真正面から取り組む力の育て方

 

死語になりつつある

「がむしゃら」

と言う言葉、

皆さんは、ここ最近、口にされたことはあるでしょうか?

「”がむしゃら”って、
  あれだろ。

  周りの迷惑を考えないでさ、
  自分の思い通りにやることだろ

  死語になって、当然でしょ
  なくして、いい言葉じゃないの」

確かに、
 ”がむしゃら”を漢字にすると、
 ”我武者羅” でして、

我が強いわがままな武士とする説もあり、
辞書にも

「一つの目的に向かって、
 勢いこんで向こう見ずにする
 こと・もしくは、さま」

とあります。

ただ……

「ただ、何よ。
 文字通りでしょうよ。

 向こう見ずにやって、
 痛い目を見るのはさ、本人だよ」

 〇物知り顔で
 〇しらけて
 〇批判ばかりしている

そんな方々よりも、
よっぽど ”がむしゃら”に生きている人の方が

 〇真剣で
 〇物事に真正面から取り組み
 〇実践的

です。

ネットが発達した現在、様々なの事象は

 〇事の起こり

から

 〇問題点

そして、

 〇行く末

まで、事細かに知ることができます。

実際に経験していないとしても
『物知り顔』をできてしまう

そして、問題点をつつきまくって
まるで、自分自身が失敗したかのように

『しらけ』

さらに、実践している挑戦者を
ご自分と関係ないのに『批判ばかり』してしまう・・・。

独断と独善で申し上げれば、

物知り顔でしらけて批判ばかりしている人生は、
((まっぴらご免))です。

熱を持って、生き続けたい。

むしろ、バカにされるほど、
がむしゃらに、目の前の問題に取り組み続けたい。

そう思っています。

事実、
 〇ハワイで過ごす日々は、
  毎朝、
  海岸から標高350mの
  ハイウエイまで
  徒歩で登り、
 〇3食作り
 〇観光地に向けて
  クルマをかっ飛ばしています。
 (すでに走行距離は3000キロを超え、
  4000キロに迫る勢い)

「あのさ、
 何がいいたいの?」

冷静な目で周囲を見渡してみると、
多くの人は、他人や社会を批判し、
自らを変革しようとしていません。

そう……

 〇物知り顔で
 〇しらけて
 〇批判ばかり

しているように見えるのです。

それで、いいのでしょうか?

残りの人生をそんな

♪しらけ鳥ぃ
  飛んで行く
  南の空ぁにぃ~
  みじめ
  みじめ~♪

といった風情で過ごして
本当に後悔しないのでしょうか?

私の目には残念ながら
そう見えてしまうのです。

経験と知識は圧倒的に違います。

昔から言われているように、
”百聞は一見にしかず”です。

社会や他人を批判する暇があるなら、
目の前の課題に
真正面から取り組むべきです。

 〇年金の支給開始年齢引き上げ
  →一説には75歳から!

 〇簡易解雇への方向性
  →正社員の地位は間違いなく劣化!

 〇外国人労働者&人工知能
  →ホワイトカラーを直撃!

「でもさ、批判しないと、
 どんどん、大企業と国と
 アメリカなんかに
 やりたいようにされるでしょうよ」

分かります。

批判そのものを否定しているわけではありません。

ただ……

「だから、ただ、なによ」

ええ、
批判に熱心な方々を見ていると
批判に酔っているように見えるのです。

批判している限りは
完全に上から目線ですから

批判の対象者よりも偉くなったように
勘違いしてしまう。

現実の自分と批判対象者を
比較するなんて、

殊勝なことをするわけもなく、
ただただ、
批判し続ける……

例えば……

「錦織、もうだめだな。
 あとは落ちるだけだな」

とか、どうしちゃったんでしょ。

錦織選手、今でも世界ランカーです。

よくもまぁ……、ねぇ。

そう思いません?

だからこそ、批判をするだけでなく、
目の前の問題に

 〇逃げることなく、
 〇真正面から
 〇がむしゃらに

取り組むことこそ、
次のステージの扉を
開くことに繋がるのだと思っています。

私が現在、
真正面から取り組んでいるのは、
 ”貸家主義”
     です。

貸家の意義を認め
貸家の価値を高め

貸家と共に生きていく
覚悟を持つことこそ

 ””貸家主義”” です。

 9月16日(土)から
10月14日(土)までの

毎週土曜日、
貸家主義の意義を
 ”がむしゃら”に、
お伝えする予定です。

私は、物件を紹介したことがありません。

宅建士ですが、業者ではありません。

ですから、仲介業務そのものは
できないのですが、
できないようにしているのです。

不動産の仲介手数料を
受け取ったことがありませんし、
今後もそうした業務に手を触れません。

なぜなら、しないことを
はっきりさせることにより、

 ”真の目的”が
明確になるからです。

その”真の目的”とは、
セミナーに参加された方々に

業者に相談しなくても
ご自分自身で不動産の価値を
見極める目を持ってもらうことです。

セミナーは、6回あります。
どこかの土曜日で空いている日は
ないでしょうか。

是非、
足を運んで頂きたい。

ハワイの海で
真っ黒に日焼けした
(実際、”オー! ブラザァ~”
 と地元の大男にハグされました)

私の”がむしゃら”に
講演する姿を見て頂きたい。

”百聞は一見にしかず”
        です。

お待ちしています。

セミナーの詳細は、以下のアドレスを
クリックして頂ければと存じます。

アドレス(https://goo.gl/qwXSYD

 平成29年8月終盤ハワイから

          藤 山 勇 司

===============================
1年に1度の大人気セミナー 開催決定!
===============================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための
「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/qwXSYD

【日程】
・2017年 9月16日(土)13:30~16:30
・2017年 9月23日(土)13:30~16:30
・2017年 9月30日(土)13:30~16:30
・2017年10月 7日(土)13:30~16:30
・2017年10月14日(土)13:30~16:30
・2017年10月21日(土)13:30~16:30

【場所】
東京・神田

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、

藤山先生が、
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法
をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ
盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら↓
https://goo.gl/qwXSYD

================================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから

https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから

https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから

https://goo.gl/MvgRuI

カテゴリー: 全記事, 未分類, 生き方 |

楽待新聞のコラム担当経緯

 

実は、
8月から楽待新聞のコラムを書いています。

8月のコラムは
「目指す大家さんのスタイル」
ご覧になった方々も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

依頼があったのは、
2年に1度、
藤山家恒例のハワイ島長期滞在に
旅立つ5日前のこと。

50日近く、日本を留守のするので、
いろいろ気にかかることは全て片付け、
さぁ、
これで思い残すことはなくなったと、
一安心していた時のことです。

何の前触れもなく、
謎の電話番号が立て続けに
かかってきました。

普段であれば、無視します。

と、申しますのも、
むやみやたらと
名刺を配っていますので
全てに対応していると、

 〇お料理を作る時間も
 〇買い物に出る時間も
 〇金魚のお世話をする時間も

なくなり、
家族や金魚に迷惑をかけてしまうから(笑)

結果として、
通常、登録した電話番号だけ、
出るようにしているのです。

 

もし、緊急のご相談があれば、
私の公式サイトに依頼していただければ、
有償ではありますが、
なんとか時間をやりくりして
ご質問にお答えいたしますので、
ご安心ください。

 

さて、
その謎の電話番号、
旅立つ直前でしたので、
なんだかかんだか
落ち着かなくなり、出てみました。

 

すると、

「藤山先生のお電話で
 よろしかったでしょうか?
 あの、私ぃ
 楽待新聞を運営している
 ファーストロジックの〇村と申します。
 それでぇ、
 楽待新聞のコラムを書いて、
 いただけないでしょうか……」

まるで、イタズラ電話!

正直、数秒の間、悩みました。
まず、

 1.本当に楽待さんなのか
 2.記事に制約はないのか
  (不動産仲介業者を
   持ち上げる内容に限定など)
 3.期限はいつまでか

ただ、
口からついて出たのは……

「いいですよ。
 文字数は? それと期日とお題は?」

〇村さんも
あっけない結末に少しの間、沈黙され

「……え、いいんですか?」
「いいですよ」

これで、コラム掲載は決定!

お題は翌々日に自宅でお会いした時に決まり、
その2日後、
つまり、旅立つ1日前に送信いたしました。

 

なぜ、手早く仕上げたのかと申しますと、
ハワイ島での
通信環境に自信が持てなかったからです。

 〇ウエブは使えるのか、
 〇印刷はできるのか
 〇運搬途中にパソコンは壊れないか、

依頼を受けた限り、
彼らに迷惑を掛けれませんから……。

 

ただ、重荷はなるべく軽くしたいという、
元来の怠け癖が
主たる原因かもしれません。

幸い、通信環境も通常であり、
印刷はできないものの、
パソコンは正常に機能していますので、
9月分も既に記述し
〇村さんに送信しております。

9月分の題名は、
「物件購入の落とし穴 ~その1~」です。
よろしければ、ご覧になって頂ければと
存じます。

 

9月のコラムも完了し、
あとは、ハワイ島をトコトン楽しむだけと、
毎日、GMCのハンドルを握り、
200キロ~300キロ走破。

 〇ワイピオ渓谷
 〇マウナケア山頂
 〇ワイメアの牧場
 〇ホノカアの絶品ピザ
 〇ヒロのイミロア天文学センター
 〇ハワイ大学
 〇ハプナビーチ
 〇ワイコロアショッピングセンター
 〇カイルアのハワイ州立養殖場と市場
 〇カイルアコナのサマーフェステバル

などなど、
やたらめったら、
足を踏み入れています。

そして、本日は、
ハワイ島最南端の黒砂海岸に行き、
15mの高台からジャンプする予定。

”腹が減っては戦は出来ぬ”とばかりに、
途中のドライブインに立ち寄り、
バーべキュ―MIXを注文しました。
飲み物はライムレモンです。

ドライバーですから、ソフトドリンクは厳守!

