初めての大家さんへ

 

私は兼業大家さんを目指す方々を
心から尊敬しています。

 
「またまたぁ……、
 調子のいいこと言っちゃってさ。
 なんにも出ないよ!」

 

調子よく、
お話しをしているのではありません。
本心です。

 
なぜなら、
皆さんは、

☆本業をこなしながら、
 
・帰宅後
・土日
・祝日

など、
本来であれば、
ゆっくりされても誰からも文句の出ない時間を

・不動産関連本の読破
・関連セミナーへの参加
・物件探索
・担保力や収益力調査
・不動産仲介業者やリフォーム業者との協議

等に割き、
休むことなく、

☆ご家族の為、
☆大切な方々のため
☆歳とった未来のご自身の為

に、頑張っていらっしゃる……

もしも……

 

「もしも、何だっていうの?」

 

こうした貸家取得に向けた
一連の業務が本業のお仕事だとしたら、

まさに
”過労死”レベル!!!

 

しかも、

 
・会社の同僚に気軽に話せない
→ 話すと、社内でウワサとなり痛くない腹を探られる

 
・家族の多くは、しらけ顔
→ 貸家を所有していない間は
ご家族の皆さんに理解してもらうことは不可能!

 現地調査でさえ、
(どこで何してんだか、分かったもんじゃない)  
 と疑いの眼(まなこ)で見ています

 
・自分自身も疑心暗鬼
→ 半年、1年と
望む物件に出会わないと
(このままでいいのか?
 他のことをやるべきじゃないのか?)
自信が持てなくなる。

 
と、
会社、家族、自分
と苦労や喜びを分かちあえない
三重の寂しさを乗り越えなければならないからです。

 

「まぁ……
 言われてみれば、
 そうだったかな。

 確かに、
 今なら、
 笑い話レベルだけどね。
 で、ご自身はさ、
 どうだったの?」

 

私の場合、
大家さんを最初から目指したのではなく

今は亡き(平成10年8月21日自己破産)、
東証一部に上場していた総合商社の
大倉商事株式会社の中で

新規事業として
競売不動産の再販売プロジェクトを
実現するため、

実績作りとして
・入札し、
・落札し
・占有解除をし
・リフォームをし
・複数の不動産業者から販売価格見積書を取得

を3物件立て続けに
実行していましたから、
多少違いますが、

 

~会社では~
 → 何やってんだ?
  どうせ失敗する

~友人からは~
 → 付き合い悪いな。
  休みの日もないのかよ

~自分自身からは~
 → 今のままでいいのだろうか……

 
と、皆さんと同様に、
揺さぶられ続けました。

 
ただ、
負けず嫌いが沁みついた私は
皆さんと同様に諦めなかった。

 
いや、
正確ではありません。

諦めると、

稟議を出して
”競売不動産の再販売プロジェクト”
否決した当時の部長にせせら笑われるのが
死ぬほどイヤだったからかもしれません。

結果として

 「雨垂れ石を穿つ(うがつ)」

の故事と同様、
最初の関門である

所有物件ゼロ
から
貸家所有
そして
家賃所得の大家さん

にジャンプアップできたのです。

 

「時代が良かったからじゃないの?
 今ほど高くなかったし、
 そうでしょ」

 

不動産はいつの時代も

〇買うには高く
〇売るには安い

ものです。

 

当時は、
年々、不動産の価値が
安くなってゆく時代でした……

今年買うよりも
来年買う方が安いなら、
今年買う理由はさしてない。

 

しかも、
金融機関は
収益不動産への融資に
拒否感を示していて、

個人への融資は
実質不可能な状態でした。

 

「でもさ、
  安いなら、
  いいじゃない」

 

確かに、
首都圏の新築マンションの平均販売金額は
バブル期を超え家賃も上昇傾向です。

 

しかしながら、
貸家は
首都圏だけではありません。

そして、
地方の方々は
ご自身で居住していながら、

自分の街の将来を悲観し、
不動産投資に対して
後ろ向き……

今も、
まもなく30年になろうとする
バブル崩壊の後遺症を引きずっているのです。

 

