鳥人間コンテスト&風雲急を告げる世界……


昨夜、
毎年、楽しみにしている
『鳥人間コンテスト』
を観戦いたしました。

 

「観戦? って、
 試合じゃないでしょ」

 

確かに、
テニスやサッカーのような熾烈を極める
競争めいたものはありません。
突風に煽られ、無念の敗退になる参加者も
温かく、コメントし、
 
コンテストに出るまでの背景を
丁寧に取材する番組ですから
””切った、張った””
の、緊張の糸は、
”ピン”と張ってはいません。
ただ……

 

「ただ、何?」

 

優勝賞金は、
わずか100万円
2位は 30万円
3位は 20万円
材料代にもなりません。
 
ところが、
出場者は
私の大好きな番組である
『サスケ』
と、同様に
人生を捧げるほどの情熱を
傾けている方ばかりです。

 

「ふ~ん。
なるほどね。
で、注目の参加者はいたの?」

 

居ました。
昨年台風6号の影響で
人力プロペラ部門は中止され、
どの参加者も

””今年こそは!!””

の意気込みを肌で感じながら、
固唾を飲みながら、
その、
結果を見守った2組の参加者がいました。
滑空部門では、
「飛ん女の会 Flightworks」
28歳の
ふっくら系の女性が
パイロットでした。

設計者は、
大理石を扱う会社社長の同棲相手です。

彼女は結婚を願い。
同棲相手は、
右に左に交わしながら、今に至る。

彼女は、
「100m飛べたら、プロポーズしてください」
と宣言し、
同棲相手は
「いやぁ~、100m以上飛べる機体をつくっちゃったからなぁ~」
とニヤ笑い。

出演者からはブーイングの嵐でした。
肝心要の機体は、
素人が作ったとは思えないほどの
フォルムです。
しかしながら、
パイロットはぽっちゃり系……
一緒に見ている家族の中からは、
 
(やせろよ。努力がたりねぇよ)
と、痛烈なコメント。
ただ……

 

「どうだった?
 直ぐにぼってちゃんて落っこった?」
 
 

そう、
そうしたフラグは立っていました。
直角に落ちて、
プロポーズも受けられず、
大爆笑!
 
ところがところが、
予想を大きく覆し、
な、なんと。
記録は、
100mを
大幅に超える
238.77mでした。

「で、プロポーズはどうなった?」
優柔不断が
服を着て歩いているような
その男性は
お約束のように
渋っていました。
 
ところが、
ぽっちゃり系の女性パイロットは
宣言した100mを2倍以上超える記録
をだしたのです。
周囲の後押しもあり
最後は、

 

『はいっ、、、します』

 
  
コメンテーターも
おめでとう、おめでとう、おめでとう!
そのままエンディングまで行ける勢いでした。

そして、
後半の
人力プロペラ部門が始まりました。
前半を盛り上げてくれたのは、
常連の日本大学理工学部航空研究会!
 
キザが板についたパイロットでしたが、
学生記録を上回る38キロ10.28メートル!
これで決まりかと誰もが思う中、
最後の最後にド本命の
「birdman house 伊賀」
 
パイロットは植物かと思うほど寡黙な男性、
名前は、
渡邊悠太さんでした。
彼は、1986年生まれの32歳。
177㎝の身長ながら、60キロと絞り込んだ努力型です。

彼も
多くの参加者と同様に
鳥人間コンテストへの参加を熱望し、
東京大学ではチームを組むものの、
書類選考で落とされ続け、
参加できないまま月日が過ぎて行きました。
 
ところが、
ここで諦めなかった。
就職しても
自らチーム
「birdman house 伊賀」
を立ち上げ、
機体の開発と
エンジンとなる自らの
スペックを高めるべく
地道な努力を重ねたのです。
 
そのストイックな姿に
打たれたのでしょうか、
勤務先である
伊賀市の
DMG森精機株式会社も
会社の工作機械を使用することを許可……。

出来上がった機体は
一目見て、
美しい!
バランス、造形、エアー感を感じさせます。
その出立(しゅったつ)も
他の機体のように押し出すのではなく、
プロペラを回し、
推力が十分になった段階で、
滑るように空中に移動してゆきます。
 