値段は$9.35と安めでした。
日本円に直すと、1000円を超えますから、
高いとお思いでしょうが、さにあらず。

海外の飲食物は日本の1.5倍見当と
思っていただければ、間違いありません。

(味はどうかな?期待しない方がいいか…)

そう思っていた私を
いい意味で期待を裏切ってくれました。

なかなかのテイストであり、量も適度。

「うまいなぁ~、
 ドライバー行きつけの店に外れはない
 っていうのは、海外でも通用するもんだ」

満面の笑みで、
舌鼓を打っていたところ、
長男から女房の携帯に電話が入りました。

次女が腹痛で震えているというのです。

長男と次女は、
コンドーミニアムで勉強中。
長女と妻の3人で
ハワイ島の最南端に行く途中ですから、
すぐに対処はできません。

すぐに予定をキャンセルし、
ハワイ島の我が家である、
ホワイトサンズビレッジに
戻ることにしました。

焦ります。
時間にして1時間10分から
15分はかかるのです。

(着くまでに、何をすべきか)

 〇次女の体温
 〇プレミアムカードへの連絡
 〇意識の有無

さまざまな必要な一手が頭を駆け巡り、
運転しながら、妻と長女それぞれに、
仕事を分担し、対処してゆきます。

体温計は、
ホワイトサンズに次女といる長男に
探してもらいましたが、
ついに見つかりません。
 → 帰宅途中の薬局で買い求めました。
   こちらは華氏であり、記号は「F」
   日本の温度はご存じ摂氏であり、
   記号は「C」。
   ここも、気を付けて、
   アナログの水銀温度計と
   華氏と摂氏両方使用可能な
   デジタル体温計の
   2本を買い求めました。

カード会社への確認は、
 → 〇保険適用範囲の有無
    →次女は19歳以下であり
     保険の対象者でした
   〇指定病院の確認
    →指定病院はなく、
     どの病院であっても
     帰国後に清算されるとのこと
   〇救急病院事情
    →カード会社でハワイ島コナ周辺の
     病院事情を確認し、
     2か所の病院を特定しました。

次女の意識の確認
15分置きに容体を
長女に確認してもらいました。

途中、長男から
「寝てる……」との回答に、
私は、
「起こせ!寝てるのか、意識を失ったのか、
 どっちだ。 今すぐ起こせ」です。

もしも、意識を失ったのなら、
すぐに「911」に連絡し、
救急病院に直行させなければなりません。

せっかく寝ているんだから、
可哀想……。という意見を
聞き入ることなど、
到底できませんでした。

結果は、
ただ、疲れて寝ていただけのこと。

体温は36.3度と若干低めでしたが、
問題なく、
痛み止めの薬を飲んだら、
ケロっと回復途上です。

大山鳴動して
ネズミは1匹も出ませんでしたが、
幸いでした。

次女は
月の物と便秘により、
腹痛を起こしたようです。

食事を
お粥に変えて、
少し様子を見ようと思っています。

以上、略儀ながら感謝とともに。

  夏季休暇も2週間を切ったハワイ島から

 

藤 山 勇 司

 

===================================
半年に1度の大人気セミナー 開催決定!
===================================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための
「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/we5K2H

【日程】
・2017年 9月16日(土)13:30~16:30
・2017年 9月23日(土)13:30~16:30

【場所】
東京・神田

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、

藤山先生が、
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法
をお知らせします。

– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

など、最新の競売事例も含んだ
盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら↓
https://goo.gl/we5K2H

================================

藤山勇司公式サイト
ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

●Facebookページ いいね!はこちらから

●LINE友達登録はこちらから

●Twitterフォローはこちらから

================================

カテゴリー: 全記事, 未分類 |

有事における心構え

 

このコラムを執筆しているのは、

8月8日、午前3時40分
(日本時間:8月9日午後10時40分)
であり、

場所はハワイ島のコカイルア・コナにある
ホワイトサンズビレッジ215号室です。

 

