢覧に
彩ってくれることでしょう。

 

兼業大家さんに、”幸”あれ!!

 

咲き始めの
薄紅色のサクラを眺めつつ、
強く祈念、申し上げます。

 

以上、略儀ながら感謝とともに。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 大家業 |

貸家と大家さんに求められる資質

 

生きとし生ける者には、
好むと好まざるに係わらず、
3つの欲が付きまといます。

そう……。
食欲、性欲、睡眠欲の3大欲求です。

 

毎年、ありとあらゆる新規商品が
開発されていますが、
この3大欲求に複数訴求する商品こそ、
ヒット商品になるようです。

 

例えば、
コカ・コーラのガラスボトルの形状は、
女性のクビレをイメージし、
主要成分の”コカ”は健康に良いとされ、
当初は薬局で売られていました。

もちろん、すっきりさわやかな味とともに、
喉の渇きを解消するのは
言うまでもありません。

 

つまり、3大欲求のうち、
食欲と性欲の2つに訴求する特徴こそ、
世界を席巻したコカ・コーラヒットの
源だとされています。

 
 

それでは、貸家に求められる資質とは
何でしょうか?

 

〇食欲 →キッチン・リビング
〇性欲 →お風呂、そして異性に好まれる
立地や間取りや環境
〇睡眠欲→寝室の快適性と静粛性
 
 

そう、
コカ・コーラに備わった食欲と性欲の
2つどころか、3つの欲求すべてに
応える商品こそ、貸家です。

 

だからこそ、

・なんとなく直し、
・なんとなく募集し、
・なんとなく管理をしても、

多くの大家さんは、
家賃を受け取れているのです。

もったいなくないでしょうか?

 

「え、何がモッタイないの? 
いいでしょうよ。簡単なんだから…。
 難しく考える必要はないよ」

 

なるほど、それも選択肢の一つ。

特に、相続案件など、返済がないのであれば、
必要な経費は維持管理費だけですから、
問題は起こりません。

 

しかしながら、貸家の立場に立つと、
どうでしょう?

〇もっと輝ける。
〇空室なんか起きない。
〇磨いてくれれば、所有者である皆さんに
恩返しができる。

そう思い、出番を待っているのに、
何もしてくれない。

 

きっと、時間が過ぎるままに
劣化してゆくんだ。
そして、古くなったら誰かに売られるか、
壊されてしまうんだ……。

そう思っていたとしたら、
悲しくないですか?

 

あきらめれば、それで終わりです。

貸家はやる気をなくし、
ありとあらゆる場所が壊れ始め、
クレームが続出し、
退去が続き、
嫌になって放り出したくなってしまいます。

 

「嘘だぁ~、からかってんでしょ」

 

いいえ、嘘のような本当の話です。

私も大家歴23年目、
今年の5月で24年目に突入しますから、
様々な経験をしてきました。 

 

しかも、
 多くの方々の相談に乗り、
 解決策を提示し、
 その後の経過を見てきていますから、
 経験したケースは膨大です。

 

例えば、
 ある相談者からのお悩みは
 アパートの売却相談でした。
 売値と仲介会社、
そして必要最低限の手直しについてです。

 

「なるほど……。
それで、残債はいくらですか?」

「ありません。相続ですから」

「では、何か必要なお金があるわけですね」

「いいえ……」

 

借金があるわけでも、
差し迫った資金需要があるわけでもない。

にも係わらず、手放してしまいたい。
 
(( いったいなぜ? ))

相談者の顔色を見ると、
物件のことを尋ねれば尋ねるほど、
嫌悪感がありありと浮かび上がります。

 

気が付くと、ふっとこんな言葉を
口にしていました。

「すねているんですよ」

「すねてる? 誰が……、私ですか?」

「いいえ、奥さんがすねるわけはない」

「え、だったら夫?」

「アパートです。よくあるでしょ。
親から構ってもらえない子供が拗ねて、
熱を出したり悪戯したりすること」

「先生! アパートですよ」

 