そう、移動という表現が
適切なほどスムーズでした……。
暫定一位の
日大の記録38キロを抜く場面では
追い風に乗り時速は40キロ。
  
ただ、
この追い風は湖面に機体を
打ち付けようとする風でもあり、
必死にペダルをこぎ、
高度を稼ぐ必要がありました。
渡邊さんの体力を削いでゆきます。
 
そして2個目のパイロンを
回りゴールに向けスタート。
 
先ほどとは打って変わり、
今度は向かい風で
時速は17キロまで激減。
無風状態では
時速27キロが常態速度ですから
10キロ以上遅くなり、
時間がかかります。
 
そして、2時間36分後。
東京成田間と同距離である
60キロを飛びきったのです。
平均時速は23.1キロ。
 
マラソンである
42.195キロを
飛んだとしたなら、
1時間49分42秒!
堂々の世界記録更新です。
たいしたものだと
心から敬服しました。

「birdman house 伊賀」さん
来年も期待しています。

さてさて、
フランスのビアリッツで
8月24日~26日まで開催された
G7は共同宣言がなく
終了しました。
 
その中、8月28日には
日本輸出管理の中、
韓国はグールプAからグループBに移動。

香港では
犯人引き渡し条約の完全撤廃を求め
中国は深圳に軍隊を終結し、
デモを過激化させ、突入の機会を
虎視眈々と狙っています。
 
ドイツは
コメルツ銀行と
ドイツ銀行の合併により
事態の収拾を図ろうと画策するものの、
上手くゆかず、
成長率はマイナスを記録。
  
EU経済は泥沼と化しています。
沈没してゆくEUを横目に見ながら、

イギリスの
ボリス・ジョンソン首相は
ハードブレグジッドを念頭に
女王陛下に議会の開催を行わないよう求めています。
ブレグジッド後はアメリカと
緊密に関係する予定だそうです。

そして、
米中の争いは
本質的に
世界の覇権争いですから、
関税だけで終わることなく、
通貨戦争、そして人権問題まで発展し、
中国幹部のアメリカ内資産凍結まで
進みそうな勢いです。

揺れています。
激しく、
これまでの秩序が変わろうともがいています。

 

「ど、どうなるの?
戦争になるの、
第三次世界大戦とかになるの?」
 
 

私の独善と独断を
申し上げると、
局地戦は
今もそして今後も起こるでしょうが、
大規模な戦争は起こらないことでしょう。
  
その理由は
『情報』
が検閲なく、自由に取り交わすことができる
時代になっているからです。
 
第一次世界大戦、
そして
第二次世界大戦
 
どちらも
各国は情報統制を徹底し、
敵を真の敵と自国民に信じ込ませ、
戦争の妥当性に疑いを持たせませんでした。
  
一方、今の社会は
あの中国でさえ、
情報を完全に遮断することは不可能です。
トップのウソや隠ぺいは
たちどころに民衆に知られることになる……
 
だから、
正面切った世界大戦は起きない。
しかしながら、
宗教や独自の世界観を持った
急進的な勢力によるテロや
局地戦は起こることでしょう。

願わくば、
昨夜見た
『鳥人間コンテスト』
で、
一喜一憂する社会が
世界に広がることを
祈念しています。

以上、略儀ながらコメントまで。
   

 藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年9月7日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイトに新コーナーが加わりました!

毎週金曜日 更新!『藤山勇司の週替わり!お役立ち動画』
http://bit.ly/2wSCkV0

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |

お墓参り と 集団意識

熱闘甲子園、真っ最中の日本!
一方で、多くの方は
お盆で帰省し
お墓の前で
頭(こうべ)を垂れ、
手を合わされています。

(( 合 掌 ))

私も
独り身であった
26歳から
お盆に限定してはいませんが、
毎年、
先祖の眠る
山口県萩市のお墓に
参っています。

 

「へぇ~
 顔に似合わない……
 って、言うか
 なんでさ、
 東京から山口まで。
 それに、広島出身じゃなかったけ?」

 

生まれ育ったのは、
菅原文太さんの代表作、
『仁義なき戦い』
の代表作の主戦場である
広島県呉市です。
ですが、
両親ともに萩の出身ですから、
ご先祖の墓も
当然、萩の地です。

巷では、
お墓を
出身地から居住地近くに
移す方々が
多くいます。
ただ……

 

「ただ、何?」

 