昨夜、
CNNとABCのニュースを見ていて、
驚きました。

 
 「何を?」
 

こちらの放送番組は、
日本と違い、
当たり前に数十チャンネルありますし、

テレビ欄もありませんので、
チャンネルをザッピングして、
好みの番組を探すのに一苦労します。

 
 「それで?」
 

ええ、
私の好みは、
 

〇ポーカー    
 →昔と違い、ポーカー番組は激減

〇格闘技     
 →プロレス・UFCなど数多くあります

〇オーディション 
 →ダンスや歌やかくし芸的なものまで
数多くあります
 

もちろん、映画もいい

 
 「英語わかるの?」
 

早口だと聞き取れませんが、
映画だと、分かりやすい英語ですし、

オーディション番組も
視聴者に聞き取りやすいように、

大げさなジェスチャーも交えていますから、
そこそこ理解可能です。

 

ポーカーは、
10万ドル以上のお金をかけているので、
どの選手も真剣ですから、
見ていて面白いのです。

 
「話し、それてない?」
 

そうでした……
そうした好みの番組を探す中で、
ニュース番組も目に入るのですが、
 

2~3日前までは、
「トランプ大統領のロシアゲート関連」
ばかり。
 

にもかかわらず、
 

昨夜は、
ブレーキングニュースとして、
北朝鮮関連で埋めつくされ、
 

コメンテーターが
入れ替わり立ち代わり、 
口角泡を飛ばして
主張していたのです。

 
その要旨は、
 

 〇北朝鮮は狂っている
 〇アメリカを脅すとは何事だ、許せん!
 〇グアムにミサイルを飛ばすだと、
  米軍は対処できているのか
 
などなど……、

対話路線を頑固に主張するのは、
4人に1人の割合いでして、

MCも他のコメンテーターも
先制攻撃もやむなしの意見でした。

 

特徴的なのは、
トランプ批判の急先鋒である、

CNNやABCも
FOXと同様に、
北朝鮮問題を真剣に取り上げ、

アメリカファーストを
盛んに口にしていたことです。

 

ちなみに、 
日本には呆れています。

 
「日本はどうした?
 あいつらは平和ボケか?
 
 なんで、国会で
 北朝鮮問題を取り上げないで、
 
 くだらない疑惑で
 貴重な時間を浪費しているのか、
 わけがわからない」
  
 
MCは口を押えて
笑っていました。
 

連日、
ロシアゲート事件ばかり
流していた自分たちを
棚に上げているのですから、
アメリカメディアの手のひら返しは
見事です。
 

「ふ~ん、そうなんだ。
 それで、何が言いたいの」
 

トランプ憎しの
CNNの調査では、
先制攻撃指示が50%を
超えてしまいました。

どうやら、メディアは
アメリカ国民に
北朝鮮への先制攻撃の妥当性を
説得しているように見えるのです。

 

((これは、
  
 デッドラインを超えてしまった・・・))

 

有事は起こるかどうかでなく、
いつ起こるのかに切り替わったようです。

 
 「おいおい、どうすんの?
  ね、どうすんのよ」

 
日本が
どうこう
できる事案ではありません。
 

ただ・・・

 
 「ただ、何よ」

 
戦争の勃発は、
緊張の終わりでもあります。

 
起これば終わる。
いつまでも続くものではありません。
 

問題は、
その最中で、
起こるであろう、
身近な問題に
どう対処するのか
です。
 

私が懸念するのは、
テロです。

特に、
繁華街が危険です。

テロの目的は、
日本の中に

 

「ほら見ろ、
 アメリカに盲従しているから
 こんなテロが起きるんだ。
 
 今からでも、
 アメリカを説得して
 北朝鮮敵視政策をやめさせろ
 
 それが
 平和国家日本の
 とるべき選択肢だろ」

 
 
と言う、気分を蔓延させるため……

 
最も効果的な場所は、
渋谷のスクランブル交差点です。
 

例えば、
爆弾を抱えた模型飛行機や
ドローンを
突っ込ませる。
 

無人のトラックを
遠隔操作して
突入させる
 

こうした惨事が巻き起こると、

観光立国を
一つの柱として、
打ち立てようとしている

我が国に
重大なダメージが
起こってしまいます。
 

どうにも、
首の後ろをはい回る
嫌な感覚を
拭うことができません。
 

できれば、
ここ2か月か3か月、

繁華街には
なるべく
足を踏み入れない
ことを
お勧めいたします。
 

本コラムの、執筆・・・
最後まで
逡巡したのですが、
記述して
しまいました。
 

読み飛ばし、
笑い飛ばし、
バカにして頂いて
結構です。

 
ただ、
どこか、
心に残るものがあれば、

皆さんのアクションに
幾ばくなりとも、
指針にして頂ければ、
幸いです。

 

   藤 山 勇 司

 

藤 山 勇 司

 

================================

藤山勇司公式サイト
ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

●Facebookページ いいね!はこちらから

●LINE友達登録はこちらから

●Twitterフォローはこちらから

================================

カテゴリー: 全記事, 未分類 |