意識と時間


来年の1月1日で55歳になります。

昔であれば、
完全に引退している年齢です。


だからでしょうか、
ふとした時に、
昔を振り返り、
子供たちに
問わず語りに話しています。


「ふ~ん、で何を話すの?」

ここ最近の話題ですと、

< 意識と時間 >

です。

話した場所は、錦糸町駅前の叙々苑。

「リッチだねぇ~」

長女の22歳の誕生日と
英語検定1級合格のお祝いを
兼ねての宴席ですので、
どうかご容赦のほどを。

「で、どんな話なの?」

意識、
一言で申し上げますと、
意識には

 〇表層意識
  → 普段考えている意識。
 〇潜在意識
  → 夢で出たり、感情として噴出する 
    普段は知覚できない意識。

の2つの車輪で構成されています。

そして、
大事なのは、
表層意識ではなく、
表層意識を支える大きな領域を占める潜在意識です。

私は、
氷山と一緒でして
海の下に隠れる9割を占めるほどの大きさを持つ
潜在意識を無視してはならないと伝えました。

「ふ~ん、せんざいいしきねぇ。
 で、そいつを無視するとどうなるの?」

・やる気がでなくなります。
・努力しても、努力しても成果らしきものは出て来ません。
・継続しても失敗ばかり重ねてしまいます。
 
「えっ! そうなの?」
 
はい。

本音を無視すると、
表層意識を叱咤激励しても、
隠れている潜在意識は、
大きく、頑固なので
 どうしもなく、
  動かそうとすればするほど、
   根をはったように動かなくなります。

「どうすりゃいいの?」

ぽっと湧いて出てくる
心の奥底からの声を
聞き耳をたてて
慎重に聞くことです。

「どんな風に?」

潜在意識からの表現は、
感情に近い……。

損か得かよりも
好きか嫌いかが
大きな判断基準です。
 
ですから、
スポーツが好きな人もいれば
勉強が好きな人

  そして

歌や踊りが好きな人
などに別れます。
 
 ”好きこそ、物の上手なれ”
 
好きなジャンルに
集中するべきです。

決して、
スポーツに関心が向いている方に
勉強を押し付けてはなりませんし、
逆もまたしかりです。

例えば、
今回、 
英検1級に合格した
長女は、
数学は大っ嫌い!

高校に進学した際も
数Ⅰで、挫折し
数学を嫌い嫌悪するようになりました。

それを見た私は、

 「数学はやらんで良し!
  お前さんは英語が好きそうだから、
  そこを伸ばせ!

  数学は得意な奴に任せれば、
  この社会は大丈夫だ」

と、
数学の呪縛から解放しました。

「ふ~ん、
 好きなことをやれってことか。

 でもさ、
 好きなことって
 良く変わるんだよね。
 そんな時はどうすりゃいいの?」

時間です。

6か月変わらなければ、
その好みは本物と判断していいでしょう。
コロコロ変わる指向に
振り回されてはなりません。

「他には?」

時の流れと、瞬間の関係です。

「しゅんかんって、
 ”あっという間”の
 あれかい?」

そう、
 実は、
  言われてみれば、 
   当然のことですが、

時の流れも
 「あっ」と言う
   瞬間が積み重なりです。

そして、
 私たちに自由にできるのは、
  時間の遣い方……。
 
この瞬間に何をするのか、
  今日は何をするのか、
    今、何をするのか

その積み重ねが人生となるのです。

その事実を
 焼肉を喰らい
  ビールをジョッキで流し込み
   タバコを吸いながら、

延々と話し続けました。

「なんで、
  お祝いの席でさ、
   そんなかたっ苦しいこと
    話すの?
 バンザイ三唱でいいでしょ」

 これも、
  私の選択の一つです。

   彼らと一緒に生活する時間は
    じりじりと少なくなっています。

 あれも伝えたい
  これも引き継ぎたい。
   そうは思っていても、

  彼らも私も
   日々のタスクが待っています。

だからこそ、
 ご馳走を目の前にして
  祝いながらも、
   これからのこと。

特に、
 私がこの世を卒業し、
  彼らの相談相手になれない以降のことを
   前提として話しました。

皆さんは、
 誰にどんなことを
  お伝えしたいと思っていらっしゃるでしょう?