そこから、それまでに経験したことを口にし、
理解していただくよう、努力いたしました。

 

「上手くいったんですか?」

 

そんな魔法はありません。
永い間、気の遠くなるような時間をかけて、
アパートとの関係は悪化していったのです。

私と会ったからと言って、
一気に得心のいくはずは、ありません。

 

ただ、
彼女の気持ちに突き刺さったのは、

「アパートを好きになってもらえませんか。
見てあげるだけでもいい。
 見捨てるんじゃなくて、気遣う気持ち、
と言えば、お分かりいただけるでしょうか。

それでも、嫌な気持ちが変わらないなら、
次の、しかるべき所有者を
探してあげると言う心構えで、
売却先を見つけてあげればいい。
それで、どうでしょう?」

 

私の言葉はきっかけに過ぎません。
彼女は、彼女なりに、悩んだからこそ、
時間とお金をかけ、方々に相談をしながら、
私の元に辿り着いたのです。

ですから、”解決したい”
と、言うお気持ちは
彼女から生み出されたものです。

 

その後、クレームと向き合い、
改修をし、仲介業者と面談を重ね、
半分以下だった入居率を90%近くまで上げ、
最後は、周辺相場以上の価格で、
売却されました。

 

持ち続けることはできなかったようですが、
貸家の立場に立てば、
上々の結果だったと思えます。

 

誰もが、大家さんに向いている
わけではありません。

毎月家賃を支払ってくれるとは言え、
店子さんは他人です。
赤の他人ではありませんが、
身内かどうかと言えば、他人に分類されます。

 

そんな第三者から、ある日突然、

「どうなってんだぁ~、早く直せ!」

と、クレームを受け。

仲介会社や管理会社からは、
べらぼうな工事費を請求され、
毎月当てにしていた、家賃は退去と同時に
パッタリ入らなくなり、
入居のためには、想像以上の
リフォーム費用を支払わなくてはならない。

 

きっちりした性格、
白と黒をハッキリしたい性格、
ハンコでおしたような日常に
安心感を覚える方々、

残念ながら、多少、
大家さんには不向きかもしれません。 

それは、それでいい。
所有し続けられる大家さんに、
可愛がられる方が
”貸家”にとっては幸せです。

 

だからこそ、
いつも口にするように、
戸建から初めて頂きたい。

 

自分が大家さんに向いているのかどうか、
早いうちに、
後戻りのし難い、大きな借金をする前に、
確認して頂きたい。

 

性格は、直そうと思っても、
これがなかなかどうして、難行です。

40歳であれば40年、
50歳であれば50年かけて
熟成してできた性格です。

 

性根から直そうとしたら、
ご自分の年齢の半分位の年数をかけなければ、
無理な相談です。

そんな無意味なことは諦めたほうがいい。
 

 
 

 ☆☆得手に帆を張れ!☆☆

私が好きな言葉です。
世の中には様々な人がいらっしゃいます。
だからこそ、世の中はなんとか
回っているのです。

私も皆さんも、
そうした様々な人々の中の一人!
それでいいじゃありませんか。

 

そして、
俺も兼業大家さんできるかなぁ~、
なってみたいなぁ~
と、半年以上想いつづけているのなら、
それは、大家さんに向いている
確かな証拠です。

なぜなら、
ずっと、あなたを見続けていた、
親よりも、親友よりも、
あなたと一緒にいた、
あなたの心の奥底にデンと居座っている、
潜在意識が、拒否していないからです。
 
 

できないこと、
いやなこと、
無理だと思える夢や願望は、
どんなに、素晴らしい目標であったとしても、
思い続けることは不可能です。

 

”いやいや、そりゃあんたには無理だよ。
できっこないから、もう考えるな”

 

ずっとあなたの傍にいて、
見続けていた潜在意識は
無常に判断を下します。

 

潜在意識から、拒否られず、
ちゃちも入れられないなら、
一歩踏み出してみる。

実際に大家業を経験して、
本当に大丈夫かどうか、
確認してみる慎重さが必要です。

 
 

だからこそ、
まずは、自己資金で戸建の大家さんから
始めていただきたい。

〇物件探し
〇値段交渉
〇リフォーム
〇入居募集
〇管理業務

一つとして、苦労なく、
できることなんて、ありません。
とんとん拍子に行くなら、ビジネスではない。

皆さんの本業だって、
取引先や上司からの要望を解決されているから、
ビジネスとして成り立ち、
お給料を頂けているのです。

 

そして、そうした数々の困難を
乗り越えるからこそ、
家賃という果実を
毎月受け取れることができる!

