大家さんと年賀状


♪もう幾つ寝るとぉ~お正月
 お正月には凧揚げてぇ~
 独楽を回して遊びましょぉ~♪

 

「気が早いねぇ~
 でもさ、
 そういやぁ、そうだ。
 いやいや、
 あっという間の1年だった。
 ………、
 なんか、忘れてるようなぁ……
 なんだっけ?
 ………
 そうだぁあ!
 年賀状だぁ
 もう書き始めないと、
 いっつも
 大慌てで出してるんだ」

 

確かに、
私もそうです。
毎日、
  〇やらないといけないこと
  〇やりたいこと
  〇突発的業務
こうした諸々の仕事に追われ、
気が付くと
年末になっています。

今年は平成31年で始まり
令和元年で終わる、
数十年に一度の年。

考えて見れば、
平成は、
昭和64年に始まり
令和元年で終わりました。

平成の始まりは、
昭和天皇のご逝去でした。
日本中が喪に服し、
鎮痛な想いを抱いたことを思い出します。

翻って、令和!
地震や津波に台風に洪水など、
腰の落ち着く間もなく、
日本全国を慰問でお回りになった
平成天皇は上皇となられ、
令和天皇が御即位されました。

平成の始まりよりは
多少良かったのでは?
そう思っています。

 

「そんな昔ばなしは
 よそでやってくんな。
 で、さ、
 年賀状もう書くの?
 毎年、毎年、
 何書くか、
 頭が痛いんだ
 特に、
 店子さんに出す年賀状、
 毎月キッチリ家賃を払う店子も
 いれば、
 なんでか、
 毎月、毎月
 1日とかさ、
 4日とかさ、
 怒ろうにも
 怒れない微妙なズレで
 振り込む店子には、
 まいっちゃうよね。
 愛想の良いフレーズだと
 勘違いしちゃうかもしれないし、
 かと言って、
 入金チェックしてから、
 一人一人に違う挨拶文を
 書いていたら、年が明けちまう……
 たっく、
 どうしたもんだろ?
 ね、
 なんかさ、
 言い解決策ないもんかね?」

 

お待ちください。
大家さんであるにも関わらず、
店子さんに、
毎年、毎年、
年賀状をお出しになっていらっしゃるんですか?

 

「そりゃそうでしょうよ。
 店子さんと言えば、
 お取引先だよ
 お取引先にさ、
 暑中見舞いと年賀状出すのは当然でしょうよ。
 だって、戸建だと毎月7万円、
 アパートだって4万2000円とか、
 5万1000円払ってくれるんだよ。
 年賀状なんて、1枚、52円だっけ?
 そんなお金をケチって、出さないの?」

 

お金のお話ではありません。
大家さんと店子さんの距離感の問題です。

 

「きょりかん?
 はん、
 まったく、
 何を言い出すかと思いきや、
 的外れのことを言い出し始めたね。
 じゃ、その距離感って、
 どうあるべきなのさ」

 

大家さんは、
請求書を出さないでも家賃が入ってきますよね。
何故でしょうか?

 

「せいきゅうしょ?
 はいはい、出してませんよ。
 そりゃ建物賃貸借契約書を交わしているからでしょうよ。
 どこがおかしいの? 
 って、待てよ……
 うちの会社でも契約書を交わして取引するけれど、
 請求書は出してるなぁ……
 じゃ、なんで大家さんは店子さんに
 請求書を出さないんだろ」

 

それは、
家賃の増減がないからです。
建物賃貸借契約書は、
契約期間の間は、原則として
家賃の増減はありません。
ですから、
家賃の請求書を出す必要はなく、
店子さんは居住していますから、
大家さんの義務はそれで果たせています。
あとは、店子さんは前家賃を前月の終わりに
振り込むことで、
債権債務は終了するわけです。

一方、
スナックで家賃の同額の7万円を支払い続ける
ふと客がいたとします。
ママにとっては、
来月も来続けてくれるかどうか、
不確かですから、
サービスに努め、
ふと客を繋ぎとめようとします。
彼の誕生日には、
イチゴのホールケーキとロウソクを
しっかり用意し、待っているほどです。

 

「なるほどね。
 貸家の家賃は契約期間中には
 決まっているから、請求書を出さないわけか。
 で、それと年賀状に何の関係があるの?」

 

距離感を縮めてはならないのです。
大家さんと店子さんの間には目に見えぬ、深く広い溝があります。
考えてもみてください。
大家さんである皆さんは店子さんから家賃を頂く関係です。
懐具合に関係なく、家賃を振り込んで頂かないと、
大家さんは困ってしまいます。
ですから、
身内や友人を店子さんにすると、
関係がギクシャクしてしまうのです。
そもそも、友人や身内ですと、

 

『わりぃ、今月苦しんだぁ、ちょっと待って。頼む、この通ぉおりぃいい!』

 

と、懇願されれば、
クビを縦に振るしかない……。
結果として、キャッシュフローに狂いが生じ、
やむに已まれず、友人や身内の懇願を断ると、
関係は断絶に至ることでしょう。

同様に、
店子さんとの距離を縮め過ぎると、
店子さんが皆さんの友人に昇格します。

友人となった店子さんは大家さんである皆さんに、あり得ないお願いをしてくることでしょう。
例えば、
 〇家賃をまってくれ、
 〇家賃を負けてくれ
 〇友人を同居させたいけど、家賃を上げないでくれ
 〇更新手続きは面倒だから、そのままで頼む
 〇ペットを飼ってもいいだろ?
などなど……
ノーと言えない大家さんは骨の髄までシャブられる危険性があるのです。

さらに、
年賀状は店子さんを友人に昇格させる危険性だけでなく、
退去確率を高めるリスキーなアクションであることをご認識頂きたい。

 

「いやいや、
 店子さんが慣れ慣れしくなって、
 大家を食い物にする
 クダリは、
 なんとなく理解したよ。
 でもさ、
 退去率を高めるって……
 たかが、年賀状だよ。
 何がリスキーなアクションだよ。
 脅かしすぎだよ」

 

脅かしてもスカしてもいません。
事実です。

 

「言い切るねぇ~
 じゃ、
 聞かせてもらおうかぁ」

 

それでは、
年賀状の定例の例文を思い出してください。

 〇昨年は大変お世話になりました。
 〇今年も宜しくお願い申し上げます。

おそらく、
似たり寄ったりの例文ではないでしょうか?

 

「まぁ、
 そうだね。
 で、どこが悪いって言うの?」

 

店子さんの立場で考えて見てください。
少しひねくれて居るかもしれませんが、
皆さんの年賀状を見た
店子さんの心の声の一例です。

 

『なになに、
 〇昨年は大変お世話になりました……だとぉ?
  そうだよ、毎月毎月、厳しい時も家賃を払ったよ。
  で、なんだと? このクソバカ大家はぁ?
 〇今年も宜しくお願い申し上げます……ふざけんなぁ
  今年もキッチリ、キッチリ家賃を払えってかぁ?
  昨日は家族全員で頼まれもしないのに、無報酬で
  大掃除しましたよ。お宅はいいご身分だぁね。
  やってられるかあ。引っ越してやるぅ』

 

寝た子を起こす必要はありません。
大家さんは居住環境の維持に努めていればいい。
店子さんが居住しているとしたら、
大家さんの責務は全て果たしているのです。
その大家さんの提供した住環境の対価として、
家賃が発生するわけですから、
ザッツオール!
それ以上、近づくのは
大家さん、そして店子さんにとっても、
良くなることはあまり無いのです。

 

「なるほどぉ……
 書く前で良かったよ。
 でもさ、書き損じたりした年賀状はどうすんの?」

 

郵便局に行けば、
手数料は若干かかりますが、
郵便切手と交換していただけます。
現金にしたければ、その切手を
新橋などの金券ショップに持ち込めば、
いいでしょう。

令和2年の年賀状を前にして
    藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年11月30日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式Youtubeチャンネルを開設しました!

毎日更新!『藤山勇司の不動産投資一発回答』
http://bit.ly/2nCO2ll

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 パーマリンク