もし、
 お考えがあるなら、
  なるべく、

 機会を捉えて、
  実行なさった方がいい。

なぜなら、
 時の流れは無常でして、
  思わぬ時に
   人生の最後を迎えることもあります。

事実、
 私は今年の1月15日に
  腸閉塞で小腸を50cm切除いたしました。

人間至る処青山有り
(じんかん いたるところにせいざんあり)

幕末の月性和尚の言葉、
胸にしみいります。

藤山 勇司

============================
藤山勇司公式サイト
ソーシャルリニューアルしました!
============================

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

■Facebookページ いいね!はこちらから

■LINE友達登録はこちらから

■Twitterフォローはこちらから

================================

カテゴリー: 全記事, 生き方 |

うた、唱、詩、歌、唄

 
こんにちは、藤山勇司です。

言語の始まりは、
いったい何だったのか……
   
ふと、思い浮かぶことがございます。

 

 

一説には

唸り、吠えや、痛み

確かに、危険を知らせたり
集合を掛ける際の遠吠え。

犬や猫の威嚇や
争いの様子を窺えば、
合点がゆきます。

  

ただ……
  

「ただ、何?」

 

どうも、違う。

 

人と似通った知能を持つ
イルカやクジラ、

彼らが怒鳴ったり、威嚇したりした場面を
寡聞にして見聞きした覚えはありません。

  

思い浮かぶのは
ゆったりとした
リズムに乗ったメロディに近いもの。

  

ここからは、
私の独善と独断なのですが、

言語は音楽と同じ時期、

もしかすると、
単調なリズムしかなかったのかもしれませんが、

音楽の方が先に来て、
そこに言葉が生まれて多様化し、

通常会話では、
リズムを取り払い、

言葉のみとなったのではないか……
そう思えるのです。

  

実際、
幼子は、
そろいもそろって音に敏感で

音楽を耳にすると、
身体を揺らしたり、笑ったり、

とにもかくにも楽しそうにしています。

かく言う私も
特定の楽器に精通しているわけでもないのに、
作詞だけでなく作曲もたしなんでいます。

  
事実、
「線路」という自費出版のCDも作成し、
縁ある方々にお配りしています。

もしかすると、
こうして読んで下さる皆さんの中にも
自宅の片隅にホコリをかぶったままの
「線路」が佇んでいるのではないでしょうか。

もしそうなら、
後生ですから、
一度でいい。

音を出してあげていただきたい。

  

なぜなら、
そのCD、
音を出すためにこの世に誕生したからです。

いずれ、
廃棄され
ケムリとなるのでしょうが、
その前に音を奏でることができれば、
本望だと思うのです。

  
「ふ~ん。CD出したことあるんだ。
 なんで作ったの?」
  

呉の飲み屋街に近い雰囲気があるからでしょうか、
新宿のゴールデン街、
私には肌があい、
良く足を運びます。
 
CDを出したきっかけは、
そこで仲良くなったミュージシャンにおだてられたから……、ですかね。

  
「おだてられたら、CD出すって、おかしいでしょ」
 

そう、
そうですよね。
 
まぁ、ある夜、
酔っぱらって、一軒、また一軒と飲み歩いていて、

どうにも、
馬の会う若者と、
人生談義をしていて、
散々ご馳走したんですね。

そしたら、

「ボクの知ってる店にいきませんか。
 ギター弾けるんで、唄いましょう」

と、
来たもんですから、
いそいそとついて行ったのです。

  
そこで、
レパートリーの

「酒と男と涙と女」
「大阪で生まれた女」
「東京」
「トンボ」
「乾杯」

……
を気持ちよくが鳴っていたら、
やんやの拍手!

  
気が大きくなっていたのか、
  

””おいらはな、
 歌うだけじゃない。
 作曲だってできるんだぁ!””

と、言わないでもいいことを言っちゃたんですね。

  
そしたら、
聞かせて欲しいとキタぁー!!

そこで、
今度のハワイ旅行から帰ってきたら、
聞かせてやるから、
待ってろぉお!
 
と宣言してしまいまして、

6年前の夏に
悪戦苦闘して

1日1曲ノルマを自らに課して、
出来上がった中の1曲が
「線路」です。

  
一言で言えば、
サラリーマンへの応援ソングでして
ジャンルで言えば、Jポップ!

彼によれば、
メジャーデビューも夢じゃないと
TUTAYAでも売り出したんです。

  
「へぇ~すごいじゃない。
 売れたの?」

  
最初は6店舗、
2週間で300枚売れれば、
関東全域で売ろうという話でして、

10日で400枚を超えて、
これで関東全域は確保、

すこしすれば、全国になるだろうし、
ヒット間違いなしと
1万枚作成したのです。

  
鼻息荒かったですね。

子供たちには

  
「パパはな、12月31日に家にはいない」

「どこいくの?」

「あそこだぁあ!」

  
なんて、ブラウン管のテレビを指さしていたのですから(ハッハ……)。

  
「でもさ、聞いたことないよ。
 ”線路”なんて、
 ♪せーんろはつづくよ。どこまでもぉ~♪
 は、知ってるけど」

  
ええ、そうでしょうとも。

メジャーデビューどころか、
TYTAYAでの関東全域販売もナシになったのですから(ぐすん)……

  
「え……、なんで?」
 

クレームが酷かったんです。

 〇なんで、講演会の内容が入っていないんだ(読者の方から)
 〇1050円なのに、一曲しか入ってないぞ(音楽ファンの方から)

その結果、当然ですけれど、
TUTAYAさんは
全部お引き取りをと、にべもなく、
1万枚が自宅に届きました。

まぁ、山ですよ。
山、

CDの重さは130gくらいでして、
1万枚になると1300キロ!!

1トン超えるんですから、

グランドピアノ5台分ですからね。

泣けてきました。

マンション裏手の倉庫の2階に運びあげるときの辛いこと、
悲しいことと、いったらありませんでした。
 
そんな時に、
運よくというか、悪くというか
子供が学校から帰ってくるんですよ。

  
「パパ、紅白でるんでしょ。友達に言っちゃったぁあ!」
  

って、

私は、
力なく、

  
「ああ、あれな。なしになったぁ……」
  

消え入るような声で言ったものです。

  
あれから6年、
配りに配って5500枚。
在庫は4500枚となりました。

業界では、隠れた小ヒットと呼ばれており、
amazonプライムでは724円で売られています。

お渡した皆さんの中から
出品されているのでしょう。
 
  
「もう、歌謡曲はこりごりでしょ」
  

いやいや、
 それがそれは、
   面白いところでして、

歌手の歌には力がある。

痛い目を見たにもかかわらず、未だにそう思っています。
 
 
 
そして、
人それぞれの感性に合った楽曲や歌い人はいるものだと思う今日この頃です。

  
「誰かいたの?」
  

テレビ東京の
「THW カラオケ☆バトル」
で見た

平成のおんなギター流し
 ” お か ゆ ”

という方です。

  

雑草そのものの彼女の今後の活躍を期待したい。

そして、
もし、

機会があれば、
私の「線路」をはじめとした楽曲を歌って頂きたい。

夢は、
自ら見るだけのものではなく、
繋ぐものでもある。

そう思っています。

  
藤 山 勇 司

  

  

=======================================
半年に1度の大人気セミナー いよいよ最終回!
=======================================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための
「やさしい不動産投資入門セミナー」

2017年に藤山先生が「直接講義」を行うセミナーも
いよいよ最終回となりました!

次回開催は未定ですので、
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

>>詳細・お申込みはこちら!

【日程】
2017年10月21日(土)
13:30~16:30
満席間近!

※次回開催は未定です。

【場所】
東京・神田

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、
藤山先生が、
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法
をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?
– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意
– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ
盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

>>詳細・お申込みはこちら!

============================
藤山勇司公式サイト
ソーシャルリニューアルしました!
============================

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

■Facebookページ いいね!はこちらから

■LINE友達登録はこちらから

■Twitterフォローはこちらから

================================

カテゴリー: 全記事, 生き方 |

喉元すぎれば……

 
今年の1月15日、
小腸を50㎝切除する緊急手術をし、
あれから8カ月の時が流れました。
 

 

一時、75キロ近辺まで落ちていた体重は
80キロ近くまで回復し、
体力も手術以前まで戻ってきました。

当時は、
くしゃみさえ、痛かった。
歩くことが
こんなに大変だとは思いもしませんでした。

ところが、
”喉元過ぎれば熱さを忘れる”
とでも言いましょうか、

お粥は白飯に
サラダは野菜炒めに

そして、
黒ウーロン茶は生ビールに
変わり果てています。

美味い!!