考え方には様々あることは
存じています。
しかしながら、
お墓に
眠るご先祖様は、
生まれ過ごした郷里の地で
眠りにつくと
信じ、人生を卒業された……

子孫の都合で
便利がいいからと、
無暗やたらと、
お墓を移動させるのは
いかがなものか。

そうした考えのもと、
子孫の1人である私は、
特に、私は旧・藤山家の3男ですから、
お墓の移動など、
考える余地もなく、
 
お墓を祓い清め
榊を入れ替え、
線香をお供えし

手を合わせています。

 

「ふ~ん、
 1人で行ってるの?」

 

家族5人、共に参っています。
勿論、
家族にも
家族の都合がありますから、
一緒に行けない時には、
時間を変更して、
1年の内のどこかで
同行できなかった家族も
墓参しています。

 

「いつもお盆なの?」

 

ハワイで夏を過ごす年は12月、
日本にいるときは、8月のどこか。
お盆は意識していません。

 

「なるほどね
 でもさ、
 お盆じゃなくても
  ご利益ってあるの?」

 

ご利益?
う~ん、
ご先祖様は
生きている間、
艱難辛苦を乗り越え、
社会に貢献され、
子孫である私たちに
つなげていただいた……
ですから、
お願いをすることなんてありません。

お墓の前で
心に浮かべるのは、

((しっかり生きてまいります。
 お見守り頂ければ、幸いです))

でしょうか。

そんなご先祖さまからの
ご利益よりも
過去に
共に生きた
お身内が
眠るお墓の前に立つと、
その圧倒的な存在感から

残された人生を
如何に生きるか……
意識、無意識、
双方が刺激を受ける。
それが一番の
ご褒美ではないか。
そう考えています。

家族も
同じことでして、

妻は
私の生い立ちを
理解し

子供たちは、
いつもと違う場所で
親戚やお寺さんと話す
私達を見て、
一人で生きているのではない。
先祖と繋がっているのだと、
当たり前に
捉えてゆく……
これが、
子供たちにとっては
一番の
ご褒美でしょう。

考えて見れば、
お墓参りを文化に
しているのは
約6000種の哺乳類
約9000種の鳥類
約95万種の昆虫
約27万種の植物
その他もろもろ、
おおよそ500万~3000万種の生物の中で
人類だけ。

お墓参り、
その前提である埋葬文化の歴史は、
古いようで新しく、
凡そ、12万年前と考えられています。

 

「いやいや、
 めっちゃ古いじゃん」

 

地球に生命が誕生したのは、
38億年前とされていますから、
種の進化の過程から
考えると、
12万年前は
瞬きをした程の時間とも言えるでしょう。

おそらく……

 

「おそらく、
 どうしたの?」

 

埋葬文化、
そして
それに続くお墓参り。
その頃から、
人類の文化は、
先祖から子孫に
伝承されるようになったのではないか?

そう考えています。

 

「なんで?」

 

時の流れを
意識するように
なったからと
言えば、
お分かりいただけるでしょうか?

お墓の前に
立つと、
人生を卒業された
方々の顔が
いやがおうにも
脳裏に浮かびます。
そして、
抗うことなど
無意味に
自分自身も
時の流れの中で
死者の世界に
身を置くことを
意識します。

個人として
生きているのではない。
先祖がいて
今、自分が生きている。
 
そして、
自分自身も
いずれ……

その感覚を
肌で感じるからこそ、
己で獲得した
財産や資産
そして
ノウハウを
後進に引き継いでゆこうと
した……

価値のないノウハウは
忘れられ、
価値のあるノウハウは
磨かれ、
文化となり、

さらなる発展を遂げて
文明となった。
1世代の発展は
微々たるものだったでしょうが、
10世代、100世代と続くと
目も眩むほどの
高みに到達!

12万年前、
人類は短命でしたから、
1世代を30年と仮定すると、
な、なんと!
4000世代!!

そりゃ、
草原を走り回った生活から
宇宙船を飛ばすまで
になるはず。

そう思います。

考えて見ますと、
人は、
名前も知らぬ
先人の知恵や努力で
高められた文化や発明品に
囲まれて生活しています。

当たり前の
衣・食・住
どれも、
一人の偉人が成し遂げた
物などありません。

世代を超えた
人類の集団として
築き上げた
成果です。

その感覚を
呼び覚ましてくれるのが
身内が眠る
お墓の前で
頭を垂れ
手を合わせる
こと、
なのではないでしょうか。

私の経験から
申せば、
決まった時間は関係ありません。
一定時間、
できれば、
1年に1度、
思い出したようにでも
構いません。

ご先祖の墓、
もしくは
生前、
親しくした人々が眠る
お墓に
参り、無心に手を合わせることにより、

この世で
活動を許された
時間を
有意義に
活用できるようになる……

そう思うのです。

改めて、
 
(( 合  掌 ))

しっかり生きて参ります。
お見守り頂ければ、幸いです。

以上、熱闘甲子園を横目で見ながら。

  
藤 山 勇 司
 

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年8月24日(土)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイトに新コーナーが加わりました!

毎週金曜日 更新!『藤山勇司の週替わり!お役立ち動画』
http://bit.ly/2wSCkV0

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |

平家物語 と ゲーム理論

祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり
娑羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらはす
おごれる人も久しからず
唯春の夜の夢のごとし
たけき者も遂にはほろびぬ
偏に風の前の塵に同じ

冒頭から
古(いにしえ)の言葉の羅列……

ご存知の方も多いはず

中学校2年生で
必須の「平家物語」の書き出しです。

 

””平家であらずば人にあらず!””

 

権勢を誇った平家……
ところが、
養和元年(1181年)
平清盛が熱病に冒され、
64歳で死去すると、
わずか4年後、
壇ノ浦で滅び去ってしまいました。

まさに、

 
 
””風の前の塵に同じ””

 

です。

なぜ、そうした結末に
陥ってしまったのでしょう?

 

「ははは、
 いい気味だね。
 有頂天になっちゃったからでしょ。
 源氏を虐め抜いてさ、
 庶民には重税を課して
 自分らは
 華よ蝶よ酒よ、女だろ?
 そりゃ、
 世間も味方するはずないじゃない。
 自業自得って奴だろ」

 

鋭いご指摘です。
概ね、
私の見解と同じです。

少しだけ
言葉を足すとすると、

 

”変化をしなくなった”

 

からではないでしょうか。

平家物語の一節に
『諸行無常』
と言う4文字熟語があります。

言うまでもなく
物事が留まることなく
変化してゆくこと……

変わってほしくない事象、
若さ、富、そして人生さえも
老い、貧困、死へと移り変わる
無常さを表現しています。

時間軸を
グッと過去に過去に引き戻し、
恐竜が世界の王であった時代、

私達のご先祖さまは、
小さく、弱く、
物陰に隠れ、
木の実や
自分達よりも弱い昆虫や
はたまた
恐竜の死肉を
漁って生き抜いていました。

それが
約6500万年前
ユカタン半島への
隕石の落下により、
気象は激変!
太陽が射さなくなり
平均気温は15度以上下がり、
恐竜王国は絶滅……
鳥類やワニや爬虫類が
往時の痕跡を留めているに
過ぎません。

 

”強い組織や人が生き残るわけではない”

 

その後、
寒冷化した地球に的応したのは、
変温動物である爬虫類ではなく、
高温動物である
哺乳類!

無論、
私達の
ご先祖様も
含まれています。

遠い遠い
遥か昔から
命の連鎖は続き
今に至っています。

そして、
私達の命も
未来に続く
生命の鎖の
輪っかの
一つに過ぎない
ことを
忘れてはなりません。

未来にも
続いてゆく。
遥か先の
子孫から
見れば、
私達も
ご先祖様……

 

「ふ~ん、
 まぁ、言わんと
 してることはさ、
 分かるけど、
 なんか、
 役に立つの?」

 

みみなし芳一でも
有名な
琵琶法師
が、
連綿と
歌い続け、
伝承し、
生き残ったのが
何を隠そう
平家物語です。

時間は、
どうでも良い事柄を
削り、亡き者にし、
例え、
生きている間は
嘲られ無視をされていた存在でさえ、
価値ある事象は、
ゴッホの絵画のように
浮かび上がらせます。

無論、
平家物語も
そうした
キーストリー
だからこそ、
今の文化の中に
存在を許されています。

平家物語は、
”無  常”
を主題とした悲劇。。。

その裏の主題は、
”変化への対応”
と読み解く。

おそらく、
人の潜在意識は、
こうした裏の主題を
鋭く感知しているのではないか。
だからこそ、
琵琶の音色に耳を傾けながら、
連綿と
語り継がれたのではないか、
そう思えます。

 

「それってさ、
 日本独特の文化じゃないの?
 海外って、
 攻めた、勝った、皆殺し
 って、多いじゃん。
 どれも
 勝者の歴史でしょ」

 

確かに、
欧米や中華圏の
歴史は、そうだったかもしれません。

ところが、
ここにも
変化の兆しありです。

 

「何があるの?」

 

1944年、
核開発やコンピューター
の研究者でありながら、
ポーカーの弱い数学者の
ジョン・フォン・ノイマンと
経済学者オスカー・モルゲンシュテルンが
どうにかして
ポーカーに勝とうと、
数学の知識を総動員して
生み出したのが
「ゲーム理論」
です。

その後、
ポーカーゲームで負け続けた
2人は
「ゲームの理論と経済行動」
を共著し、
その後の数学と経済学の
融合を促す
きっかけになりました。

 

「ゲーム理論?
 なんか、
 パッとイメージが
 湧かないね。
 どういうこと?」

 

一言で申し上げますと、
「状況を把握し、ゲームに勝利する方程式」
です。

 

「ははっはは
 そんな、
 百戦百勝のゲームの方程式
 なんかがあったらさ、
 誰も苦労しないよ。
 勝つ奴がいるってことは
 負ける奴がいるってことだろ?
 結局、
 勝ち続ける奴も
 平家物語と同様に
 没落するんでしょ」

 

だからこそ、
勝利の方程式を必要とした……
そう思えます。
欧米の歴史も
ローマー
ナポレオン
スペインの無敵艦隊
世界の覇権国であった大英帝国
などなど、
隆盛を誇った
大国が没落するのを目にしています。

そうした現象を
数学的に解析し、
勝利の方程式を
学問のレベルまで高め、
日々、再検討し続けている
分野が
「ゲーム理論」
です。

このゲーム理論の中でも
大事な前提は、
ゲーム参加者の変化の対応力です。

変化のできない参加者は、
はたと動きを止め、
弱点を突かれ
ルーザーに成り下がる。
だからこそ、
変化を恐れない
姿勢こそ、
最上の心構えとされています。

どこか、
平家物語と
似ている……

そう思えます。

元号が平成から令和に代わり、
大阪でG20が無事終了し、
2カ月後の9月からは
新築された国立競技場で
ラグビーワールドカップ、
そして
来年には
TOKYO オンリンピックが
待っています。

そうした中、
世界はきな臭くなっています。

私達はどうすれば良いのか、

古の
『平家物語』
 そして
最先端の数値経済学である
『ゲーム理論』

双方で
大切であるとされる
変化への対応能力
磨くことこそ、
大切なのだと思います

”まさか”に
備えるのは
”まさに今”
です。

令和の元号に漸く慣れ始めた56度目の夏

 

藤 山 勇 司

 

=========================
大人気セミナー 開催決定!
=========================

競売不動産の名人 藤山勇司が教える
ゼロから学べる 初心者のための

「やさしい不動産投資入門セミナー」

https://goo.gl/QHpeDe

【日程】
 2019年8月4日(日)13:30~17:00

【場所】
 東京・神田駅徒歩1分

【セミナー内容】
不動産投資の初心者に向けて、藤山先生が
「競売」を使って格安で物件を手に入れる方法をお知らせします。

 
– 競売を活用して、利回り20%を可能とする藤山流メソッドとは?

– こんな物件を買ってはいけない!藤山流物件選びの極意

– 競売で高利回りを達成している先輩受講生の 最新実例を公開

 
など、最新の競売事例も含んだ盛りだくさんのノウハウをお伝えします。

毎回、満席にとなりキャンセル待ちが出る大人気セミナー
あなたもお早目にお席を確保してくださいね。

詳細・お申込みはこちら!↓

https://goo.gl/QHpeDe

 

==============================

藤山勇司公式サイトに新コーナーが加わりました!

毎週金曜日 更新!『藤山勇司の週替わり!お役立ち動画』
http://bit.ly/2wSCkV0

==============================

藤山勇司公式サイト ソーシャルリニューアルしました!

フォロー・友達登録募集中!
ソーシャル限定の特別なお知らせを配信予定です!

Facebookページ いいね!はこちらから
https://goo.gl/aHo31M

LINE友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/404xwZg6DJ

Twitterフォローはこちらから
https://goo.gl/MvgRuI

==============================

カテゴリー: 全記事, 大家業, 生き方, 競売 |