それが成果です。

 
 

 ☆☆兼業大家さんに”幸あれ”!☆☆

 
 

凍てつく冬を乗り越えた
桃の花を朝の散歩で目にし、
その願望を、一層強くいたしました。

 

以上、略儀ながら感謝とともに。

藤 山 勇 司

カテゴリー: アパート, マンション, リフォーム, 全記事, 大家業, 戸建て |

本業と大家さん、そして時間

 

夢……。
子供の頃、”なれたらいいなぁ”
って、思っていた(( 夢 ))

汗を流し、歯を食いしばり、
アホのように頑張って実現された方は、
どれほどいらっしゃるでしょうか?

情熱大陸やNHKの仕事の流儀、
そしてスポーツの特番などでは、
夢を実現された方が、
次から次へとでてくるので、
夢を掴むのは当たり前のように思いがち。

 

しかしながら、どこかで挫折し、
現実と妥協してしまいます。

 

「なんでかな……、
早朝練習も休まずに頑張ったんだけどな。
後輩にすごい奴がいてさ、
こいつには叶わないなって思ってね。
やっぱ、才能のある奴は違うなって……。

でも、後悔はしてないよ。
今は今で違う夢を追いかけてるし、
家族も子供もいるから、やりがいはあるよ」

 

そう、人は現実と向き合い
続けなければなりません。
夢だけで生きられるのは、
想像上の動物”バク”ぐらいものです。

 

では、なぜ現実に向き合うと、
多くの人が夢を追えなくなるのでしょう?

 

私が考えるに、それぞれの潜在意識、
心の奥底にいるジャッジマンが、
その夢の実現性を可能か不可能か、
判断を下すからです。

 

つまり、
努力すれば、叶う夢については、

〇時間をかけ、
〇汗を流し、
〇お金を投資してもいいだろうと、
許可を下し、
夢に向かい続け、
夢は目標に変化し、
目標は予定やノルマに形を変え、
実現してゆきます。

 

しかしながら、どう贔屓目に見ても、
不可能と判断したなら、夢は夢のままとなり、
セピア色の甘酸っぱい、思い出となる。
そして、現実的な次の課題に、
取り組むこととなるのです。

 

事実、
人は不可能な夢を長期間、
抱き続けることはできません。

 

例えば、
4年後の2020年!
東京オリンピックが待っています。
幾多の競技が開催されますが、
なんと言っても、花形は”100m走”!

  努力すれば、
  夢は叶う!
  必ず実現する!

もしもそれが本当ならば、
私もウサインボルトと競り合ってみたい。

 

ところが、そんな夢を抱いたところで、
私の潜在意識は、鼻で、せせら笑い、
一顧だにしてくれません。

そりゃそうです。
私の自己ベストは12秒37……。
10秒台にも遠く及びません。
しかも、その記録は30年以上前の話し、

さらに、
年齢は54歳、2020年には57歳。
アラフォーどころか、アラフィー、
いやいやアラシックスティでしょうか。

潜在意識にデンと居座るジャッジマンは、

「馬鹿だろ。無理に決まってるじゃん。
無駄な努力はよせ」
 
と、陸上シューズを買うことさえ、
許してはくれません。

 
 

皆さんの夢!

兼業大家さんになりたい。

5棟、10室以上の
事業規模の大家さんになって、
財務基盤を強化して、
家族の生活を安定させたい。

 

珠玉の夢を長期間抱き続けて
いらっしゃるでしょうか?