そりゃ、もう
おいしいんです。

当時は、
食事そのものが、
リスクのようで、
また便秘になったらどうしよう。

もしかすると、
手術台に
再び上がる羽目になるのではないかと
冷や汗ものでした……。

 
 「で、今はどうなの?」
 

横断歩道を山登りに見立てて、
走ってあがり、
道路の反対側の下り階段を駆け下りる。
 
これを毎日6往復しています。

そして、懸垂を10回と
腹筋を朝と夕方に50回。

体力回復に努めています。

 
「それで、どうなったの?」
 

飯が美味い。
旨すぎる。

ごはんがこんなに甘く、
食いごたえのある食材とは思ってもいませんでした。

「いいじゃない。
 何か心配なの?」

どうやら、
私も

のど元過ぎれば派

のようでして、

運動をしたなら、
食べてもいいのだ。
それでいいのだぁ~

と思いこもうとしていたようです。

 
「それでいいでしょ。
 何か違うの?」
 

昨夜、
“主治医の見つかるテレビ”
でしたか、

この番組を見ていたのですが、
DJ・KOOさんが

 〇大腸にポリープはみつかるわ
 〇尿酸値は高く、痛風寸前
 〇内臓脂肪はたまりまくり

はては、クモ膜下出血一歩手前という
緊急事態だった様子をドキュメンタリー風に流していました。

その後、札幌の病院で緊急手術をし、
ことなきを得、
めでたし、めでたし
と番組は終わったのですが、
私の背中はびっしょりと汗をかいていました。

 
「なんで?」

 
食事や運動の仕方が
手術前と
あまり変わりなくなっていたからです。

あれほど、
死ぬ間際まで追い詰められながら、
何も学ばなかったのか……。

もっと、
身体を気遣う必要があるのではないか。
そう感じました。

すでに半世紀と4年。
生まれた瞬間から
今の今まで、
心臓は鼓動をとめることなく、
血液は巡り続け、
手も足も自由に動かせる。

あと、
何年この状態を維持できるのか。

それは、
己の体にどれだけ、 
心を配れるのかどうか
ここにかかっているように思います。

そう、
貸家も同様です。

10年の間、
放置していても
躯体に何も影響はありません。
ところが、15年
     20年
 を過ぎると、
維持管理により、
大きく性能が変わってくる。

貸家であれば、
よく分かるのに、
己の体だと、
小島よしおさん
ではありませんが、

『ダイジョウブ、ダイジョウブゥ~』

になってしまいがちです。

  
「じゃ、またお粥にして、アルコールは飲まないんだ」
 

いや、
それは、
う~ん、
どうでしょう?

 
「歯切れが悪いねぇ~、そういう事じゃないの?」

 
白飯の旨さは
捨てがたいので、
量を減らします。

そして、
アルコールは
今と同様、
家では一滴も飲みません。

そして、
早寝早起きを励行し、
運動も欠かさない。

それで、
ちょっと様子をみようかなぁと
 
無茶は
せず、
余裕をもって生活をしてゆけば、
いいのではないかなぁ、と

喉元を過ぎてしまいましたから、
この辺りで
妥協してもいいのかなぁと、
 
思う今日この頃……、です。

お後がヨロシイようで……。

 

 ”テレビを見て少しだけ”
   ”ブルーになった”
  藤 山 勇 司 より

 

===============================
半年に1度の大人気セミナー 開催決定!
===============================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための
「やさしい不動産投資入門セミナー」

>>詳細・お申込みはこちら!

【日程】
・2017年 10月 7日(土)13:30~16:30
・2017年 10月14日(土)13:30~16:30

【場所】
東京・神田

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、

藤山先生が、
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法
をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ
盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

>>詳細・お申込みはこちら!

================================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから

https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから

https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから

https://goo.gl/MvgRuI

カテゴリー: 全記事, 生き方 |