「何が言いたいの?」
 

 
首都圏や都会で稼ぎ、
地方の一等地に立地する戸建を
格安で購入すれば、それでいい。

戸建の賃貸需要は
アパートよりも格段に高く、

入居すると、
10年前後は最初の店子さんが 
借り続けてくれますので
安定した収益を得ることが可能です。

 

「あっ、
 そう言えば
 最初の物件はさ、
 千葉の八街だ
 今も家賃が入ってるなぁ
 ありがたいことだよ」

 

流石です。

意図せず、
セオリー通りに進めているとは、
大家さん業に向いていらっしゃるのでしょう。
 

 
さまざまな障害を乗り越え、

☆貸家を取得し、

☆リフォームを実行し

☆店子さんから家賃の入金

と、
名実ともに大家さんなった際、
どうか忘れて頂きたくない
3つのアクションを
夏休みの最後にお伝えしたいと思います。

 

「3つのアクション……
 家賃が入ってくるようになったんだよね

 だったら、次の物件に
 向けてさ、気を緩めないように
 頑張れとか、
 そういうこと?

 わからん」

 

推奨させていただきたい
3つのアクションとは

 

<ファーストアクション>
家族への還元

<セカンドアクション>
初期クレームへの準備

<サードアクション>
店子さんへの行き過ぎた配慮は厳禁

 

以上の3つです。

 

「ははは、
 サンドイッチマンじゃないけど
 ”ちょっと、何言ってるか分からない”
 だね。

 特に、
 店子さんへの配慮は厳禁って、
 逆でしょ、真逆でしょ……
 違うの?」

 

まず、

<ファーストアクション>
家族への還元

ですが、
皆さんもいろいろ、

・反対意見
・皮肉
・否定的なニュース
などなどに

やりきれない想いを
抱かれ続けたことでしょう。

 

「そうだよ。
 大家さんなんて、夢だよ。
 それより、新築マンション買おうよ。

 もう買えなくなるよ
 とかさ、
 まぁ~、散々言われた。

 今は、
 ざまぁみろ~。
 やったぜぇ~って
 気分だね」

 

それは宜しくありません。

ご家族を味方にしなくてどうします?

 
そもそも、
不安定な未来を
安定させるために
大家さんを目指されたはず。

そう、
最大の動機は、
ご家族のためだったのではないでしょうか。

 
今からでも遅くありません。
本来であれば、
最初の家賃で

☆回らないお寿司屋さん
☆食べ放題じゃない焼き肉屋
☆帰らなくていい温泉

にご家族と一緒に行き、
皆さんに感謝して頂きたい。

 

「か、感謝って、
 邪魔ばっかりしてたんだぜ」

 

感謝の言葉としては、

~あなた~
「いや、ありがとうな。
 お陰で、大家さんになれたよ」

~おくさん~
「そんな……
 なんにも手伝ってない。
 それより、反対してたかも……」

~あなた~
「もしも、
 君が心の底から
 真剣に反対してたらさ、
 大家さん、諦めてたな。

 でも、
 そうじゃなかったろ?

 不安だったと思うけど、
 見守ってくれてたじゃない。
 だから、続けられたんだよ」

 
こうしたやり取りであれば、
奥さんに反論の余地はないはず。

つまり、
ご家族に
大家さんに成れたという
手柄を押し付けるのです。
 
すると、
ご家族の理解が進み、
家庭内では、
大家さんの話は、陽の目をみる。

皆さんは孤独から脱出できます。

 

次に

<セカンドアクション>
初期クレームへの準備

ですが、

入居してから2カ月~3か月までは、
店子さんからのクレームがあることをご理解願いたい。

 

「えっ、
 入居から2カ月か3か月って、
 リフォームした、ばっかでしょ。
 クレームなんて来るわけないでしょ」

 
確かに、
リフォームやクリーニングをしてから
入居募集しているので、
クレームなんてあるわけがない

そう、
思いたい気持ちは理解できるのですが、
リフォーム業者は長期間の稼働を確認していません。

しかも、
店子さんは
借りたばかりで貸家に慣れていない。

結果として、
ちょっとしたことで、
クレームを入れることがあるのです。

 
バッドアクションは、
リフォーム業者や店子の嫌がらせの 
責任として、大家さんが対処しないことです。

積極的に対処し、
早期解決を目指してください。

 

最後に

<サードアクション>
 店子さんへの行き過ぎた配慮は厳禁

ですが……

 

「ちょっと、何言ってるのか分かんないなぁ。
毎月7万、8万払ってくれているんだよ。
スナックだったら、ふと客でしょ。
配慮して当然じゃないの?」

 
確かに、
近隣のスナックで毎月7万、8万、
場合によっては10万を超える
お金を落とし続けてくれるお客さんがいたとしたら、

血液型から誕生日まで 
スナックのママだけでなく
チーママまで熟知し、
誕生日ケーキまで用意されること
間違いなしです。

 

「だろ? 
 だったら、貸家の店子だってそうでしょうよ。
 から言うじゃない。
 大家さんは親も同然って!」

 
熊さん、八っさんが登場する
江戸時代の落語のお話ですね。

あれは、どうでしょう?

そもそも、
落語作家は大家さんではなく
貸家暮らしですから、
大家さんには、こうあって欲しいという願望ではないでしょうか。

 

私の場合、
店子さんに

・暑中見舞い
・年賀状

も出していません。

 

「えっ?
 そうなの?
 オレは出してる
 いけない?」

 

お辞めになった方がよろしいでしょう。

 

「なんで?」

 

想像してください。

大晦日、
店子さんはあなたの戸建を
隅から隅まで大掃除なさる。

そして、
めでたい新年を迎え、
年賀状を見ていると
 
大家さんから……
 
そこに、

 

「今年もよろしく
 お願い申し上げます」

 

とか
なんとか書かれている。

どう思うでしょ?

中には、

 
(けっ、
 今年も家賃を払えってか!
 そうですよ。
 あんたの家ですよ。

 けっ、
 昨日の大掃除……
 なんだか、やる気がなくなった。
 こいつのためにやったような気がする)

 

と、
思われる方もいらっしゃる。

結果として、
早期退去に繋がりかねません。

大家さんの責任は
安定した住居環境の継続した供給であり、

店子さんの責任は
安定した家賃の支払いと
善管注意義務の使用です。

 
大家さんが責任を持つのは
店子さんではなく貸家そのもの。

そこを忘れてはなりません。

 

貸家第一主義!

それが、
貸家主義の
一丁目一番地です。

 

      藤 山 勇 司
 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2018年 9月15日(土)13:30~16:30

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |

浪費限界と引継無限

 

お金……

 
経済的な用語ですと、
「貨幣、キャッシュ、マネー」

文学的に申しますと、
「銭、おあし、先立つ物」

反社会的界隈では
「実弾、現ナマ、玉」でしょうか。

 
いずれにしても、

お金、
あらゆる業界で通じる
”現金”
は、注目の的……

 
だからこそ、様々な表現の仕方が存在するのだと存じます。

 

「現金って、
 いいよね。
 使っても、使ってもさ、
 ぜんぜん減らない魔法の財布なんて
 あったら、いいなぁ~」

 
なるほど、

では、仮に
朝、目覚めたら、
カラの財布に千円札が100枚、ギッシリ詰まっていて

 
眠る寸前までにスッカラカンにしなければ、
再び千円札は補充されない

魔法の長財布があったとしたら、
欲しいとお感じになりますか?

 

「なんで、千円札……
 ま、いいか。
 千円札が百枚なら、
 幾らだ?

 えっと、
 10万円!
 楽勝でしょ。
 一カ月で300万円だぁああ」
 
 
ただし、
ギャンブルや再販売できる
クルマや高級時計や金などは

スッカラカンの定義にあてはまりませんから
長財布に千円札が補充されることはありません。
 

クルマに乗りたいなら
レンタルであればオーケーです。
 

「ぜんぜん、
 いいでしょ。
 フレンチ料理とかさ、
 久兵衛のお寿司だっていいし、
 キャバクラにも通い放題でしょ。

 もうね、
 仕事なんてバカらしくて
 やってられない。

 遊んで
 遊んで
 遊びまくりますよ。
 
 なんなら、
 千円札じゃなくて
 諭吉が百枚の
 長財布でも大丈夫ですよ」

 
お、恐ろしいことを
 仰いますね。
  1日100万円ですよ。

いったいどうやって
 使い切るのでしょうか。

 
1日24時間の内、
8時間寝るとして、16時間です。

 
100万円を16時間で割ると

 な、なんとぉおお!

  6万2500円です。

 
久兵衛のお寿司が高いと言っても、
5万円前後、

48分で食べ終わらなければ、

ノルマである
1時間6万2500円は使い切れません。

 

さらに申し上げれば、
それを、起きている間、
ずっとやり続けないと
なりません。

おそらく、一カ月と持たないことでしょう。
 

「う~ん、
 そっかぁ……
 だったら、
 千円札でいいや」

 
では、10万円を
いかにして使い切るか……
 

一日5万円の超高級ホテルに宿泊
残った5万円で、ゴルフやクルマを乗り回す。

恒常的に使用するとしたら、
こんな生活になるのではないでしょうか。
 

「いいじゃない。
 5万円の高級ホテルだったら、
 飯もうまいだろうし、
 寝心地も最高!

 掃除も洗濯も
 しないでいい
 ラクラク、
 極楽、
 夢の人生でしょ。

 ね、
 その、
 魔法の長財布は
 どこにあるの?
 どうやったら手に入るの?」

 

魔法の長財布は
お金に不自由しない象徴ですから

手に入れる手段は

 〇企業
 〇投資
 〇発明

などなど、様々です。

 
「なんだ、
 象徴かぁ……
 腹の足しにもならないな。
 真剣に聞いて損した」

 

申し上げたいのは
浪費にも限界があるという 
紛れもない事実です。
 

人には身体は1つしかありません。

 
ですから、
人の2倍食べ、
人の2倍飲む
生活を続けると

間違いなく
内臓を壊し、

人と同じ食事を摂ることはできなくなります。

 

そして、
 
人には家庭は1つしかありません。

 

ですから、
愛人宅など
人の2倍の家庭を擁すると、

本宅は壊れ、
子供と引き離され、
孤独な最期を迎えることになります。

 

「な、なんか
 気が滅入ってきたなぁ。
 儲けても、
 ワクワクするような未来はないんだね」
 

浪費には
確実に限界が存在します。

 
ただ……

 
「ただ、何?
 限界がないことでもあるの?」

 
ございます。
 

限界のない無限の
空間は

 〇考え方
 〇視点
 〇時間軸

を変えると
恐ろしいほどの広がりを見せてくれます。 

 

その秘訣は、

「個人、私心、小欲」

から、
 なるべく
  距離を取ることです。

 

「どういうこと?」

 

回りを見渡してみてください。

 
☆生活インフラとしての
  電気、水道、下水、ガス

☆交通手段としての
  自転車、自動車、バイク、鉄道、飛行機

☆通信手段としての
  電話、携帯、パソコン、
 
 
その他にも
医療技術、衣服、食事関係
などなど

 
忘れてはならないのは、
こうして意思を伝達する言語も

私達が
独自に発展させたものは
砂浜の中の一粒程度しかありません。

 
99.99999……%の
その他は、

先人や第三者の努力により
成り立っています。

 
お金は、
そうした卓越した技術を
利用するための
記号でしかありません。

 
「ふ~ん、
 ま、
 そう見えなくもないよね。
 で、何が言いたいの?」

 

私達も
1人1人が
引き継ぎ、

発展させてゆく
文化の担い手であることを
意識する。

 
その視点を
持てば、

限りある命に囚われることなく
小欲にまみれた欲望に足を引っ張られることなく、
無限の領域に足を踏み出すことができる。

そう考えています。

 
私が文化として
 昇華できるかもしれない領域は
  たった一つ。

そう、

「貸家業」

です。

 
徒手空拳である
サラリーマンを

経済的に独立した
事業規模の大家さんに
成長させる手段は
確立しました。

 

「ん、なこと言ってさ、
 どうせ、

 ・いい物件があるから買いませんか、仲介しますよ。
 ・特別な物件をお売りしますよ。
 ・管理を引き受けますから、安心ですよ。

 とか、
 なんとか言って、
 お金を巻き上げるんでしょ」

 
わかります。

 
そうした
不動産業者と同じアクションをしがちなのは、
よくよく理解できます。

 

しかしながら、
私はこれまでに

〇不動産を仲介してお金をいただいたことはありません。

〇物件を転売して利益を得たことはありません。

〇第三者の物件を管理して利益を得たことはありません。

 

しかも、
法人も設立していませんから、
宅建業者登録もしていません。

 
「なんで?」

 
それらの行為に手を染めれば、
それは、
タダの不動産業者です。

数多くの不動産業者に
1つの業者が増えただけのこと。

文化の担い手になることは
未来永劫、不可能となります。

 

徒手空拳のサラリーマンが
経済的に独立した
大家さんになるには、

不動産の良し悪しを
不動産業者に聞かなくても
自ら判断でるようにならなくてはなりません。

 

にもかかわらず、
自分が不動産業者だったなら、

お客を
お利巧に
するわけには
いきませんから、

不動産の良し悪しのツボなど
教えられなくなるのです。

 

文化にまで昇華するには、

自分だけでなく
数多くの人が

知識や知恵や技術を共有し、

高めあってゆく環境が
なければなりません。

 
工業製品のように
型枠で同じ姿かたちをした
大量の製品を製造しても
それは文化にならない。

 
そう思うのです。

 

私が提唱するのは
「貸家主義」です。

 
 〇貸家の意義を認め

 〇貸家の価値を高め

 〇貸家とともに生きてゆく覚悟を
 

もつことこそ、
貸家主義の本分!

 
さすれば、
皆さんの所有する貸家群は、
鶴の恩返しならぬ、

貸家の恩返しとして、
魔法の長財布を
与えてくれることでしょう。
 

共に学び
 共に発展させ、

可能であれば、
 皆さんが
  新たな貸家業の講師として

多くの兼業大家さん希望者の
 灯台に
  なっていただきたい。

 
心から、願っています。

 

以上、略儀ながら

暑中お見舞いとして。

 

      藤 山 勇 司
 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2018年 8月18日(土)13:30~16:30

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |

移民庁と賃貸需要

 

国(くに)、
もしくは、国家とは、

国民に選ばれた政府が領土・領海・領空を管理し、
完全なる自治権を行使している組織体です。

 

「なに、
 小難しいこと
 言ってんの。

 国は、国でいいじゃない。
 違うの?」

 

国という概念。

日本は四方を海に囲まれ、

日頃、
外国からの脅威を肌で感じていない為、

国家があるのは当たり前、
庶民はお上(おかみ)に
文句を言っていれば、
それでいい。

そうした能天気な民族性です。

国という組織体は、
不断の努力なくして
維持することなど
できません。

 

「そんな、脅すようなこと言っちゃいけませんよ。
 誰がどうするっていうのよ」

 

視点を西に目を転じると、
厳然たる事実が横たわっています。

 

その昔、
国家として完全に成立していた 
チベットやウイグル、

こうした国々は、
中華人民共和国の毛沢東の

『 人 民 解 放 』

という名のもとに、中国の支配下に置かれ、
大量の漢民族による移植により、
今では、国そのものが有名無実……。

両国の国名は、
その昔、あったかなレベルの
物語になり果てています。

 

「そりゃ、50年くらい前のことでしょうよ。

 今は……
 そうじゃないの?」

 

・ロシアのクリミア併合
・99年間リース契約されたスリランカのハンバントタ港
・香港の自治権縮小(中国からの影響力極大化)

 

驚いたことに、
国家の危機的状況は、
今も起こっています。

 

「いやいや、
 言葉は悪いけど、
 発展途上国のことでしょうよ」

 

いいえ、
難民問題に揺れるEU。

北アフリカや中東からの
難民受け入れは、
国民の組成を
土台から揺るがす一大事です。

EUの盟主と
自他ともに認めるドイツでさえ、
この問題から逃れることはできませんでした。

 

現在のドイツの人口は8284万人です。
そこに年間100万人から120万人の難民を
受け入れているのです。

 

「ふ~ん。
 そうなんだ。
 ……、でどうなった?」

 

移民を背景にした人々の総数は
2000万人を超えてしまいました。

早晩、総人口の30%以上を占めることになるでしょう。

 

「仲良くしてるんじゃないの?」

 

であれば、いいのでしょうが……

 

「どうなってんの?」

 

ドイツ語を話せない子供ばかりの小学校や
イスラム教的生活を重んじる 
ゲットーのような閉鎖された区域が生まれ、
地域住民との対立が生じています。

 

また、
こうした不満を背景にした
国家至上主義を
旗印にした政党も誕生し、
政治的混乱も招いているのです。

 

しかも、
移民の流入により、
都市部の賃貸物件は
異常な値上がりを続け、

2010年を100とすると
150を超えてしまい、
賃貸派住民の不満を招いています。

 

「たいへんだね~。
 日本は島国で良かったよ。
 難民船も来ないし」

 

そう見えるのでしょうね……

 

「ち、違うの?」

 

日本政府は
とうとう、
移民政策を
経済成長の柱とすることを
決めたようです。

 

「いやいや、
 移民政策は
 取らないって言ってるじゃない」

 
言葉はそうであっても、
実際の政策は、
真逆です。

 

事実、

「有効なビザを保有し、
 90日以上在留予定の外国人」

☆世界標準では、上記の定義を移民としています☆

人数は2015年の現時点で

1.ドイツ    201万6000人
2.アメリカ   105万1000人
3.イギリス    47万9000人 
4.日本      39万1000人 
5.韓国      37万3000人
6.スペイン    29万1000人
7.カナダ     27万2000人
8.フランス    25万3000人
9.イタリア    25万人
10.オーストラリア 22万4000人

 
です。

すでに、
日本は
世界標準から判断すると
移民政策に積極的な国なのです。

さらに、
菅官房長官は
7月23日のフジテレビの番組の中で
経済財政運営の指針である
「骨太方針」
に盛り込んだ
外国人労働者の受け入れ拡大に向けた
在留資格の創設に関し、

対象業種に
従来の農業、建設、宿泊、介護、造船に加え、
「外食・サービス・製造業」
も追加すると明言しました。

 

「え、そうなの?
 それってさ、
 全部じゃん。

 他の業種って、
 医者とか弁護士とか、
 資格業種くらいしかないでしょ」

 

お気づきになりましたか。

そう、
資格に基づく業種以外の
仕事は
全て、
外国人労働者に
解放する政策を決定しています。

しかも、
移民政策の大幅展開により、

移民管理局を
『 移 民 庁 』
に格上げしようとしているのです。

 

「た、たいへんだぁ……
 どうなるの?」

 

どうなるもなにも、
対処するしかありません。

すでに、
十年以上前から
進められていた政策ですから、
どんなに反対しても
押しとどめることは不可能でしょう。

例えるなら、
運動会の前日に
大型台風が迫っている状態と同じです。

 

「どういうこと?」

 

NHKや民間の天気予報で
超大型台風の進路予想が流され、
居住地を直撃することが濃厚であるのに、

 

☆(おまえら、明日は頑張れよ。父ちゃんが
  腕によりをふるって、弁当つくるからな!)☆
 
 
こんなオヤジだったとしたら、
奥さんもお子さんも呆れはててしまうことでしょう。

誰しも、 
大型台風の直撃など受けたくはありません。

しかし、
その可能性が濃厚ならば、

それに備えて、
戸締りや乾電池に緊急食糧などの
購入を進めるべき。

 

にもかかわらず、
大型台風の直撃はいやだ。
   ↓
きっと来ない
   ↓
こないなら、運動会は開かれる
   ↓
運動会にはお弁当!
   ↓
お弁当を作れば、皆喜ぶぞぉおお!!

 

能天気を超えて、
狂気すら感じてしまいます。

 

「どうすりゃいいの?」

 

賃貸物件を着実に増やすことです。

なぜなら、
移民の大幅な流入は
ドイツの例を見るまでもなく、
賃貸物件の家賃上昇が確実だから。

私たちが
今できることに、
全力で取り組むことこそ、

未来の
皆さんや
未来の皆さんの大切なご家族を
守る術となることでしょう。

 

兼業大家さんに幸あれ!

 

      藤 山 勇 司
 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2018年 8月4日(土)13:30~16:30

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方 |