1週間や1か月という、
短い時間でないならば……。
皆さんの潜在意識に居座る
”ジャッジマン”が、

 

☆☆可能だよ、しっかりやんな☆☆

 

と、判断を下してくれている確かな証拠です。

 
 

無理と判断したなら、

~~馬鹿なことを考えるな、
   現実と向き合って堅実に生きろ~~

と、皆さんの夢をせせら笑い、
やる気を削ぎ、忘れさせようとします。

 

誰が判断したのか?
そう、誰でもない皆さんの心が、
これまでズット皆さんを見続けてきた、
潜在意識が判断したのです。

 

あわてず あせらず あきらめず
一歩一歩、歩んで行けば必ず、実現できます。

 

それから……。
私たちは自分の現状を卑下しがちです。
達成したことは、当たり前のことと受け止め、
できていないことに、嘆いてしまいます。
いつも、欲求不満……。

 

それでいいんでしょうか?

もっと、評価してみては、どうでしょう?
甘やかすのではありません。
正当に皆さんご自身を評価して頂きたいのです。

 

例えば……。
五体満足で健康であること。
病院でうんうんうなっている
患者さんから見ると、羨望の的。

事実、今年の1月に
腸捻転からの腸閉塞で
50㎝も小腸を切除した私には
痛いほど分かります。

実際、切腹をし続けるほどの
痛みでしたから(笑)。

 

そして、本業のある事、
本業を続けていること。

凄いことです。
世間の一部には、サラリマンや公務員
そして小規模自営業者の皆さんを

「だから、どうしたっていうのよ。
当たり前でしょ」

と認めもしない輩がいますが、
とんでもありません。

 

本業を継続し続けているということは、、
世の中の変化に対応し続け、
世間や会社の要望に応え続けているからに、
ほかなりません。

10年前と同じ仕事しかしていないとしたら、
正社員なんて維持できません。

 

兼業大家さんに必要なノウハウは、

  ☆☆ 浅 く て 狭 い ☆☆

まるで、灰皿ほどの情報量……。
皆さんの本業を続ける情報量の
10分の1程度です。

しかも、一度覚えると……。
自転車の乗り方と同じように、
二度と忘れることはありません。

「うそ、うそだぁ~~、
   からかってんでしょ」

 

本当の話です。

では、なぜ不動産は難しい。
素人が手を出すものじゃない
と、一般常識で信じられて
いるのでしょうか?

 

それは、
不動産業界が、そうした神話を
広めているからに他ありません。

実態を知られると、彼らにはマズイのです。

 
 

よろしいですか?
不動産は人が使用します。
人のサイズは大きく変わりませんし、
要望も一定限度の範囲内に収まっています。

ですから、
一度、基本を覚えると、それで終わり。
情報を書き換える必要はないのです。
10年前どころか、30年前の常識で
仕事は粉せてしまいます。

  

一方、
皆さんの本業はどうでしょう?

30年前のノウハウ、
新人の頃に覚えた技術で
今日や明日の仕事をできるでしょうか?

10年前どころ、去年のノウハウでさえ、
古ぼけているのが現実ではないでしょうか。

 

舐めてかかってください。
不必要に恐れないでください。

皆さんの本業から比較すると、
確実に、浅くて狭い情報量しか
必要としないのです。

 

そして、
皆さんと業者の大きな違いは、
業者は納期に追われ、返済に焦り、
時間を敵としているのに対し、
皆さんは「時間の流れ」を友人にできます。
 

  〇じっくりと、優良物件を探し、
  〇時間をかけてリフォームをこなし、
  〇問題のない店子を募集する
  ことが可能です。

 
皆さんには、本業がある。
だからこそ、日々の生活は
本業で賄うことができるので、
焦る必要はないのです。

 

ここが大きな違いです。

 

あわてない あせらない あきらめない
 

この三つの「あ」を基本となさってください。

  ””兼業大家さん””
  を日本の文化にしたい。

私の心の奥底から、
願っている””夢””です。

 

藤 山 勇 司

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |